KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

ビューティ・フェアツェン・リシイゥン・フェン

「美しい」は自信につながる

ビューティ・フェア ツェン・リシイゥン・フェン
この映像・情報は 2010年3月 当時のものです

内容

人は無意識に「美」に憧れる。そんな美しさを追い求めるために人は研鑽を重ねる。そんな「美」を人々に提供する賢者。彼女もまたさらなる研鑽を重ねているのだろう。

関連タグ
男性 1970年代生まれ 海外の会社 海外 創業

ビューティ・フェア

フェイシャルエステからメイクまで、トータル的に女性の美をサポートするエステティックサロン、ビューティ・フェア。自らの信じる道をまい進する彼女のしたある原体験とは。

氏名 ツェン・リシ イゥン・フェン
会社名 ビューティ・フェア
出身地
出生年 1978年
趣味 旅行
休日の過ごし方 家族と旅行
座右の銘 「向上心」、「悩む前にやる」
日本を背負う若者へのメッセージ 1980年代生まれの若者は苦労を恐れる傾向にあります。苦労を惜しまないこと、損を恐れないこと、努力すること、振る舞いを良くすること、この4点が皆さんにお伝えしたい大切なことです。人にやさしくしていれば、多くの人がチャンスを与えてくれます。
幼少~学生時代 福建省出身で、5人家族でした。幼いころに父は単身赴任で香港へ行ってしまったので、母が女手一つで私たちを育てたようなものでした。一人っ子政策のせいで私だけは中国へ残らなければならず、母や他の兄弟が香港へ移った後も16歳まで両親と離れて暮らしていました。一人暮らしはとても大変でしたが、自立した性格を養えたのはこの経験があったからです。学生時代は、美容とは関係なく幼児教育について勉強していました。
社会人時代 家族のいる香港へ私も移り住み、暮らしていくことを考えた時に、大学で学んだ内容を生かして生活を立てていくことは難しいものでした。その時に友人に勧められたのが、美容業だったのです。その友人が現在の夫です。その夫とともに、美容院で働くことになりまいた。中国から香港に移り住んだ私がすることは、何もかも挑戦でした。ただ、美容業の仕事はすればするほど好きになりましたね。自分のおしゃれへの興味が、お客様を美しくすることへつながっていくこと。それがとても幸せでした。
起業のきっかけ ただ、私には目標がありました。自分の店を持ちたい、そう強く思うようになっていたのです。美容院のオーナーを見る度にとてもうらやましくて、私もいつかオーナーになりたいと考えていました。そう決めた時から起業資金を貯め始め、夫とともにサロンを開業することができました。
起業当初 ビジネスの経験がなかったため、開業当初は自分たちだけでサロンを経営していくことができるか不安でした。ただ、最初に来ていただいたお客様を大切にし、お客様が求める要望に丁寧にお答えしていたので、リピーター客も徐々に増えるようになりました。お客様の目線に立ってサービスを提供していたこと、それが一番大切なことでした。
今後の目標 今、視野に入れていることは中国進出です。いつかは私の故郷、福建省にも店を展開していきたいと考えています。中国ではビジネスの許可状がおりにくいのですが、ある地域ではすでに取得することができています。
企業名 ビューティ・フェア
所在地 6/F Kam Lung Comm bldg, 1 Hart Avenue,
Tsmi Sha Tsui, Kln, Hong Kong
業種 サービス - 洗濯・理容・美容・浴場
設立 1999年
従業員 6名
事業内容 エステサロンの経営