KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

グッドイヤータイランド株式会社コンキャットティカモンコン

全ての人にチャンスがある

グッドイヤータイランド株式会社 コンキャットティカモンコン
この映像・情報は 2010年2月 当時のものです

内容

世界的なタイヤメーカー、グッドイヤーのタイ法人のトップ。こんな爽やかでスマートな人が!?と思うとフランスを拠点にするあのデブデブのアイコンが醜く思えてくる。世界で見ても寡占市場のタイヤ業界。そんな世界で通用するのは爽やかさよりも賢者の情熱だ。

関連タグ
男性 1960年代生まれ 海外の会社 海外 熱血

グッドイヤータイランド株式会社

ブリヂストン、ミシュランと並び世界で最大のタイヤ会社であるグッドイヤー。そのタイ法人で初めて現地人として経営を任された賢者。彼の経営哲学に迫る!

氏名 コンキャット ティカモンコン
会社名 グッドイヤータイランド株式会社
出身地 タイ
出生年 1967年
趣味 バトミントン、中国語、歴史を学ぶ
休日の過ごし方 卓球、ゴルフ
現在の仕事の魅力と苦労 グッドイヤーの歴史は古く、今年で創業112年になります。このことには誇りを感じています。創業以来技術の先駆として業界をリードしてきましたが、タイにおいては1968年より事業を始め、タイヤ業界では国内唯一の上場会社です。乗用車やトラック用のタイヤを生産するほか、タイ工場は唯一の飛行機の車輪用タイヤを生産する工場でもあります。タイで生産されたタイヤがアメリカ、ヨーロッパ市場に輸出されていきます。これらをとても魅力的に感じると同時に、それに伴う苦労も大きいものがあると言えるでしょう。
日本を背負う若者へのメッセージ 日本の若者のみなさん、私は日本人と仕事をした経験から日本人は非常に規律正しい人々だと思っています。また、この規律正しさが日本人である皆さんの強みであると思います。今後どのような会社でどのような仕事をするにしろ、仕事において自分の意見を持ち、その言ったことに責任を持ってがんばってください。
幼少~学生時代 大人になったら何になるかはっきりした今後の目標はこれと言ってありませんでした。ただ科学が好きだったので、工学科に進みエンジニアになろうということだけははっきりとしていました。そして、アメリカのフロリダ大学に進学した後、タイに戻り修士課程を取得しました。アメリカで学生生活や社会人をしたことで、タイ国内ではできない貴重な経験がたくさんできました。その経験が間接的に今の仕事や人生に役立っています。
社会人時代 もともとエンジニアで、電車建設の技術部門などに15年ほど携わっていました。そこで技術部門から営業部門を経験しました。そして、そのころ知り合ったある方にエンジニアとしての経験を見込まれ、グッドイヤーに紹介いただいたのがきっかけです。私も新たな可能性へ挑戦してみたい、と転職を決意しました。
社長就任のきっかけ 飛行機車輪用タイヤ部門で4年ほど勤務しましたが、そのころ本社アジア統括部門長より、主力商品である乗用車用タイヤ部門への異動を打診されました。私自身、飛行機用タイヤで4年の経験を積んでいたので、会社の主力部門への異動はチャンスだと考え、引き受けました。その後乗用車タイヤ営業部長として1年ほど勤め、現在の取締役社長に就任しました。
就任当初 就任当初に苦労したのは「いかに人を動かすか」というところです。つまり、会社の目標を達成するためには、社長として全社員すみずみまで政策を理解させ、同じ理想を持って仕事をするということが最も重要だと思います。これは私だけでなく、社長というトップに就いている人なら誰しも思うことだと思います。また、グッドイヤー優れた点とは、「すべての人に機会を与えること」ではないでしょうか。どの国の人であれ、等しく機会を与えてくれ、トップに昇りつめる可能性があります。私自身、タイ人としてタイ拠点の社長に就任できましたし、今現在アジア各国拠点のトップは、タイの私のようにそれぞれ現地の人に任されています。
今後の目標 グッドイヤーは創業112年の歴史があります。また、ルクセンブルクやアメリカなど各国に研究センターがあり、数百人の物理・化学研究者が研究開発に当たっています。その例として、この1年の技術特許の申請数は72件、創業当時から数えれば1000をこえる件数が承認されてきたことなどからも、グッドイヤーがお客様にとってさらに安全性を向上させるべく最先端の技術開発に真に力を注いできたかお分かりいただけるでしょう。今後の目標はいかにお客様にグッドイヤーの商品を買ってもらうか、そのためにいかにグッドイヤーをアピールしていくか、ということです。その戦略として具体的に昨年から始めたことですが、グッドイヤーの直営店を4店舗立ち上げました。これはタイヤの品質はもとより、サービスの質をより良いものにすることで、お客様の満足度を上げ、グッドイヤーのタイヤを選んでいただくことを目的としたものです。今後もその店舗数を増やしていく計画です。
企業名 グッドイヤータイランド株式会社
所在地 66 Asoke Rd,Sukhumvit 21 Bangkok
Q House Building,23rd Fl
業種 サービス - コンサルタント
設立 1968年
従業員 1,000名
事業内容 タイヤ製造、販売
URL http://www.goodyear.co.th/