株式会社アセットニーズ
寺田 厚志

この映像・情報は 2016年4月 当時のものです

人間力の差

不動産業界への疑問に賢者は立ち向かう。それは、自身の理想を形にする為であった。しかし、現実と理想の差に懊悩して行く。賢者はそれをどのようにして脱却して行ったのだろうか。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 寺田 厚志
会社名 株式会社アセットニーズ
出身地 東京都
出生年 1975年
こだわり すぐやる
趣味 旅行、ゴルフ、野球
特技 集中力
休日の過ごし方 野球のコーチ、仕事
座右の銘 継続は力なり
心に残る本 『成功への情熱』稲盛和夫氏
尊敬できる人 両親
現在の仕事の魅力と苦労 お客様の人生を左右する商品を取り扱う上での緊張感が魅力であるとともに、商品を扱う我々従業員が慢心に陥らないことを継続させる体制づくりです。
日本を背負う若者へのメッセージ 今、私たちが存在しているのは周りの方々がいるお陰であることを常に感謝して頂きたいものです。決して自分だけでここまでこれたわけではありません。仕事をする上でも大切なのは周りに感謝が出来るかだと思います。人は支えあって生きています。自分のことばかり考えて行動している人は、何かあった時、周りの助けは得ることが出来ないでしょう。しかし、常に感謝の念をもって人のために行動している人は、周りもサポートしてくれると思いますし、もちろん感謝もされます。因果応報ということになります。自分がしてもらって嬉しい事、気持ちの良き事を相手にしてあげて下さい。きっとその先には明るい未来が必ずありますので。

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代について

    父親は製造業のサラリーマンで、母親はミシンの技術が長けていたのでそれを活かし内職やパートをしておりました。両親が留守の事も多かったせいか、学校から帰ると宿題もせず直ぐ友人と遊びに行ってはよく怒られてました。当然成績も決して良くなく両親を困らせていたものです。幼少期からプロ野球選手の夢をみていたので、平日休日問わず昼夜ボールを追いかけていました。中学に入りメンバーも揃っていたおかげもあり、常に上位に食い込むチームでしたのでこのメンバーで高校に行けば間違いなく甲子園に行けると思っていましたが、当然進路はバラバラになり私は決して強豪とは言えない高校に進学しました。正直、レベル的には「こんなもんか。」と見縊っていましたが、対外試合など重ねているうちに自分のレベルの低さ、視野の狭さに気付いて猛練習をした記憶があります。私は学生生活の大半を野球に費やしてましたね。

  • 社会人時代について

    野球選手になる夢が断たれて、では何をしようかと考えたのですが正直勉強もしていたわけでもなかったので大学は勿論の事、就職先も決まっていませんでした。人生を完全に甘く見ていました。自力で就職先を見つけて働きはしましたが直ぐ転職で長続きはしません。そんな頃、野球ともう一つの夢の事を思い出したのです。それが不動産会社の社長になる夢でした。幼少期に好きだった事の一つに折り込み広告に入ってくる不動産のチラシを見る事です。間取り図を見ては家族で使い勝手などを議論していました。社長になるにはというより、先ずは不動産会社に入って専門的な知識と経験を習得するために自分で探して入社しました。しかし、業界特有というかハードな環境や仕事内容で心身ともに辛い状況が続いていたので転職を繰り返してました。このままだとダメ人間で終わると思った時に入社させて頂きました会社こそが私の人生の転機になりました。

  • 起業のきっかけ

    起業したきっかけはこの業界を根本から変えたいとの思いからでした。今までの業界の特徴としましては、一般的に思われているようにイメージが良くないとの話をよく耳にしていました。「怖い、いい加減」そんなイメージです。私もたくさんの同業者の方々とお取引させて頂きましたが、自分の利益の事しか考えていない方も少なくありませんでした。そのため相手の立場に立って物事を考えられていないため、自分に不利、不都合が生じると連絡を取らなくなったり、放置されたりと嫌な思いをした経験があります。そこで私が実践したのは、とにかく相手の立場だったらどう考えるか、どういう風にしてもらったらうれしいか、どういう人だったら今後もお付き合いしたいかを常に置き換える事でした。ただ、会社の方針や上司の考え方の相違により実践の妨げが生じることも多々あったため、理想の会社を創る決意をしたわけです。

  • 起業当初について

    起業した当初は何もない状態でした。お金もなければ事務所もワンルームマンションの一室です。ただ応援して頂ける同業者の方々がいらっしゃいましたので、人と情報には恵まれたと今でも思い出されます。その方々のご協力のもと、必死で働き半年で8,000万の売り上げを作ることが出来ました。起業当初は、やはり売り上げを作らなくては会社は運営出来ないとの思いが強かったため、自分自身で何でもこなしていた状況化の中、社員の事まで目が行き届いてませんでした。その結果、社員が育たない状況を自ら作ってしまったわけです。これでは皆につらい思いだけをさせてしまうと感じ、社員教育を少しずつ考えた行動をしました。結果、順調に売り上げも上がり、社員一人一人のスキルは当然の事、責任感、そしてこの業界を変えるというベクトルが合ってきたと感じております。現在でも社員研修制度を厚くし、先ずは人としての在り方を学んでもらっています。

  • 今後の目標

    今後の目標は社員が永続的に働ける環境を常に作り続ける事です。その過程の中ではIPOということも勿論視野に入れてはいます。私も上場企業に勤めた経験はありますが、上場だけを目標とすると数字だけに追われてしまいがちになってしまいます。会社としての基本的役割である雇用ということに注力し、働きやすい環境を作ることが私の使命だと感じています。ある海外の企業がございますが、その企業の離職率はほぼ皆無との事です。離職どころか自分の子供も同じ企業に就職、ふたを開けてみたら親、祖父まで同じ企業に勤めていたという事です。魅力ある企業だからでしょう。では魅力ある企業を創りだすことにより、誇りを持って仕事をこなす社員が増え環境が形成されるものと信じています。その為には、私をはじめ、現社員においての人財育成が急務だと考えますので、当社においては社員教育に力を入れております。明るい未来のために邁進して参ります。

会社概要

企業名 株式会社アセットニーズ
所在地 東京都千代田区岩本町3-9-3
フォレスト秋葉原ビル6F
業種 不動産 - 不動産取引
不動産 - 不動産賃貸・管理
サービス - コンサルタント
設立 2012年
資本金 5,000万円(2016年4月現在)
従業員 25名(2016年4月現在)
事業内容 事業用不動産の売買、仲介、賃貸、管理、修繕、改装
URL http://www.asset-needs.net/

関連動画

日本航空株式会社 植木 義晴

日本航空株式会社

植木 義晴

フレンズ・マーケティング有限会社 アルフレッド マック

フレンズ・マーケティング有限会社

アルフレッド マック

カルビー株式会社 伊藤 秀二

カルビー株式会社

伊藤 秀二

株式会社山善 吉居 亨

株式会社山善

吉居 亨

株式会社マクロミル 杉本 哲哉

株式会社マクロミル

杉本 哲哉