応緑株式会社
河越 祥郞

顧客の要望に
応え続ける

アメリカで目に飛び込んできた門扉の技術に、心を奪われた賢者。事業を展開する中で、次々と与えられる顧客からの要望に丁寧に応えていき、その技術を磨いていった。大不況に飲み込まれた時、原点に立ち返った賢者は信念を貫き通したからこそ得ていた大きな技術力に気がつく。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 河越 祥郞
会社名 応緑株式会社
出身地 兵庫県
こだわり 人の気持ちを大切にすること
趣味 音楽鑑賞、ドライブ、旅行
特技 人の役に立ちたいと行動できること
休日の過ごし方 早起きをしてドライブ
座右の銘 一期一会
好きな食べ物 寿司、鍋料理
尊敬できる人 父(映画のプロデューサーでした)

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    非常に好奇心旺盛で、モノの構造がなんでも気になってしまうような子供でした。おもちゃも解体してしまい、怒られることもありました。学生時代は自動車部に所属し、車の解体から組み立てまで行っていました。構造が気になってしまうと、自分が納得するまで調べてしまいます。

  • 社会人時代

    高校卒業後、証券会社に入社しました。取引場で学んだ後、営業部へ配属されました。私はお客様に喜んでもらいたいと思って働いておりましたが、会社の指示で、自分の意に反するものまで売らなくてはならないこともありました。そのような理由もあり、会社を辞め、アメリカへ留学を決意しました。そこで出会ったのが足で簡単に開く「オーバードア」でした。

  • 起業のきっかけとその当時

    アメリカ留学時に出会った「オーバードア」を見て、日本にもこの時代が来るな!と感じました。帰国後、さっそく日本でオーバードアを扱う代理店に交渉に行きました。3日連続で足を運び、なんとか社長を説得することができ、大阪の代理店を紹介して頂きました。そこからは全力で売り込みに走り回りました。がむしゃらに活動していくうちに、家の門扉もやってくれないか?と声がかかり、そこから徐々に家周り全般の事業を担うようになっていきました。

  • 現在の事業において

    現在は、ハウジング事業とゲート事業の2部門に分けて営業を行っております。今までと変わらず、世の中を良くし、人に尽くしたいという思いで事業を運営しています。お客様から要望や課題を頂くと、どんどんとヒントが沸いてくるのです。今後も、そういった頼み事には、断ることなく、技術屋として応えていきたいと思っています。

  • 今後の目標

    今後は、ロボットの開発に力を入れていきたいと考えています。お客様に商品をもっと手軽に、安く提供できるように日々、技術革新に励んでおります。これからも「人に尽くし、世の中をよくしたい」という思いを共有する仲間と一緒に、探求してまいりたいと思っております。

  • 若者へのメッセージ

    将来に向かって、何か1つ目標を決めてください。目標は、人によっては大きさや形、想いも違うと思います。それでも、何か1つ目標を決めるようにしてください。そうすれば、時間を有効に使うことが出来ますし、人生が有意義になると思います。

会社概要

企業名 応緑株式会社
所在地 兵庫県姫路市京町1-11
業種 建設
製造
設立 1973年
資本金 5,000万円
従業員 30名
事業内容 ●ゲート事業部
 超大型門扉の開発・設計(機械設計・電気設計)・製造を行います。
●ハウジング事業部
 住宅の増改築を主体に、建築設計・家具設計・階段設計・施工を行います。
 空家のリノベーションリフォームも始めました。
URL http://www.ohryoku.co.jp/

関連動画

株式会社エイチーム 林 高生

株式会社エイチーム

林 高生

アジアンタイルカンパニー フャンティ マイロアン

アジアンタイルカンパニー

フャンティ マイロアン

シュターツ・ピープル有限会社 スティーブン ザウ

シュターツ・ピープル有限会社

スティーブン ザウ

zillow スペンサー ラスコフ

zillow

スペンサー ラスコフ

タムダック・カーディオロジーホスピタル グェンゴック チュウ

タムダック・カーディオロジーホスピタル

グェンゴック チュウ