日本航空株式会社
植木 義晴

3万人の扇の要

2010年、日本航空、経営破綻。再建の中心人物として招かれたのは、あの稲盛和夫氏。去りゆく稲盛氏が社長に任命したのは、他でもない、30年以上空を飛び続けた賢者だった。「3万人の扇の要になる」それが、誰よりも現場を知る賢者が掲げた、経営者としての信念だ。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 植木 義晴
会社名 日本航空株式会社
出身地 京都府
出生年 1952年
趣味 スポーツ観戦(特にFI)、休日の家族との食べ歩き
尊敬できる人 稲盛和夫氏
日本を背負う若者へのメッセージ 私が皆さんに言いたいことはひとつだけです。自分の人生は自分で決めるということ。そして決めたからには自分で責任を持つということです。若いうちに、自分でいろいろな体験をして、たくさん失敗をしてください。たくさん失敗して痛い目に遭った人が、本当の意味で良い決断を、自信をもってできるようになるのです。

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代について

    母親はやりたいことは何でも応援してくれましたが、責任は自分でとるようにという教育を受け育てられました。ですから自分の責任で自分の人生の選択をするという躾を小学校から叩き込まれました。それは自分の一番のプラスになっています。印象に残っているのは、高校2年生の夏休みのことです。独りで「海外旅行に行きたい」と言ったところ、すぐ航空券を準備してくれました。約束は一つだけ、生きているか死んでいるかは知りたいので、居場所が変わったら手紙を送るということだけでした。この海外旅行では、「外国」では人々がどのような暮らしをしているのかを直接見る体験ができました。「パイロットになりたい」と言ったら次の週に学校を休み、宮崎の航空大学校の見学に連れて行ってもらったこともあります。見学後は猛勉強したものの、身体検査で落選し、パイロットになることを諦め慶応大学に進学しました。しかし、大学進学後、初めての夏休みに帰郷すると、家の机には航空大学校の願書がおいてあり、「負け犬のままでいいのか」と言われ、一念発起。再度猛勉強して航空大学校に合格し、そしてパイロットになることができました。

  • 社会人時代について

    入社時からずっと世界一のパイロットになりたいと思ってやってきました。パイロットとは本当の意味で命をかけて仕事をしています。パイロットの経験は「判断のスピード」という面で社長になった今に生きていると思います。フライトは「Time is money(タイムイズマネー)」ではなく「Time is life(タイムイズライフ)」。一度上がった飛行機は降りるか墜ちるしかない。安全に降ろすのが機長の役目だが、そのためには1秒たりとも無駄にできない。積んだ燃料分しか飛べないのだから、機長が物事を判断する際には、いろんな要素を考えて常に最適の道を示す必要があるのです。状況を先読みして、リスクを最小に抑えフライトを安全に遂行する判断、無謀ではなく大胆に素早く決める力、それは機長時代に養ったものと思っています。

  • 就任のきっかけ

    経営破綻、再建への流れの中、役員への就任を打診されたとき、「自分の能力は飛行機を飛ばすことしかない。その唯一の財産を捨てて経営の道を進むのは正直怖かったし、悔いを残すのではないか」と思いました。同時に「役員の就任を断るのであれば、このままこの会社でパイロットとして残ることはできない」とも思ったのです。残された答えは二つ。役員になるか、会社を辞めるか。その選択肢の中で、何万人かの仲間のためにこの会社を二度と潰れない強い会社として再建させることに全精力を傾けられるのであれば、今、操縦桿を置いても悔やむことはないと思い、決断しました。

  • 社長就任当初について

    再建の中心として招かれた稲盛氏と朝から晩まで、会議をする中で、鍛えられました。話す中で、その時には意味のわからないこともたくさんありました。なぜこのような結論なのか、と。しかしその約4か月後、「リーダー教育」として稲盛氏の経営哲学であるフィロソフィを1か月ほぼ毎日教えていただき、こういう意味だったのか、という気づきが多くありました。フィロソフィを体現して、お客様に接することで、腹の底から意味が理解できたのです。オセロゲームのように3万人を変えていく現象を一番近くで見て、学ばせてもらったことが今にも生きているように思います。

  • 今後の目標

    2016年度は2012年度から始まった中期経営計画の最終年度であり、しっかりと完遂させ、新たな成長に繋げていきたいです。そして「全社員の物心両面の幸福を追求する」という企業理念を達成したい。目指していくのは、そこだけです。

会社概要

企業名 日本航空株式会社
所在地 東京都品川区東品川2-4-11
業種 運輸
設立 1951年
資本金 3,558億4,500万円(2015年3月現在)
従業員 31,534名(2015年3月現在)
事業内容 定期航空運送事業及び不定期航空運送事業、航空機使用事業、その他附帯する又は関連する一切の事業
URL https://www.jal.co.jp/

関連動画

SBIホールディングス株式会社 北尾 吉孝

SBIホールディングス株式会社

北尾 吉孝

パカルティ・ヨガ・グループ ルキト ワナンディ

パカルティ・ヨガ・グループ

ルキト ワナンディ

グッドイヤータイランド株式会社 コンキャット ティカモンコン

グッドイヤータイランド株式会社

コンキャット ティカモンコン

株式会社ニトリ 似鳥 昭雄

株式会社ニトリ

似鳥 昭雄

株式会社マクロミル 杉本 哲哉

株式会社マクロミル

杉本 哲哉