KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

MK RESTRANT Co.,Ltd.リットティーラコーメン

風を起こす人とは

MK RESTRANT Co.,Ltd. リットティーラコーメン
この映像・情報は 2009年6月 当時のものです

内容

アイデアは多くの場合、不便さや苦労の中に見つけるようです。ところが美味しさというのはそうしたソリューションとは別の物のことがほとんど。タイ本国のみならず、日本を含めた海外でも展開するというのはどういう秘訣があるのか。

関連タグ
男性 海外の会社 熱血 エリート

MK RESTRANT Co.,Ltd.

タイ全土で300店以上、日本を含め海外にも店を持つMKレストラン。幼少時代から持ち続けたタイに対する思い。その夢を実現するために奮闘する賢者の軌跡を追う。

氏名 リット ティーラコーメン
会社名 MK RESTRANT Co.,Ltd.
出身地 タイ
日本を背負う若者へのメッセージ とにかく一生懸命勉強してください。何がやりたいか見つけようとすること、何が好きで何を愛するか、本当にやりたいことは探さないと見つかりません。本当にやりたい仕事に就く事ができればそんなに良い事はありません。私たちは少しずつ改善を重ね、装飾をし、作品を仕上げる芸術家のようなものです。さっさと仕上げて完成するのではなく、細かく細かく何度も仕上げを重ねて美しい作品ができるのです。心から取り組むことによって我々が望む美しさが手に入るのです。
幼少~学生時代 私が子供の頃、タイはまだ貧しい国で、国民はあまり教養もなく、良い教育を受ける機会もありませんでした。タイの国民すべてが良い教育を受けられると良いなと思っていましたが、超名門大学チュラロンコーン大学工学部入学を果たし、念願だった良い教育を受けることができたのでより熱心に勉強していました。その傍らで学友に英語の翻訳をしてあげるといったこともよくしていました。
社会人時代 英語が苦手な友人が多く、助けてあげているうちに、出版と書籍販売の会社をやることになりました。それが現在Se-Educationという会社で、国内に300支店あります。同期卒業した学友の数人と始めた会社です。これは幼少の頃の夢の実現でもありました。やがて事業が拡大するにつれ、少しずつ裕福になり、それと同時に教養を得る機会の少ない人にその機会を与えていることにも幸せを感じていました。
起業のきっかけ 料理店を経営する妻と結婚し、そちらを手伝うようになりました。当時のタイのレストランは品質・衛生・システム、どれも十分なものがあるとはいえない状況でした。当時はどこもガスボンベを使っていましたが、これは安全性に問題があり、ガス漏れや、時には爆発事故を起こし死者が出ることもあったのです。その点、電気鍋を使えば安全だと考えたわけですね。こうしておいしさ・安全性・衛生という点に優れた店を作りました。誰でも健康になる食事で健康管理をしたいと思っているはずです。良い食事をとり、健康であれば病気になることもなく、病院や医者の手を煩わせることもなくなります。また一方でサービス大国になりつつありますので、この点もMKでは一歩リードしたいと思っています。
起業当初 MKではお客様を楽しませるためにMKダンスというショータイムをしています。ショータイムがあればお客様も楽しくなるでしょう。 実際に様々なアイデアがありますが、実現させるにはまだ時間を要する事もあります。しかし当社は常に成長を続け、決して止まることはありません。
今後の目標 現在、ヴェトナム•ホーチミンへの出店計画があり、1ないし2支店をオープンしたいと考えています。実際タイでは300店舗の支店がありますが、これはで恐らく鍋料理という分野のチェーン店としてはタイ国内で最大規模です。まずは1000店舗が目標です。そのためにはMKの食品は栄養価があり、世界基準で競争力を持つものでなくてはなりません。それを目指して研究と開発を進めております。
企業名 MK RESTRANT Co.,Ltd.
所在地 Bangna-Trad Rd.(Km.3) Bangna, Bangkok 10260
1093/164 Central City Tower, 33rd Floor
業種 飲食店・宿泊 - 一般飲食店
設立 1989年
資本金 4億1,036万バーツ
事業内容 レストラン事業
URL http://www.mkrestaurant.com/