KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

株式会社ユニバーサルスペース遠藤哉

感謝される喜びを追求して

株式会社ユニバーサルスペース 遠藤哉
この映像・情報は 2014年4月 当時のものです

内容

何かを始める時に重要となってくるのはそれをやるだけの志と覚悟を持っているか?賢者は感謝を追求した先に現在の事業に行き着いた。それは、偶然の出会いではなく運命の出会いと言っても過言ではないだろう。

関連タグ
男性 1970年代生まれ 関東地方の会社 熱血 サクセス

株式会社ユニバーサルスペース

介護リフォーム専門の業者として、多くの人々に快適な空間を提供するユニバーサルスペース。事業に懸ける想いに迫る!

氏名 遠藤 哉
会社名 株式会社ユニバーサルスペース
出身地 神奈川県
出生年 1975年
趣味 マラソン、ボクシング、キックボクシング、富士山登山
特技 一級建築士等多数の資格を持っている
休日の過ごし方 家族との時間を共有する
座右の銘 「成功するまで続ければ成功する」
心に残る本 『7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー)
尊敬できる人 自分が知らない事を知っている人
現在の仕事の魅力と苦労 介護リフォームを主な事業として行っております。たくさんの感謝の言葉を頂ける仕事で、その分責任感もあり将来成長の魅力もあります。会社の成長に合わせて社内の体制を整えていくことが現在の課題です。
日本を背負う若者へのメッセージ 私も多くの目標を持っていますが、これからもどんどん実行していきますので、これからの若者は自分の夢や目標を持ち、必ず叶えるまであきらめないで貫いてほしいと思います。
幼少期~学生時代 父の仕事の関係で引越しをすることが多かったです。小学校の時に湘南に引越しをして来て小中高とスポーツに明け暮れていました。そんな中で沢山の友達が出来たのですが、高校生時代に父の転勤がありました。引越しはいやでしたので両親に理解をしてもらい私一人残り、親戚の家から高校に通わせてもらいました。高校生活は非常に楽しかったのですが勉強をしないでスポーツやバイク、バンドをしていたため、卒業をするのもギリギリだった思い出があります。その頃から付き合っているのが現在の妻です。また、漠然と社長になりたいと思いはじめた時期でもあります。大学時代は車にのめり込み、夜勤でガソリンスタンドのアルバイトをし、仕事中も含めて1か月のうち25日くらいは峠に走りに行っていました。色々なことに興味を持つ子どもだったと思います。
社会人時代 大学を卒業して積水ハウス(株)に入社をし入社して3年間は右も左もわからなかったのですが、がむしゃらに仕事をしていたことを覚えています。私は入社半年くらいで自分の担当の物件を持たせていただいたことが非常に良い経験になりました。その担当エリアは高級住宅街で、いろいろなお客様と接客をすることや、高級志向な家の現場監督する経験が早くからできました。一度担当を持たせていただくと次から次へと現場を与えてもらえ、同期の社員よりも早く仕事を吸収していたと思います。ただ経験が浅い現場監督でしたのでお客様やご近隣の方からは経験はあるの?と思われることもありました。それがバネになり、仕事を終えてからも寝ずに猛烈に勉強をしました。若くても仕事はできると思われるためには資格が必要と思ったからです。一級建築士等、建築に関する資格の勉強をたくさんしました。結果、知識もつけられましたので20代の若さでもお客様から信頼を得ることが出来たと思います。
起業のきっかけ 学生時代から社長になりたいと思っていましたが、どうしたらなれるのか全く分からず、また私の周りにも独立、起業した経験のある人がいない環境でした。積水ハウス(株)で新築住宅をしていましたが、一度だけ介護リフォームを経験する機会があり、これからはこのようなビジネスが成長するのではないかと考えはじめ、事業プランを作成しました。ただ、周りの多くの人の反応は、収益性も無いし介護業界のコネクションもないのにどうするの?って感じでした。その後何年か仕事の合間に独学で経営の勉強をしておりましたが、なかなか行動できない自分がいることに気が付きました。これではいつまでも変わらないと思い、計画が不確定のまま当時の会社の上司に退職を告げました。話をしたらすっきりしたと同時に、後には引けなくなり退職までの半年間の引き継ぎの間に会社設立の準備をしました。一歩踏み出してしまえば進むしかなくなるということを初めて知った機会でした。
起業当初 起業当初はお金も人もなく、介護業界のコネもないゼロベースで、自宅の6畳1間でできるだけ経費が掛からないようにと最低限からの事業開始でした。最初の半年はほとんど売り上げがない状態でした。ただこの業界には現在弊社が行っている事業は必ず必要とされると思い、あきらめずに営業をしておりました。そうすると少しずつですが受け入れていただきはじめ、仕事がいただけるようになりました。仕事が受注できはじめると周りの環境が少しずつ変わっていきました。この業界はまだ成熟していないところがたくさんあるとも感じ、いずれはシステム化してたくさんの人が同じようにできる様、常に考えて行動しておりました。起業をして間もない当時ですが、動けば動くほど周りに応援をしてくれる人達や、まだまだ給料がまともに払える状況でない時期なのに社員が集まってきてくれたことが本当に嬉しく思いました。
今後の目標 まずは会社を日本一の介護リフォーム業者に成長させる事です。そして介護リフォームの認知度を上げることが必要と思っております。それはまだまだ自宅で安全、安心な生活を送れていない高齢者の方が大変多い現状がある為です。弊社は現在10か所の営業所、店舗で営業している現状ですが3年後には50店舗まで拡大を計画しており、全国に弊社のサービスを提供したいと考えております。この介護リフォームは世界にも共通すると思っております。現在世界中で高齢化が進んでおり、その中で日本はもっとも速いスピードで高齢化している国です。その日本の介護業界で一番になることにより世界にも発信ができると考えています。世界は言葉は違えど体が老いることは共通ですので!
企業名 株式会社ユニバーサルスペース
所在地 神奈川県藤沢市川名607-10
業種 医療・福祉 - 福祉・介護
建設
サービス - コンサルタント
設立 2009年
資本金 1,000万円(2014年4月現在)
従業員 20名(2014年4月現在)
事業内容 「全国統一価格、小工事対応、スピーディで誠実な対応、プロによる高品質施工」の介護リフォーム
URL http://universalspace.jp/