賢者グローバル500

株式会社 独立総合研究所 青山繁晴

誰かの為に生きる事で、人生は輝く。

動画の再生には Adobe Flash Player が必要です。
最新の Flash Player を入手する

この映像・情報は 2009年4月 当時のものです

内容

何かを主張して発信する時は、批判に対する覚悟と責任を持たなければならない。しかし、その壁を打ち破ってこそ想いが達成出来るはずだ。自分の為にやれる事は小さい。誰かの為に行動する時、人は大きな事を成し遂げる事が出来る。本気で生きる事に、勇気をもらえる賢者の言葉がある。

関連タグ

  • 男性
  • 1950年代生まれ
  • 東京23区内の会社
  • 名物社長
  • 挫折

株式会社 独立総合研究所

日本を良くしたいという思いから、これまでのシンクタンクとは違った立場から社会への問題提起をする賢者の熱い想いに迫る!

この賢者の会社を見てみる

  • プロフィール
  • ヒストリー
  • 会社概要
氏名 青山 繁晴
会社名 株式会社 独立総合研究所
出身地 兵庫県
出身校 慶應義塾大学文学部中退、早稲田大学政治経済学部卒業
出生年 1952年
こだわり 何事につけ、あまりこだわりはありません。蒐集しているものもありません。強いて言えば、各国のマフラーが沢山、クロセットにあるかな。それから車は、生きていることが愉しくなる車に乗りたい
趣味 「する」スポーツ。経験がかなりあるのは、アルペン・スキー、スキューバ・ダイビング、乗馬、モーター・スポーツ(四輪)、水泳。ちょっとだけやるのは、テニスです。気乗りしないけど良いお付き合いのためにやるかなと思っているのがゴルフ。
特技 自動車レースの国内A級ライセンスを保持(特技と言うほどではありませんが)
休日の過ごし方 休日は今、ありません。共同通信を辞めてから11年半、まだ1日も休んでいないのです。ただ、日曜に講演やテレビ番組参加(出演)がない時には、原稿執筆の仕事の合間に近所のジムに行き、バーベルを挙げたり泳いだりします。
座右の銘 思い切り自由に、深々と謙虚に、淡々と強靱に、命の真ん中を真実でいよう。
心に残る本 カフカ 「変身」 ノンフィクションなら、吉田満 「戦艦大和ノ最期」
尊敬できる人 亡き父と健在の母。坂本龍馬、高杉晋作、森鷗外。
現在の仕事の魅力と苦労 魅力は、媚びない、屈しない仕事であること。苦労は、あまりに多様な仕事が重なりすぎて休みが1日もないことに尽きます。
日本を背負う若者へのメッセージ 相手と向き合うとき、その相手の眼の中、心の中、魂の中に宿る、そのひとがいちばん深く願っていること、その願いと、そのひとの一番良いところに、さらりと真っすぐ向き合うようにしてほしい。そうすれば、考え方や生き方がどれほど違っていても、そのひとのことが、あぁ分かるなぁと感じることができます。それが積み重なっていけば、自分のためだけに
生きるのではなく他人のために生きよう、そしていずれは公のために生きようと思うようになると信じるのです。まずは相手の眼の奥、相手の心の中、そのひとの一番根っこの願いに、ちょっとだけでも触るような生き方をしてほしいと思います。

幼少〜学生時代 : 子供の頃から本を読むことと、ものを書くことに親しんできたので、作家になろうとごく自然に思うようになっていきました。書く前に世の中をたくさん見たいと思い、また、その世の中を少しだけ良くすることに繋がると考えて、大学時代に「まずは記者になろう」と決めました。
社会人時代 : 主義主張の違い、立場の違い、あるいは年代世代の違いは関係なく、「人の懐の中に入る」ことの大切さを体で学んだのが共同通信社の記者時代でした。ペルー事件をきっかけに記者であることを辞める決心をし、共同通信社から三菱総合研究所に移籍しました。
起業のきっかけ :

三菱総研に移籍し研究員として4年3か月、働くあいだに痛感したのは、日本のシンクタンクは旧財閥や証券会社や銀行と繋がっていて、あえて申せば既得権益の中にいることでした。たとえば政府がシンクタンクに「海の埋め立ての環境アセス(評価)」を委託するとき、あらかじめ「環境に影響なし」という結論を示した上で、その根拠づくりの調査・研究を委託してきたりする(これは三菱総研に、という意味ではなく、あくまで仮の例です)。わたしは『どことも繋がっておらず、ヒモがつかず、利害関係を持たない民間の知恵』が絶対に必要だなと確信して、独立という名を冠するシンクタンク(総合研究所)を設立する決心をしました。それが独立総合研究所、独研です。

続きを読む

起業当初 :

「なにか仕事をください」という営業は一切しませんでした。中央省庁に「こういう新しい政策を検討すべきだ」と問題提起し、民間企業には例えば「広報体制をこう改革すべきではありませんか」と提案し、その志に共鳴してくれれば調査・研究プロジェクトを提示するという、いわば呼びかけを、まずはわたしが記者時代に築いた人脈をもとにやりました。100やっても1も実りませんが、1000やれば1だけは反応がでることがあるんです。そこから出発してきました。株式会社であるのは、自律のためであり、利益のためではありません。幕末に坂本龍馬が、日本最初の民間会社のように亀山社中をつくったのは、殿様や幕府のお抱えにならず、自分の食い扶持は自分で稼いで、その自律と自由をテコに日本を改革するためです。あえて申せば、独研(独立総合研究所)は現代の亀山社中だと考えます。既得権益や権力に左右されることなく、自在な提案のできる清潔な組織でいることが肝心だと思います。

続きを読む

今後の目標 : 独立総合研究所は、わたしたちが点(とも)した最初の灯火です。これが続いていくことが大切です。大きくなる必要はありません。独研の灯火は、松明のように受け継がれていくと信じています。

企業名 : 株式会社 独立総合研究所
所在地 : 東京都(詳細な住所は掲載を控えさせていただきます)
業種 : その他
設立 : 2002年
資本金 : 1千万円
事業内容 : (1)安全保障、危機管理、広報体制改革など社会科学分野の調査・研究および研修などの実施

(2)海洋資源探索、海洋環境改善など自然科学分野の調査・研究および研修などの実施、ならびに東大、熊本大などとの共同研究

(3)子供を犯罪から護る安全教育など教育分野の調査・研究および研修などの実施

(4)社長や自然科学部長らによる講演・メディアでの発信など
URL : http://www.dokken.co.jp/

(c) 2006-2013 enjin Co.,Ltd All Right Reserved.

ページトップへ