KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

株式会社ホームクオリティ宮形定征

54歳からのリスタート

株式会社ホームクオリティ 宮形定征
この映像・情報は 2014年12月 当時のものです

内容

「人は何度でもやり直しができる」とうそぶくことは容易いけれど、失敗を恐れずに挑戦し続けることは難しいし、そんな人は実際にそうそういない。54歳で社長になる人はいますが、54歳でリスタートという人はもっといないかもしれない。賢者にはまだやるべきことがある。

関連タグ
男性 1940年代生まれ 東京23区内の会社 創業 挫折

株式会社ホームクオリティ

通信販売向け商品の卸を行う株式会社ホームクオリティ。メーカー事業を始めたわけは、賢者の原点にあった。

氏名 宮形 定征
会社名 株式会社ホームクオリティ
出身地 北海道
出生年 1944年
こだわり これは!と思う製品を世界中から探し出し、無ければ自分たちで開発する。
趣味 野球、仕事
休日の過ごし方 土曜日まで仕事をし、日曜は体を休める。
尊敬できる人
現在の魅力と苦労 苦労ばかりではあるのですが、自分の開発した、選んだ商品を世の中に流通させることができ、多くの人に喜んで頂けることが実感できることが魅力です。
日本を背負う若者へのメッセージ 私もまだまだ若い人間です。皆様と共に、この時代を生き抜いて、声を頂戴しながら、よりよい商品を作っていきたいと思います。この日本の国を一緒に立ちなおしてよい国にしていきましょう。
幼少〜学生時代 北海道に生まれましたが、裕福な家庭では全くなく、家業の酪農を手伝っていました。そこで働く人達をみながら育ち、いつかは農業の手助けになるような仕事がしたい、と漠然と考えていました。
社会人時代 高校を卒業後は、農業機器のメーカーに就職しました。営業をそこで学びましたが、お客様に物を売っている、という考えではなく、自分を売って、「宮形」という人間を買って頂きたいと思っていました。やはり信頼関係を築くことが一番の営業でした。その会社では成績も出すことが出来、当時としては良い給料も頂いておりました。ですが28歳の時に、地元北海道で仕事をしたいと考え、独立しました。
起業のきっかけ 独立してから10年くらいたつと、国の制度が変わり、農業関係の仕事は冷え込んでいきました。私はまだまだ若く、どうすれば事業が良くなるのかが見えなくなりつつありました。そんな時、友人から「ラジオで通販をやってみないか」とう話があり、興味本位でやってみた折、わずか数分間で約300台の自転車が売れたんです。通販事業に事業を方向転換しようと思いました。
起業当初 しかし、そんな事業も地元地銀の破綻により、続けていくことができなくなってしまったんです。当時は本当にきつかったです。当時は54歳でしたが、わずかばかりのお金を握りしめて「もう一度ゼロから東京で再出発をする」と誓ったんです。それがホームクオリティの始まりでした。営業で移動する時も、電車賃を節約する為に、少しの距離なら歩いて移動していました。 当時一匹狼のように活動していた自分に、まっとうな企業様が口座を開いてくれるはずもありません。ここで私は、若いころに実践していた「自分を売る営業」に、もう一度執念を燃やして踏ん張りました。 原点に立ち返ってガムシャラにやっていると、1人、また1人と協力してくれる方々に恵まれ、ようやく再スタートを 切ることができました。今では様々な商品の通販事業を行い、メーカーとして開発まで自社で行えるようになり、多くの御引き合いを頂いています。特に、私の原点でもある農業用の機器は、日本全土をめぐり、長い時間をかけて消費者のニーズを聞き開発したもので、今では7作目のヒット商品となっています。
今後の目標 やはり私のルーツでもある農業を、ホームクオリティでもっと盛り上げていきたいという気持ちが強くあります。日本にとって、農業は絶対になくしてはならないんです。農家の方がもっと楽に効率よく仕事が出来るように、「安くいいもの」をこれからも提供していきたいんです。「人」を大事にすること。お客さま、メーカーの方々、そして家族・社員を大事にして、よりより商品を作っていきたいと思っております。
企業名 株式会社ホームクオリティ
所在地 東京都港区芝浦1-3-3
浜松町ライズスクエア2F
業種 卸売・小売
設立 1992年
資本金 1000万
従業員 17名
事業内容 輸入貿易仕入、通信販売卸売<カタログ・新聞・TVショッピング>、代理店販売卸売、百貨店卸売
URL http://www.home-q.co.jp/