KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

グローバル・リンク株式会社冨樫浩司

彼らの成功は環境の成長

グローバル・リンク株式会社 冨樫浩司
この映像・情報は 2014年7月 当時のものです

内容

昨年度と比べても売上高が10倍も成長しているこの会社。社長は技術者畑で、自社で高性能な製品を次々と世に送り出している。モットーは「急がば回れ」。相手がいくら欲しがっても、きちんとエビデンスがとれないものは出さない。彼らが成功するということは、きっと環境がより良くなっていくことだ。

関連タグ
男性 1960年代生まれ 東京23区内の会社 創業 イノベーション

グローバル・リンク株式会社

産業用・住宅用の太陽光発電、蓄電システムなどを開発、提供するグローバル・リンク株式会社。福島第二原発事故以来高まる自然エネルギー分野で驚異的な成長を遂げている。

氏名 冨樫 浩司
会社名 グローバル・リンク株式会社
出身地 千葉県
出生年 1960年
趣味 釣り・ツーリング
座右の銘 「子供の未来を守るのが大人の務め」
尊敬できる人 山本 健一
幼少期~学生時代 人付き合いが苦手で、寡黙な方だったと記憶しています。ただ、小さい頃からものづくりは大好きな少年でした。小学校の頃からラジオを作ったり、学生時代では車にはまりました。当時はまだキャブレターの時代。まだEFIやEGIが無い頃だったので、エンジンのソレックスやウェーバーを自分で作って付けたりするのがとても楽しかったですね。
社会人時代 人と話すよりもものづくりをしている方が楽しい!といったたちだったので、社内でコミュニケーション を取るのは苦手分野でした。上手く人と話せない・・・ただ、ディーラーに出向させてもらったり、他部署を回る機会を頂いて、徐々に克復する事ができたのです。初めて営業に出さしてもらった時には「面白いな!」と思える程になっていました。この経験は、こういう世界があったんだ、という新たな発見でもあり、なんでもチャレンジしてみよう!という一つの自分の自信にもなりました。
起業のきっかけ その後、造船会社へ転職後、そこで培った蓄電技術を元に起業。地元、宮崎で一人暮らしをする母の傍で仕事をできればと考えた末の起業でした。なのでほそぼそと自分独りでやっていければいいという考えだったのですが、その翌年、東日本大震災が起こり、これを機に私の人生は大きく変わりました。エネルギー需給問題を目の辺りし、自分の蓄電技術が活かせるかもしれない。そしてその自分の技術を信じてくれた友人の広告代理店の社長からの後押しを受け一挙に東京に打出ました。
起業当初について 御陰様でFIT政策が追い風となり非常に順調に推移しています。ただ太陽光システムというのは設置して終わりというものではなく、設置してからの「発電」が重要なものです。弊社ならではのシステムを用いてみなさんに安全に、分かり易く使って頂ける様に日々創意工夫をしております。 
今後の目標 再生エネルギー事業での分野に特化し貢献していきたいと考えています。その一つとしてノンフロン自然冷媒ガスの開発を既に手がけているのですが、太陽光と蓄電池、自然冷媒ガス。この技術はもっと現状よりも色々な場所や分野で活用されるべきものだと確信しており、だからこそ手応えを感じています。 ゆくゆくは水力、風力発電も視野に入れていおり、再生エネルギーに置いて貢献できる自社の技術力をさらに高める事がお客様からの支持を集める唯一の方法であると信じて止みません。
企業名 グローバル・リンク株式会社
所在地 東京都千代田区有楽町1-12-1
新有楽町ビル8F
業種 建設
設立 2011年
資本金 2億500万円(2014年12月現在)
従業員 18人(2014年9月現在)
事業内容 産業用太陽光発電設備設計、施工
URL http://globallink.co.jp/