KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

セイコーウオッチ株式会社服部真二

心躍るエモーショナル・テクノロジー

セイコーウオッチ株式会社 服部真二
この映像・情報は 2015年12月 当時のものです

内容

時刻を知るのと、時を知るのでは意味が違う。時とは「その時」だ。では、その時を知らせるものとは?モノづくりシーンでは技術革新と共にコモディティ化が起きた。そうした中でセイコーウオッチは時計づくりに物語の息吹を注いだ。あるいは「モノ語り」。「その時」を知らせるのは人間らしさに他ならない。

関連タグ
男性 1950年代生まれ 東京23区内の会社 創業 モノづくり

セイコーウオッチ株式会社

1881年に創業した服部時計店が1892年から始めた時計作りが原点のセイコーウオッチ株式会社。創業者の信念は「常に時代の一歩先を行く」。100年を経てもなお、心躍る腕時計づくりが続く。

氏名 服部 真二
会社名 セイコーウオッチ株式会社
出身地 東京都
出生年 1953年
趣味 音楽、スポーツ
特技 音楽、スポーツ
休日の過ごし方 音楽、スポーツ
座右の銘 やってみせ 言って聞かせ させてみせ ほめてやらねば 人は動かじ
心に残る本 『山本五十六』阿川弘之
現在の仕事の魅力と苦労 コミュニケーションです。そこに面白さと課題の両方を感じています。セイコーがはじめて腕時計をつくってから100年あまり。曾祖父である創業者・服部金太郎は、懐中時計全盛の時代に「時代の一歩先を行く」商品を手掛けたのです。この精神は今もわたしたちとともにあります。 革新的な技術を追求しながら、お客様の日常とかけはなれるのではなく、一歩だけ先をいく製品をとどけていくことが大事だということです。グローバルに人々が行きかうなか、いま必要とされている時計は何かを考え、2012年に世界初のGPSソーラーウオッチ、セイコー アストロンを発売しました。この時計は、ボタンを押すだけで、約二万キロ上空のGPS衛星のシグナルをキャッチし、現在地の正確な時刻にあわせることができるのです。シグナルをキャッチすると、捉えた衛星の数を時計の針がさししめし、まるで宇宙と交信しているかのようなワクワク感を味わうことができます。先端技術もただ、利便性だけではなく、感性に訴える見せ方を工夫していかなければならないと考えています。
日本を背負う若者へのメッセージ 若い世代には、なるべく心を柔軟にもって、視野をひろげ、仕事もプライベートで体験するあらゆることを楽しんでほしいと思います。
「時代とハートを動かすセイコー」という企業スローガンを昨年制定しました。
幼少期~学生時代について スポーツと音楽が大好きでした。まず、テニスにうちこんで、幼年のダブルスでは、関東で優勝、全日本で準優勝しました。音楽は、世代的にはビートルズ世代ですが、少し前の時代のアメリカンポップスが好きで、加山雄三さんにあこがれていました。
社会人時代について 新卒として、商社の鉄鋼輸出部門にはいりました。そこで学んだことは、ビジネスは、「人」であるということでした。
就任当初について 当時は、携帯電話が急速に普及したことで、従来の腕時計は需要がなくなる
のではないか、と考える向きもありました。未来の時計として必要とされるものはなんだろう、ということを企画者、
製造の現場とともに検討し、10年後の2012年世界初のGPSソーラーウオッチの発表につながりました。
今後の目標 高級品のジャンルを含めて世界のリーディングブランドになることです。セイコーブランドは、先進技術による品質の高い腕時計であることが知られていますが、3500万のマスターピースがあることは日本以外ではまだ知らない方も多いのです。
1960年に誕生し、55年以上の歴史を持つ、高級時計グランドセイコーも、世界で本格的に展開をはじめたのは、2010年です。セイコーの世界観を体験していただくため、セイコーの専門店「セイコーブティック」の開設を世界の主要都市ですすめています。2004年のパリを皮切りに、昨年は、ニューヨーク、今年はフランクフルト、モスクワ、ブダペストでブティックをオープンし、現在は約60数店となりました。今後もブティックの開設のスピードを加速させて、世界中の方にセイコーブランドをより深く体験していただきたいと考えています。
企業名 セイコーウオッチ株式会社
所在地 東京都港区虎ノ門2-8-10
業種 卸売・小売
設立 2001年
資本金 50億円(2015年12月現在)
従業員 2385名(2015年3月現在)
事業内容 ウオッチ等の企画及び国内外への販売
URL http://www.seiko-watch.co.jp/