KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

株式会社ルームワン久住周太郎

「日本一」を目指したい

株式会社ルームワン 久住周太郎
この映像・情報は 2012年12月 当時のものです

内容

「一番になりたい」。そんな強い気持ちを持って生きている。たしかに僕には力もなければ技術もない。その点においては、もしかしたら一番になれる可能性は少ないのかもしれない。けれど、その想いだけは誰にも負けはしない。そんな気持ちが僕の背中をスッと押し、そしてまた一歩夢に近づく。

関連タグ
男性 1960年代生まれ 中部地方の会社 熱血 継承

株式会社ルームワン

東日本を中心にオーダーカーテンの専門店を展開するルームワン。夢に向かい、あくなき挑戦を続ける賢者の信念とは・・・?

氏名 久住 周太郎
会社名 株式会社ルームワン
出身地 新潟県
出生年 1964年
こだわり 御客様第一主義
趣味 ゴルフ、読書
休日の過ごし方 フィットネスジム、DVD鑑賞
座右の銘 「最善のものを希望せよ。しかし最悪のものに備えよ。」
心に残る本 『後悔しない生き方』(マーク・マチニック)
尊敬できる人 上杉謙信
現在の仕事の魅力と苦労 御客様の笑顔に出会え、喜んで頂けることが仕事の魅力です。好きな仕事をやらせていただいているので、苦労は感じません。
日本を背負う若者へのメッセージ 良いと自分が判断したなら自分を信じてすぐに実行すること。ダメならいつでもやめられます。まずは行動あるのみです。
幼少~学生時代 毎日外で友達と遊んでいたので、年中真っ黒でした。実家が理髪業をしており、住み込みの従業員が常にいたので、毎日が賑やかでした。美容室が出てきた事によって、商売は廃業しましたが、自営業の難しさを学びました。
社会人時代 インテリアに興味があったので、インテリア資材のメーカーに就職をし、営業部に配属になりました。少しすると世の中がバブル景気となったため、建設ラッシュとなり毎月売上達成していました。しかしバブル崩壊後は公共工事も大幅に減り、少子化も手伝って住宅着工件数も年々減少してきました。また、メーカーも数社ありますが、特に差別化された商品ではないため、サービスの優劣で競い合っていました。ただカーテンはその多様性と専門性からオーダーカーテンの専門店という形態はまだ確立されていなかったため、非常に魅力を感じました。
社長就任のきっかけ ドミナント方式で各主要都市やエリアへ出店を急いできましたが、各店の店長の裁量によるところが大きかったため、業績のいい店と悪い店がはっきりとしていました。そこで営業を強化し、不採算店を立て直す事が急務となったため、それまでの営業経験と実績を評価いただき、社長就任となりました。
社長就任当初 まずは全社統一の事業計画を理解させ、経営の基本方針の下、短期目標、中期目標、長期目標を立て、邁進しました。また、業績に応じた報酬制度を徹底することで、社員が自分の給料を自分で稼ぎだすといった意識を植え付けることを実現しました。その結果社員のモチベーションもあがり、社内の雰囲気も数段良くなりました。また、一番の苦労は社長に就任して半年後に起こった東日本大震災です。幸い我が社には大きな人的被害はありませんでしたが、仙台の一店舗が閉店せざるを得なくなりました。また、受注が完全にストップし、今後の見通しもたたない状況でした。そんな中、ただ待つのではなく、積極的に動く事を考え、岩手沿岸部の仮設住宅のカーテン工事のお手伝いをさせて頂きました。新潟や他の地域からも何人か被災地へ行って貰いましたが、そこでの経験は非常に大きかったと思います。
今後の目標 日本国内主要都市への出店による販売エリアの拡大。既存顧客へ家具や照明器具などの幅広い提案による売上拡大。新規顧客開拓による販路拡大。オーダーカーテン専門店で日本一を目指します。
企業名 株式会社ルームワン
所在地 山梨県新潟市東区下木戸1-2-40
業種 卸売・小売
設立 2005年
資本金 1,000万円(2012年12月現在)
従業員 112名(2012年12月現在)
事業内容 オーダーカーテン、ブラインド等、窓装飾品の販売
URL http://www.room1.jp/