KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

サイアムニラミットスリヤーソンソンブーン

舞台を知ればタイを知ることになる

サイアムニラミット スリヤーソンソンブーン
この映像・情報は 2010年2月 当時のものです

内容

国の玄関は当然空港だったりするわけですが、いっそサイアムニラミットを空港で見てから国に入るようにすればいいのに、と思う。ルールやマナーなどはガイドブックで。旅行先で何を見逃さずにいるべきか。舞台には人も物も空間も、そして時間もある。

関連タグ
男性 1960年代生まれ 海外の会社 海外 挫折

サイアムニラミット

世界最大級の舞台演出、最新技術を駆使した特殊効果によるタイ芸術と文化の豪華ショー「サイアム・ニラミット」。最高責任者である賢者が語るある思いとは?

氏名 スリヤー ソンソンブーン
会社名 サイアムニラミット
出身地 タイ
出生年 1962年
趣味 ゴルフ、テレビ、読書
休日の過ごし方 パタヤやホアヒンに家族旅行する
尊敬できる人 過去に働いていたホテルの役員2人
現在の仕事の魅力と苦労 タイを訪れる人たちにタイの魅力をショーを通じて伝えることができることが魅力です。そして、それを可能にする施設をわれわれは持っています。しかしながら、来場につなげることに少々苦労することもあります。
日本を背負う若者へのメッセージ サービス業に携わりたければ「ASK」を肝に銘じてください。何に関しても言える事ですが、自分は本当にやりたい事なのか。まずは自分に問いかけてください。そしてASKのAはATTITUDE。サービス業に携わる態度、姿勢が整っているか。SはSKILL、技術です。技術は身につけられるものです。常に向上していけるものでもあります。努力をし、技術を身につけ向上していく事によって、さまざまなサービスに携わることができるでしょう。最後にKはKNOWLEDGE、知識ですね。立ち止まることなく、常に新しい知識を取り入れる事が大切です。
幼少~学生時代 幼少のころは、普通の子どもでした。勉強か遊びの2つが基本でした。子どものころに将来どうするかなんて計画も立てられないですし。成長するにつれ、少しずつ将来何をしたいのかが見えてきました。最初は銀行員や、普通に会社員になりたいと思っていました。学生のころは勉強に励み、友人たちと遊んだりとごく普通に過ごしていました。
社会人時代 現在の仕事に携わるきっかけは運が良かったというのもあると思います。元からの先輩や研修先でいろんな方と知り合いになれて、紹介をいただいたりもしました。研修期間を終え、シャングリラホテルに就職を志願しました。それも紹介を受けての事でした。私が尊敬している方からの紹介だったのです。そこから徐々にステップアップしていきました。紹介していただいた方が上の役職の方で、それもラッキーだったと言えるでしょう。
社長就任当初 まず、素晴らしい劇場を持っているのにも関わらず、オープン初日はお客さんが少なかった事は私にとって最初の難関でした。2つ目の問題点はスタッフでした。とにかくスタッフの数が多いので、指導に時間がかかりました。最初は皆、別々の職場から移ってきたばかりだったので、まだ前の職場のくせが残っていたり考え方が違ったりしていました。それをここで顧客満足へつながるサービスを教え込み、みんな慣れるまでには時間かかりました。劇場に関しては、市場をどこにおくかが大事なポイントでした。国内にはもちろんですが、1年ほどしてからターゲットをおいたのがタイの周りの国々、いわゆる東南アジアです。日本や中国もターゲットでした。出張講演をしたり、旅行会社にかけあったりして、半年程で顧客数が増えていきました。広告を出し、パンフレットに載せたりして広めていきました。もちろんタイの観光省にも登録をし、協力いただきました。
今後の目標 いらっしゃったお客様に舞台を通してタイの文化、習慣や歴史を知ってもらう事によって、より一層タイの良さを知ってほしいと思います。またそれを知らない人に広めていってもらいたいですね。日本からのお客さんも毎年増えています。急激に増えているというわけではないですが、年々着々と増えています。日本人の方々にもショーを楽しんでほしいと思います。
企業名 サイアムニラミット
所在地 19 Tiamruammit Road, Huaykwang, Bangkok
業種 その他
設立 2005年
資本金 15億THB
従業員 450名
事業内容 エンターティメント
URL http://siamniramit.com/