KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

北京伊力諾依投資有限公司史暁燕

伊力諾依ってイリノイ州のイリノイ

北京伊力諾依投資有限公司 史暁燕
この映像・情報は 2009年8月 当時のものです

内容

経営者がチャーミング!な会社が何をやっているかと思ったらお洒落なインテリアで納得。でもその生立ちは結構壮絶なんです。イームズのイスみたいにグニャブニャ曲がってますから。

関連タグ
女性 海外の会社 創業 運命の出会い

北京伊力諾依投資有限公司

急速な経済成長を遂げる中国において自らの力で成功を切り開いた女性企業家 史 暁燕。彼女の波乱万丈な人生に迫る。

氏名 史 暁燕
会社名 北京伊力諾依投資有限公司
出身地 中国
趣味 スポーツ、ラテンダンス
休日の過ごし方 読書、ダンスの練習、友人と集まること
座右の銘 神は心の中にいる
尊敬できる人 自分
現在の仕事の魅力と苦労 お客様のご満足を頂くことに仕事の魅力を感じます
日本を背負う若者へのメッセージ この番組を見て頂き、起業することはとても大変で、絶対に根性が必要だということをわかって頂きたいです。起業の道で、根性を持って頑張ってほしいと思いますし、チャンスがあればいつか皆さんと私の経験を分かちあいたいと思っています。
幼少~学生時代 両親は軍人で私の上には兄が1人、姉が2人います。父親はずっと息子を欲しがっていましたが私(女の子)が生まれたため、私は子供のいない軍人家庭にもらわれることになりました。しかし、私が2、3日間泣きっぱなしであったため、耐えきれず戻されました。他の兄弟は厳しくしつけられていましたが、私は楽な環境で育ち、基本的にやりたいことができました。そして、高校卒業後は「協和医院看護専門学校」に進学しました。
社会人時代 協和医院の骨科に就職できました。18歳から22歳までの協和医院にいた4年間はおまる運びばかりで、これは私の夢ではないと思いました。その頃から英語を学び始め、上達しないうちに、ある外資系パソコン会社に入社しました。パソコン会社に入社して、前の夫と知り合い、彼の会社に引き抜かれたのです。彼はカナダ籍会社の中国総代表で、私は彼のアシスタントになりました。結婚してすぐに子供が生まれ、前夫がシンガポールに異動になりました。1989年から1993年までの4年間にちょうど中東戦争があり、不動産の価格が一気に高騰しました。2年間不動産売買をして、自分がインテリアが大好きだということが判りました。シンガポールでアメリカ留学の申請を出し、その後、シカゴのインテリア学校に入学しました。アメリカにいた時の夏休みは中国に戻りシンガポールで儲けたお金で北京に不動産を買い、不動産売買を繰り返しました。
起業のきっかけ 当時、中国には中高クラスの家具がなく、ある不動産のデベロッパーからアメリカから輸入したいと頼まれました。彼らにサービスを提供するために中国に小さな店を作りました。それがilinoiの一号店でした。
起業当初 16年間ビジネスを続け、忘れられないことはたくさんあります。オープンして3日後、すぐに春節に入って、手榴弾を持った人に脅かされました。また、政府側が協力してくれないこと、お客様との喧嘩、ライバル会社から面倒を吹っ掛けられたことなどもあります。
今後の目標 中高レベルのメーカーになりたいと思っています。株式に上場するのか、合併するのか、どのような方法でも弊社の管理水準を上げられるのなら、私としては全て受け入れます。
日本人が中国で成功するには 現在の中国は16年前の中国と大きく変わりました。とてもオープンになり、規則も完備されています。ですから皆さんは緊張しないで下さい。北京と上海などでビジネスをすることは東京とあまり変わりませんから。中国は怖いと思わず積極的な気持ちで来れば、全ての問題は解決できると思います。私もアメリカから中国に帰ってきて、起業しました。1から今までやってきて、現在の環境は当時よりずいぶん良くなりました。ですから、中国で投資することを歓迎しますし、皆さんが必ず成功すると信じています。
企業名 北京伊力諾依投資有限公司
所在地 北京市朝陽区金盏郷金港大道1号
業種 サービス - コンサルタント
卸売・小売
設立 1995年
資本金 2億元
従業員 600人
事業内容 家具の製造販売及びインテリアのデザイン全般
URL http://www.ilinoi.com/