KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

九州教具株式会社船橋修一

やってみなくては分からない

九州教具株式会社 船橋修一
この映像・情報は 2015年9月 当時のものです

内容

創業は昭和21年。戦後間もない長崎の文房具屋だった九州教具。時代の変化の中でICTソリューションを主業としながらもホテル業も高い評価を得ている。高邁な精神性を醸成させていったのは、脈々と受け継がれた会社の歴史。その最先端が「立候補制」というやってみなくては分からないものなのだから、この会社はおもしろい。

関連タグ
男性 1950年代生まれ 九州地方の会社 熱血 継承

九州教具株式会社

ICTソリューション、ホテル業を営む九州教具株式会社。立候補制を採用する会社の取り組みがユニーク。

氏名 船橋 修一
会社名 九州教具株式会社
出身地 長崎県
出生年 1959年
趣味 バイク、読書
休日の過ごし方 バイクのメンテナンス
座右の銘 道徳的現象なるものは存在しない。あるのはただ、現象の道徳的解釈である。ニーチェ「権力への意志」より
心に残る本 『ファウスト』ゲーテ(高橋義孝訳・編)
尊敬できる人 本田宗一郎
幼少~学生時代 両親が夜遅くまで仕事で不在でしたので、ひとりで過ごし、本ばかり読んでいる子供でした。家は貧しかったのですが、母は本を買うお金は惜しみなく与えてくれました。中学校・高校時代はほとんど学校へは行かず、映画館に入り浸り、数々の映画を繰り返し見ました。それが今の自分の価値観を作っているのだと感じることがしばしばあります。地元の大学を卒業はしたのですがもっと広い世界を見たくなり2年間という約束でアメリカの大学へ進学をしました。ここでも大学へまともに通ったのは最初の一年だけで、のこりの一年はバックパッカーでメキシコなどを旅行し、さまざまな経験をしました。
社会人時代 地元に戻り、オフィスコンピューターの販売会社に就職しましたが、入社一日目からネクタイの締め方もわからず出社するありさまでした。しかし、個性的な上司と同僚に恵まれ、型破りと眉をひそめられながらも自分なりのやり方で営業としての業績を上げることができました。その会社を3年程で退職。当時珍しかった、イタリアなどから輸入したバイクウェアを取り扱うショップを立ち上げました。このバイクショップの監査をお願いした会計事務所からやってきた担当者が、現在の妻です。それが縁となり、九州教具に入社することとなりました。結婚することは決めていましたが、仕事の上で当時社長である義父に認めてもらえるまではと周囲には伏せての入社でした。
就任のきっかけ 当時、当社は文具や事務用品の配達が業務の大半を占めており、私はその倉庫での業務からスタートしました。在庫管理、納品のプロセス、配達に係るコスト・・・この現場から、社内の問題点がいくつも見えてきました。ほどなくして私は当時の社長宛に、九州教具の課題とその解決に向けての提言書を提出しました。その中には、これまでの経営のあり方を真っ向から否定するともとれるものもあり、相当な覚悟をもって書いたことを今でも覚えています。ところが、社長はそれに対して叱責するどころか、販売促進課という新しい部署の立ち上げを許可してくれ、改革に着手することになったのです。それまでの九州教具は、幅広い商品群をどこよりも安く、という方針でボールペンの替芯1本であろうが、軽トラックで届けるというやり方をとっていました。それをアスクルという直送体制に転換し、「選択と集中」を旗印に、お客様のお困りごとを解決する営業スタイルへと大きく舵を切りました。
就任当初 社内の情報共有化をはかるため、自社でSFA・CRMのシステムを開発し、全社員が使いこなせる環境づくりに20年前から取り組んできました。また、卸売という業態から一歩抜きん出た販売体制をとるためにビジネスホテルを社業の新たな柱として運営をはじめました。経営品質向上プログラムによるブレない経営を目指し、顧客満足・従業員満足を追求してきたこの20年です。社長就任はその途上のひとつのできごとに過ぎませんが、私自身が会社の思想を体現する立場として、対外的にも情報発信を続けてきたことが、現在の九州教具ブランドを明確に形作ってきているものと考えています。
今後の目標 ビジネスホテルと事務機器の卸売。一見なんの関係もなさそうなこの二つですが、我々は自社を「ビジネスインフラ提供業」と定義しています。創業当時からの社是は「誠実にして正確を旨とし社会に貢献すべし」です。国籍や性別、年齢にとらわれず一人ひとりがその人らしさを発揮し、仕事を通じて人間力を高めていく場が会社であると思います。そして全社員の知恵を結集し、どこにもない「ビジネスインフラ創造カンパニー」で有り続けるようチャレンジの幅を広げていきたいと思います。
企業名 九州教具株式会社
所在地 長崎県大村市桜馬場1-214-2
業種 情報通信 - インターネット付随サービス
卸売・小売
飲食店・宿泊 - 宿泊業
設立 1950年
資本金 60,000,000円(2015年8月現在)
従業員 220名(2015年8月現在)
事業内容 事務機器・ITソリューション・ネットワーク構築・教育ソフト・HP制作・ビジネスホテル運営
URL http://www.q-bic.net/