東洋ビューティ株式会社
瀧見 良平

この映像・情報は 2016年11月 当時のものです

100年企業を
目指して

震災を期に、様々な物事への考え方、取り組み方が変わっていった。企業活動においては事業継続に向けた取り組みが、特に製造業分野において変わっていった。変革をチャンスとしてモノにできるのは、積年の実績、そして信頼に他ならない。100年企業まであと25年ほどの東洋ビューティに学ぶ。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 瀧見 良平
会社名 東洋ビューティ株式会社
出身地 福井県
出生年 1947年
こだわり 継続は力なり、なせばなる
趣味 小旅行、ゴルフ
休日の過ごし方 家族と共に
座右の銘 人のふり見て我がふり直せ
好きな食べ物 そば
尊敬できる人 田中角栄

賢者ヒストリー

  • 幼少~学生時代

    福井県の片田舎に育ち、幼少年期は野球少年として、学校のクラブ活動に励んでいました。地元の高校を卒業し、大学が関西であった事により大阪に出ててきました。その時ある衝撃を覚えたのです。それは過疎(育った田舎)と過密(大阪)であると。この過疎・過密の状況を解消する良い方法はないものかと考え、政治家になって世直しをしたいと思うようになりました。大学入学後各クラブの入部勧誘があった時、勧誘の中で、合宿等で全国が廻って歩けるホステリングクラブを選び入部しました。このクラブはユースホステルを宿泊先として安価で各地域を旅し、また旅先で人との交流を持つ健全な青少年の活動を目的としています。在学中このクラブ活動で日本中を見て廻りましたが、当時世の中は、大都会に出て就職することが当たり前で、親子ともその考えで、過疎が増える事を実感しました。政治を目指す強い志も、いざ大学を卒業する時期になると政治家が如何に厳しいかを痛感し、当時同級生が行っていた就職活動に走り、就職先を探しました。

  • 社会人時代

    政治家を諦め就職活動の結果、東芝系列のファイナンス会社に就職しました。当時家電製品が世の中に出始める時であり、俗にいう三種の神器(テレビ、冷蔵庫、洗濯機)他製品の販売をメーカー各社が競っていました。この会社は、家電製品の販売ツールとして設立され、個人向け営業(割賦販売)を主力としましたが、その後業容拡大で法人の業務が付加、法人向け営業(総合リース)にも従事しました。この間、顧客の管理・新規取引先の開拓に率先垂範。この営業活動を通じて、3現主義(現場、現物、現認)の重要性を習得しました。その後経営スタッフとなり低迷支店を燃える集団(やる気)に変革させ、利益創出支店に再構築しました。本社では、全社課題である与信・審査センターの創設とその運営の総括責任者として陣頭指揮しました。入社以来35年間「汗して得られた人的ネットワーク」を有効活用し、業務改善と業務効率化に取組みました。

  • 社長就任のきっかけとその当時

    東芝ファイナンス退職後、身内の会社に2005年4月に転職しました。創業当初より技術志向の会社として活動しており、技術者が多く、文化系出身の者として社内の通用語が耳に新しく、業務面にやや不安を感じながら入社しました。入社の年に取締役に就任し、その4年後に常務取締役に就任。当時は代表取締役社長の他、先輩常務取締役が経営責任者として会社を運営していました。それが、2012年の春に常務が秋に社長が突然両トップが病死する悲劇に遭遇しました。急な事であり、会社の体制を整えるため緊急に取締役社長に推挙されました。代表取締役会長には創業家である岩瀬コスファの社長が就任し、両トップが急死する前年には、主力工場である宇都宮工場が、東日本大震災で被災し、工場改修・生産再開と多難の時期でした。

  • 現在の事業において

    社長職として本年で4年目です。前社長が病気療養であった時の社長代行を含めると5年目となりますが、その間、前経営計画は成果の挙がった5ヶ年として終了しました。現在、新たな5ヶ年経営計画に取り組んでいます。今般の経営計画は次のステップへ大きく飛躍するための準備期間と位置付けています。この期間に社内体制を構築し、自己資本比率を上げ、社会的な信用力を高め、更に、どの様な時代にも速やかに対応できる人間力の具わった人財で溢れかえる会社にしなければなりません。加えて、現5ヶ年経営計画のビジョンの副題に『信頼と技術を追求し、当社に関わる全ての人々に満足を提供する企業に成長する』を挙げていますが、その中の(信頼) (技術) (満足)を特に注力し、この3つをそれぞれ確実に向上させていくため、何を実行すれば良いか意見を出させ、それぞれの部署の業務に同化し、成長させていきたいです。また、業績面で数字を上げる事も大事ではありますが、企業価値を上げる事に全力を注ぎたいと思っています。

  • 今後の目標

    当社は創業76年です。創業時より社員のほとんどが理科系出身者であり今後とも研究開発に力を入れ、技術志向の会社づくりを目指したいと思っています。更に、より付加価値の高い、且つ、お客様に安心して使って頂ける機能的な化粧品づくりに邁進し、結果として、お客様に当社と組んで良かったと感じて貰える会社にしたいと考えております。もう一つ当社には「100年繁栄し続ける会社を目指す」という目標があります。当社は現在76周年目ですが、社員の平均年齢が35歳。それは会社が創業100年になる時は、彼らは60歳。これは定年になるまで自分の会社を営々と繁栄させる様心を一つに業務遂行するという意味を込めています。当社で働く社員から、当社に勤めて良かったと言ってもらえへ、更に、社員の家族に誇れる会社で、最終的に夫々の社員の子供を当社に入社させたいと言って貰える会社にしたい。また、福利厚生面を充実させ、得意先1番、社員とその家族2番、株主3番という気持ちで会社を運営していく考えです。

  • 若者へのメッセージ

    目上には従順でも、目下には横柄な態度を取る様な人には有能な人財は集まってきません。相手の立場の如何に関わらず対等に付き合うおうという姿勢が人を引き付け、同様に「ありがとう」と感謝の気持ちを言葉にできるかが大切です。更に、約束を守る事は絶対条件です。些細な事であっても、約束したら実行しなければなりません。自分の言葉に信頼を高めておけば、ピンチの時に手を差し伸べてくれる人や組織があるはずです。また、リスクを恐れずチャレンジする姿勢も大事です。他人に先んじて挑戦するぐらいの積極性を持たないと競争には勝てません。常に前向きで、目標を大きく持って欲しいと思います。加えて、先人に対する感謝の気持ちを常に忘れてはなりません。身近な両親や上司、先輩には敬意を払うべきです。今日の豊かな日本を築いていたのは誰なのかを考えれば、おのずと自分のすべき事か見えてくるはずです。

会社概要

企業名 東洋ビューティ株式会社
所在地 大阪府大阪市中央区久太郎町4-1-3
業種 製造
設立 1941年
資本金 4,500万円
従業員 588名(契約社員含む)
事業内容 化粧品、医薬部外品の受託製造、新製品の企画・研究開発業務の受託、化粧品・医薬部外品の輸出入業務
URL http://www.toyobeauty.co.jp/

関連動画

ビューティ・フェア ツェン・リシ イゥン・フェン

ビューティ・フェア

ツェン・リシ イゥン・フェン

株式会社サイバーエージェント 藤田 晋

株式会社サイバーエージェント

藤田 晋

本田技研工業株式会社 八郷 隆弘

本田技研工業株式会社

八郷 隆弘

ホッピービバレッジ株式会社 石渡 美奈

ホッピービバレッジ株式会社

石渡 美奈

ランカルジャ・マンディリ・アバディ アファンディ ジャンダ

ランカルジャ・マンディリ・アバディ

アファンディ ジャンダ