amadana株式会社
熊本 浩志

この映像・情報は 2016年3月 当時のものです

物差しで測れない価値

家電を買う時にどのような事が決め手となりますか?価格だったり、機能だったり、デザインだったり。しかしこの会社は全く違うアプローチでモノを作り、売ろうとしています。それは数字にはできない価値を売り出すということ。だからこそ、その製品を買うことで生活が彩るイメージを持つことができるのだと思います。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 熊本 浩志
会社名 amadana株式会社
出身地 宮崎県
出生年 1975年
こだわり 常に挑戦者でいること
趣味 DJ、野球、ゴルフ
特技 野球の指導
休日の過ごし方 野球、ゴルフ
尊敬できる人 父親
現在の仕事の魅力と苦労 世に自分達のプロダクトを出し、それを多くの人が使って生活を送ることは最高の喜びです。苦労と言えばビジネスにおけるモノづくりの効率の悪さでしょうが、それも考え方次第だと思ってます。
日本を背負う若者へのメッセージ 失敗することは皆、嫌だし、怖いと思いますが、前に進めば当たり前のように失敗します。ただ私の経験で言うと、失敗した経験は大小に関わらずいずれ心は癒され、いつか良い思い出に変わります。ただ一歩踏み出せなかった後悔は生涯残ります。だから挑戦するんです。皆さんもドンドン挑戦をして行って下さい。

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代について

    私をプロ野球選手に育てたかった父親のもと、毎日野球漬けの生活を送っていました。登校前に練習、就寝前にも練習。しかし自分にとっては将来どんな形でも野球に関連した仕事がしたいと思う程の野球好きだったので、不思議と辞めたいとか思ったことは一度もありませんでした。一方で実家は街の電気店で、たくさんの家電の新商品に囲まれて育ちました。当時、電気屋さんには映画や音楽などのソフトの情報もたくさん集まってきたので、お陰でいろんなカルチャーに興味を持つきっかけにもなりました。DJをやっていたのも、ハードやソフトがそこにあったし、お客さんがいたからです。野球は大学まで続け、ずっと主将を務めてきました。一方でDJとして活動し、体育会とDJと全く正反対の人種と触れ合っていたのもその後の自分自身の人間形成に大きな影響がありました。

  • 社会人時代について

    社会人野球の道に進むか、一般就職するかの選択を迫られましたが、大学時代に聞いた講演でモノづくりとデザインの話に共感し、大学卒業と同時に東芝の家電部門に入社することを選びました。東芝は実家が初めて電気店になった時に掲げた看板で、人一倍愛情があるブランドでした。最初はGMSの営業で調理家電の営業をしていましたが、当然ですが地味な作業の繰り返しで、焦りと葛藤に悩んでいました。2年目を迎える頃に転機がやってきて、自ら立候補して広告宣伝の担当になりました。そこで色んな方々と仕事を通じて繋がりを持つことができ、メーカーの全体のビジネスを理解できるようになりました。広告や宣伝を担当している内に、自ら商品を創ってみたくなり、自らドンドン商品提案を社内で行うようになりました。それがきっかけで3年目には商品企画を任されるようになりました。結果、東芝時代に6商品を世に出すことができました。

  • 起業のきっかけについて

    26歳の当時、入社3年半で東芝を辞め今の会社の前身である株式会社リアル・フリートを設立しました。今では当たり前ですが当時は珍しかったファブレスのメーカーです。今考えると本当に勢いしかありませんでした。失敗することなんてこれっぽっちも考えていませんでした。若い時の起業と言うのは何も知らないからできることが大きいなと思います。2000年代前半の家電業界は家電量販店の目覚ましい発展で、スペック競争、価格競争で各社凌ぎを削っていました。そんな中でデザインを付加価値とし、新たなコンセプトと新たなチャネルやPRで新しいブランドを創ると起業しました。今では当然のように語られる「デザイン」という付加価値も当時の工業製品には珍しかったので、誰が付けたのはわかりませんが「デザイン家電」という言葉までできて、「amadana」というブランドも時代に乗って徐々に浸透していきました。

  • 起業当初について

    起業はしたものの、ブランドも、作るモノも、作ってもらう所も何も決まってませんでした。生産委託をする会社からは、ブランドもないし実績もないため、尽く断られまくりました。今考えれば当然です。苦肉の策で、ブランドとモックアップだけで発表をし、先にコンセプト商品発表をして話題を創っていきました。その話題を実績に、製造元に交渉したのです。結果いくつかの協力工場が乗ってきて商品開発への道が見えてきました。宣伝するお金も無かったので、とにかく使ってもらう人にPRしてもらいました。今でいう口コミをリアルにやりながらブランドを広めて行きました。

  • 今後の目標

    日本のいろんな技術や、仕組みとタイアップしてamadanaブランドの商品やサービスを多くの人に届けて行きたいと思います。

会社概要

企業名 amadana株式会社
所在地 東京都渋谷区神南1-3-4
神南ビル 5F
業種 製造
サービス - その他
設立 2002年
資本金 1億円(2016年1月現在)
従業員 20名(2016年1月現在)
事業内容 クリエイティブ業務の受託、エレクトロニクスプロダクツ(電気製品)の企画・デザイン・販売
URL http://amadana.com/

関連動画

マヨン インターナショナル トレーディング コーポレーション マリア コンセプション エム ビクトリオ

マヨン インターナショナル トレーディング コーポレーション

マリア コンセプション エム ビクトリオ

ミンフン・プラスティック ディンマン フン

ミンフン・プラスティック

ディンマン フン

カルビー株式会社 伊藤 秀二

カルビー株式会社

伊藤 秀二

株式会社ホリプロ 堀 威夫

株式会社ホリプロ

堀 威夫

株式会社金剛組 小川 完二

株式会社金剛組

小川 完二