KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

浙江諾曼狄皮革時装有限公司呉建明

信じる心

浙江諾曼狄皮革時装有限公司 呉建明
この映像・情報は 2010年4月 当時のものです

内容

共に助け合い、共に分かち合う仲間。信じていた仲間の裏切りは何よりも堪え難いが、彼は攻めなかった。なぜなら彼は仲間を信じているから。誠心誠意で接すれば結果は後から付いてくる。そう彼に教わった。

関連タグ
男性 1980年代生まれ 海外の会社 挫折 海外

浙江諾曼狄皮革時装有限公司

皮革製品の製造で中国市場をリードする浙江諾曼狄皮革時装有限公司。幾多なる試練を乗り越え、新たなステージを目指す賢者の礎に迫る!

氏名 呉 建明
会社名 浙江諾曼狄皮革時装有限公司
出身地
出生年 1980年
趣味 交友
休日の過ごし方 仕事
座右の銘 「堅持、堅持」
尊敬できる人 両親
現在の仕事の魅力と苦労 従業員の生活が関わっているので、責任感を強く感じます。人の成長を見ることが、私にとって最大の幸せです。
日本を背負う若者へのメッセージ まず友達を作ることです。友達と付き合う時、見返りを求めず誠心誠意で接することが大事です。後は諦めず自分の道を歩き貫けばきっと成功すると思います。
幼少~学生時代 私は貧しい農家で生まれ、小学校・中学校・高校までずっと貧しい環境で育ちました。小学生の時から早くお金を稼いで、母を杭州旅行に招待したいと思っていました。これが私の初めての夢でした。高校の時から起業したいという考えはありましたが、行動には移さずにいました。20才で高校を卒業した後、1年間は何もせず、まだ学校生活に戻りました。大学に行ったのも「稼ぎたい」「いい仕事に就きたい」という考えからでした。しかし、当時の社会においては仕事を見つけるのが難しいというのが現実でした。
社会人時代 大学を卒業した後はずっと起業する機会を待っていました。知り合いからもいろいろアドバイスをもらいました。例えば、飲食店や洋服店、美容室などいろいろな選択肢を打診されましたが、私はどれも選択しませんでした。
起業のきっかけ ある日友だちが私に「この町で一番特徴があるものはなんですか?」と聞いてきたので私は「皮革製品」だと答えました。そしたら友達が「それなら、それをやればいいじゃないか、この業界なら知り合いも多いし、入り易いと思いますよ」と言ってくれました。その言葉が現在の事業につながるきっかけと言えるのではないでしょうか。
起業当初 初めは資金もなく、取引先も持っていないので、別の工場で余った加工の仕事しかもらえませんでした。その業界においては新参者でしたので、いろいろな難関に立ち向かわねばなりませんでした。最初は信用もなかったのでクライアントに「もし契約通りにできなかったらどうする?」と言われたこともありました。「もしできなかったら、工賃はいらない上に、ミシンをあげます」と言って仕事を受けました。その初めての仕事は寝る間も惜しんで一生懸命行いました。50着の仕事を無事終えると、そのクライアントから次の仕事をいただくことができました。この初めての仕事は忘れることができません。
今後の目標 現在、世界はクローバル化が進んでいます。国際取引はあまり順調ではありません。われわれは現在、国内市場を開発しています。中国市場は巨大ですからね。それと将来は日本の優秀なデザイナーや経営グループとわれわれで協同して中国市場を開発しようとも考えています。
企業名 浙江諾曼狄皮革時装有限公司
所在地 浙江省桐郷市高橋工業区
業種 サービス - コンサルタント
卸売・小売
設立 2005年
資本金 1000万元
従業員 400名
事業内容 革製洋服、毛皮のデザイン、生産、販売