KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

株式会社小室運輸小室光由

異体同心

株式会社小室運輸 小室光由
この映像・情報は 2012年10月 当時のものです

内容

「人は一人では何も出来ない」と賢者は言います。そんな意識を持つだけで、可能性は無限に広がります。一人で出来る事には限りがあります。全てを自分で背負おうとしている貴方にぜひ見てほしい。きっとあなたの周りに溢れるたくさんの人の存在に気が付くはずです。

関連タグ
男性 1960年代生まれ 関東地方の会社 挫折 継承

株式会社小室運輸

運送業を中心に運輸にまつわる総合的なサービスを展開する株式会社小室運輸。逆境に次ぐ逆境を乗り越えた賢者が今、見つめる世界にあるものとは・・・?

氏名 小室 光由
会社名 株式会社小室運輸
出身地 茨城県
出生年 1964年
趣味 パイクツーリング
休日の過ごし方 バイクツーリング
座右の銘 「謙虚、感謝」
心に残る本 『丸山敏雄伝』
尊敬できる人 両親、安岡正篤、丸山敏雄
現在の仕事の魅力と苦労 物流は、荷主とユーザーを結ぶ大切な仕事であり、社会に於いて不可欠かつ、その役割が大きいことが仕事の魅力です。全ての作業を「人」に頼るため、人材の確保と質には骨を折ることが多いですね。
日本を背負う若者へのメッセージ 夢を持ち、夢に向かって粘り強く歩んでほしいと思います。臆することなく経験を積み重ね、知識のみならず実践と修正を繰り返すことで、道は開かれるはずです。「継続は、力なり」ですよ。
幼少~学生時代 高度成長期時代の自営業という環境の中で生まれ育ち、小学4年生の時から「家業の手伝い」を最優先していました。子どもながらに「家業の看板」というものを意識していたような気がします。家庭が職場であったとも言えるかもしれません。
社会人時代 都内の小さな旅行会社に就職。まず、半年間、休日返上にて社長と行動を共にし「旅行業」としての基本を学び、約2年間という短い期間でありましたが、企画・営業・添乗・集金と一通りの経験をさせていただきました。この経験は、後々「観光バス事業」に大いに役立つことになりました。
社長就任のきっかけ 25歳より「専務取締役」として自社での再スタート。30代前半にてバブル崩壊の影響等含め、一気に会社存続の危機に陥り、その後、約10年間、従業員と共に改善・改革を繰返し、危機的状況から脱したことにより、44歳にて社長就任となりました。
就任当初 就任後、危機的状況は脱したと言えども、更なる改善・改革は不可欠でもあり、やるべきことが明確であったため特別苦労というのはありません。ただし新社長としてさまざまな分野での気配り・配慮が必要であったため、かなり神経質になり精神的悩むことが多くなりました。しかしながら、会社の方向性、取り組むべきことをより明確にしたこと、従業員に伝える努力をすることで、また難はありませんでした。
今後の目標 弊社の経営理念を従業員と共により現実化していくのみです。
企業名 株式会社小室運輸
所在地 茨城県那珂市後台3117-32
業種 運輸
卸売・小売
設立 1968年
資本金 1億円(2012年10月現在)
従業員 150名(2012年10月現在)
事業内容 運送業、観光バス事業、石油製品販売・車検整備、保険代理店
URL http://www.komuro-grp.co.jp/