株式会社メディプラン
仲田 尚史

この映像・情報は 2015年8月 当時のものです

世界一最高の在宅サービス企業を目指して

その時、賢者の目に光るものが見えたように思った。メディプラン再建の苦労話をした時のことだ。実際の苦労や困難は、どんなに泣いても、怒りをぶつけても立ち去らなかったことだろう。今ほどの規模の会社になり「大変な方が人生オモロイ」と仲田さんは語った。後期高齢者が増加する時代、仲田さんの器の大きさが必要だ。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 仲田 尚史
会社名 株式会社メディプラン
出身地 兵庫県
出生年 1964年
趣味 ゴルフ
休日の過ごし方 掃除、ゴルフ練習
座右の銘 縁尋機妙 多逢勝因
心に残る本 『竜馬が行く』司馬遼太郎
尊敬できる人 安岡正篤
現在の仕事の魅力と苦労 これからの日本にとって無くてはならない仕事であり、社会貢献の出来る事業であること。人材の育成とサービスの質の向上が苦労します。
日本を背負う若者へのメッセージ たった一度の人生なので出来るだけ大きな夢を描き、その夢の実現のために挑戦してほしい。夢は必ず実現する。

賢者ヒストリー

  • 幼少~学生時代

    幼少期は父が銀行勤務であったため転勤が多く友達が出来ませんでした。小学校はそのような状況から勉強が出来ず成績は学校で最下位でした。 唯、運動神経は優秀で、短距離走では学校の代表になって市内の連合体育際の代表選手に選抜されました。 中学校でもマラソン大会ではトップクラスの成績でした。 しかし、学業は伸びず県立高校への進学は断念し兵庫県下で最下位の私立高校へ進学しました。 その高校で公式テニスに出会い経験が無かったのですが練習に熱中しナンバー4にまで上りました。 大学進学には失敗しましたが、負けん気が強かったこともあり、1年間の浪人生活での猛勉強の後、京都産業大学 経済学部に進学しました。

  • 社会人時代

    就職は昭和62年4月に東証一部上場の三洋証券株式会社 本店営業部に入社しましました。 当時、バブル絶頂期前で就職に関しては売り手市場で就職内定者を旅行などに連れて行き他社への面接をさせない青田刈りが横行していました。私は父が金融関係の事も有り金融業界への入社を考え証券会社への入社を選択しました。証券会社での生活は日本経済が右肩上がりの状況で活気があり、それだけにノルマが厳しく、成績を残す事が大変でした。顧客0からの飛び込み営業で顧客を獲得していかなければならず、毎日100件以上の電話外交、訪問営業をこなし、この時代に社会人としての意識変革がありました。

  • 就任のきっかけ

    株式会社メディプランは父が興しました。 父は当時三和銀行の本店の業務推進部 医療班に在籍しており、医療業界についての融資を担当していた関係から将来、医薬分業が進むので処方箋を受け付ける調剤薬局に目をつけました。そこで、地主に建物を建ててもらい1階に薬局、2階、3階に医院を誘致するという今では珍しくはありませんが、当時は画期的であったクリニックモールを始めました。時代はバブルの少し前で、銀行から関係会社への転籍を機に退職金と自宅を担保に資金を調達し会社を設立して運営を開始しましたが医師の誘致に失敗し投資を含めて数億円の負債を抱え倒産状態となってしまいました。その様な状況から私に事業の手助けを求められて私も転勤を機会に事業への参画となりましたが、社長は母がしておりました。私が社長に就任したのは取引先に不渡りを出しそうになり、取引先に指名され全てを保証して社長となりました。

  • 就任当初

    0からのスタートではありませんでした。数億円の債務超過の状態で銀行への借入金返済も止めており、実質倒産状態でした。この状況を打開するためには売上を伸ばすための店舗展開しかありませんでした。私は証券会社で営業をしていた経験がありましたので大阪全域の病院、医院を回り、医薬分業の提案をしました。たまたまある病院が分業の計画をしている事を聞きつけ理事長に薬局をさせてもらえるように懇願し了解を得ました。しかし、資金が無く、薬も卸が入れてくれません。当時、薬の卸の最大手の三星堂の社長宅を訪問し、薬を卸してもらえるように懇願しました。翌日、支店長が薬を納入してくれる事となり、十ヶ月サイトの手形を発行し、その資金で店舗開設の費用を賄いました。しかし、手形のサイトの短縮に失敗し、取引先の取り付け騒動になり、再建計画の提出を求められ、約2億円の仕入れ額の連帯保証とともに社長交代を求められ、社長としてのスタートとなりました。

  • 今後の目標

    世界一最高な在宅サービス企業を目指します。 日本は世界一最速で高齢化をしています。それに伴い医療費も増加しており社会保障費の抑制は避けて通れません。医療費の掛かる入院をやめ在宅医療を推進しなければなりません。また、高齢化社会では核家族化が進み、独居世帯が急増してきます。 そのような方々を受け入れる住宅を整備し入居をしている高齢者に対してお薬の管理、訪問看護やリハビリの提供による健康管理、食事の提供など、在宅生活で必要な様々なサービスを立体的に提供することで高齢化社会で無くてはならない社会価値を生み出すことです。そして、この医療と介護の連携サービスは日本のホスピタリティーとしてアジア各国から求められます。将来は、メイドインジャパンのホスピタリティサービスとしてアジアに展開し、アジアの富裕層との医療ツーリズムなど日本とアジアを繋げていきたいと思っています。

会社概要

企業名 株式会社メディプラン
所在地 大阪府大阪市中央区北浜3-2-24
北沢ビル8階
業種 医療・福祉 - 福祉・介護
医療・福祉 - 医療
不動産 - 不動産取引
設立 1988年
資本金 17000000円(2015年9月現在)
従業員 262名(2015年9月現在)
事業内容 医・食・住をテーマに在宅医療・在宅介護サービス・宅配弁当事業を立体的に提供
URL http://www.mediplan.jp

関連動画

株式会社SUBARU 吉永 泰之

株式会社SUBARU

吉永 泰之

バイヤンツリーギャラリー クレア チャン

バイヤンツリーギャラリー

クレア チャン

株式会社ラウンドワン 杉野 公彦

株式会社ラウンドワン

杉野 公彦

株式会社ノジマ 野島 廣司

株式会社ノジマ

野島 廣司

株式会社リンクアンドモチベーション 小笹 芳央

株式会社リンクアンドモチベーション

小笹 芳央