KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

長府工産株式会社伊奈紀道

公平公正

長府工産株式会社 伊奈紀道
この映像・情報は 2016年6月 当時のものです

内容

ビジネスの世界において平等は求めるべきでない。そこに生まれるのは競争ではなく、平穏が生まれてしまうから。求められるのは公平公正ということ。本当に頑張る人が報われることこそ、ビジネスの世界では求められる。

関連タグ
男性 1940年代生まれ 中国地方の会社 老舗 名物社長

長府工産株式会社

公平公正な制度作りを展開する長府工産。社員が活かされる人材育成術に迫る!

氏名 伊奈 紀道
会社名 長府工産株式会社
出身地 福岡県
出生年 1943年
こだわり 公正公平
趣味 読書
休日の過ごし方 読書、音楽鑑賞
座右の銘 我以外皆我師
心に残る本 『顧客も社員も”大満足”といってくれる5つの原則』ジャック・ミッチェル
尊敬できる人 田中正造
現在の仕事の魅力と苦労 就任以来発信してきた思いが社員の意識を少しづつ変化させ、効果として業績が上昇し続けて今後の展開もプラス要素を醸し出してることです。しかし10年~15年先の経営の中核部隊がやや人材不足しているため探すことと育成することが苦労に感じます。
日本を背負う若者へのメッセージ まず、就職活動は「幸せさがし」と考え、特別な職種を目指す場合以外は対象企業の情報を正確に収集し自分のありのままのスタンスで臨むこと。入社したら上長の指示命令(常識の範囲内)を素直に受け止め全力を傾注し事項すること。ビジネスパーソンとしてのスキルアップを継続すること。自らの責任を自覚し、仕事が不首尾におわった時の責任の取り方は潔く非を認め反省改善ができる人間を目指すこと。周辺の人に感謝の気持ちを伝えること。迷ったときは自分以外の人が幸せになることを選択すること。自分の幸せは自分で掴み取るもので「会社が何かしてくれるだろう」の思いは間違いである。
幼少期~学生時代について 小学生から高校までは、多彩なクラブ活動を経験し積極的な面は有ったと思います。結構世話好きな面があり、あちこちに顔を出していました。大学に入り学生運動に関わり、入学一年目に学生寮の寮長を経験し寮祭の実行委員長に担ぎ出され、延長線上で活動をするようになりました。ベトナム戦争、沖縄返還とそれなりの感心をもつも、特定の〇〇派という組織に傾倒することなく、政治、社会に対する純粋な疑問からある種の正義感を持って活動していました。その後、過激派の出現で学生運動自体大きく様変わりするに至り卒業年度には遠のくこととなりました。学生時代に世相に流される面と、何が正しいかをしっかり見つめる両面を体験し、多面的ものの見方を習得したと思います。
社会人時代について 大学卒業後、繊維関係の企業に就職。繊維業界の好調な時代と日米繊維交渉を経て大きく様変わりする姿を体験しました。自らの仕事は工場で深夜勤務を体験し、その中にあって、どのような役務であっても最上の仕上がりを目指すことで日々のモチベーションは維持できる習慣を身に着けることができました。入出荷業務に配属され、繊維業界の複雑な流通体制を知り「糸から被服」までの生産・販売の全体を俯瞰することを経験。その後30年余りのビジネス人生のなかで確信を持ったことは、仕事で糧を売る限りはそれに割く時間の多寡より取り組む姿勢、生活の中での位置づけが重要だと気付き、人生目標を意識して日々の仕事にベストを尽くしてきました。それが自己実現への道だと私は思います。
社長就任のきっかけについて 専務職を2005年9月に退任して自分の職業人生は終了と考えていました。ところが2007年に会社の近況を知ることになりました。当時の社長が高齢になる中、後継者未確定で社員も不安感を持ち業績の低迷もあり、役員諸氏から経営陣への復帰を請われることとなりました。30年余り共に歩んできた社員の不安を払拭できるなら役に立ちたいと思い社長就任の話を受けることにしました。全社員が今も将来も不安を持つことなく生きることのできる、会社経営であり職場創造を実現したいとの思いで取り組みました。
社長就任当初について 役員に請われて就任したとはいうものの、社員の受け止め方は様々と思い、まずどういう会社にしたいかを明確にしました。社員の将来の安心を実現することを約束し、結果就任2年前から4年続いた赤字決算から就任3年目にして黒字化を実現しました。その間可能な限り社員福祉の施策を進め社員の安心を確立することができました。幹部社員への権限委譲を大胆に進め課長職以上は全員経営スタッフであることを自覚するよう求めた。期初に発表する事業の将来見通しをすべて達成することができる程度の求心力を維持できたと思います。
今後の目標 中長期の会社のかたちを思い、人材の確保が重要と考えるときトップを含め経営幹部の後継者をいかに育てるかが最大の課題です。一人の理解者でなくチームとして会社の基本方針を理解し実践する幹部社員を得ることが目標としています。今我が社に居て幸せ、退職するときに長府工産の一員で良かったと社員が思える会社を作り上げることが最終目標です。
企業名 長府工産株式会社
所在地 山口県下関市長府東侍町1-5
業種 製造
卸売・小売
設立 1980年
資本金 3億4,200万円(2016年3月現在)
従業員 184名(2016年3月現在)
事業内容 住宅設備機器石油給湯機・太陽熱温水器)製造販売 太陽光発電システム、オール電化商材販売
URL http://www.chofukosan.com/