KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

焼肉岩崎塾株式会社岩崎幹永

時代が生んだ焼き肉屋

焼肉岩崎塾株式会社 岩崎幹永
この映像・情報は 2010年6月 当時のものです

内容

食肉との付き合いは30年以上。しかし独立後は仕入れのルートに随分と苦労したそうで、自分の労働力を引き換えに食肉を分けてもらった。それでもその道、と決めた賢者にやがて今では考えられないチャンスが訪れる!ホルモンとの出会いには賢者の衝動があった。

関連タグ
男性 1940年代生まれ 関西地方の会社 熱血 サクセス

焼肉岩崎塾株式会社

ホルモン焼肉店・岩崎塾を中心に、焼肉店の開業プロデュース事業を展開する月城興産株式会社。独自の食肉卸のノウハウを武器にお客様の満足を追求し続ける賢者が見つめる先には・・・?

氏名 岩崎 幹永
会社名 焼肉岩崎塾株式会社
出身地 大阪府
出生年 1945年
こだわり 美味しい国産牛肉、ホルモンを安く提供する
趣味 映画鑑賞、ショッピング、ランニング
休日の過ごし方 アメリカンフットボール観戦
座右の銘 「一度決めたら最後まであきらめない」
心に残る本 『翔ぶが如く』司馬遼太郎
尊敬できる人 松下幸之助
現在の仕事の魅力と苦労 多くの人たちに安くて美味しい国産牛肉ホルモンを食べてもらうために、FCオーナーと社員たちと一緒にがんばって繁盛店ができた時には最高の喜びを感じることができます。
日本を背負う若者へのメッセージ 多くのことを考えないで目の前の事に専念するように心がけてがんばってください。
幼少~学生時代 私は、大阪駅前で5人兄弟の4番目として生まれ育ちました。父は繊維販売の事業を営んでおり、長兄はおやじの後継ぎで、次兄は牧師、三兄は児童養護施設の先生、弟はリフォームの仕事をしています。子どものころからいつも目の前で父の商品販売の様子を見て育ちました。
社会人時代 大学中退後、社会人としておやじの会社である繊維の販売と並行して、1957年ころプラスティック成型工場に就職しました。そこで配送・納品などの仕事をしていました。この仕事が親会社の品質検査がとても厳しく本当に大変でしたが、働くことが即収入につながるので人手が足りないときは夜も寝ないで3人分、誰よりも一生懸命働き、とても楽しかった時代として思い出されます。
起業のきっかけ おやじの会社で働きながら30才くらいから独立を考える様になり、事業をするなら飲食業と思いながらも、どんな仕事が良いかを模索していました。梅田の繊維店を相続し、さまざまな商売をしましたが、なかなかうまく行きませんでした。知り合いの銀行の支店長に相談したところ「ホルモン屋」がいいとアドバイスを受けました。これには直感のようなものを感じ、ホルモン屋で起業する決心をしました。
起業当初 もちろん初めからうまくはいきませんでした。直接食肉市場へ行くものの、仕入ルートがないため仕入はできませんでした。しかし、「やる」と決めていたのでとにかく仕入ルートを探し、3か月程度でなんとか見つけました。ただし、毎日6時間の労働と引き換えに商品を購入する権利が生まれるという条件付きのもので大変苦労しました。腰はヘルニア、毎日の筋肉痛はひどく鋪光もできないほどで何度も辞めようと思いましたが、仲間に助けられ、励まされながら10年間続け、そして市場が近代化された事により6時間の労働もなくなりました。その時は本当に喜び、これで従業員も増やし事業も拡大できると希望がわいてきました。この時に店舗を購入して焼肉屋を始めました。七輪と炭火、おいしいタレを安価で提供した提供したところ、それまで売れ残っていたホルモン類が飛ぶように売れるようになりました。煙モウモウの中で笑顔あふれるこのスタイルが日本中でできればと思い、現在展開している開業プロデュースを始めました。
今後の目標 会社としては、店舗数200店舗を目指しています。私としては、ホルモン焼肉と本格的な韓国料理のコラボレーションでチェーン展開を目指していきたいですね。海外進出(日本の世界最高品質のものを世界中の人たちに届けたい)も視野に入れています。
企業名 焼肉岩崎塾株式会社
所在地 大阪府大阪市北区兎我野町5-18
業種 卸売・小売
飲食店・宿泊 - 一般飲食店
サービス - コンサルタント
設立 1995年
資本金 3000万円
従業員 50名
事業内容 食肉卸、焼肉店経営、焼肉店開業コンサルタント
URL http://www.yakiniku-iwasakijyuku.com/