株式会社弘久社
平野 芳久

CSVというビジネス
のあり方

かつてはCSRという形で事業と社会課題の解決は結びついていた。 しかしそれでは、景気が悪ければ課題解決は滞る。 賢者は事業活動そのものと社会課題解決を結びつける。 CSVという新しい事業活動のあり方で。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 平野 芳久
会社名 株式会社弘久社
出身地 東京都
出生年 1953年
こだわり 交友については、いくつになっても精進してるなぁと思える人と長いお付き合いをさせていただいています。そして、心ある付き合い方をしたいとずっと思い続けています。
趣味 読書、焚火、ノルディックウォーキング、スポーツドライブ、音楽鑑賞、スキー、スキンダイビング、ガーデニング、日曜大工、コレクション(シェル、カントリー小物)、美術館巡り、ギター演奏(楽譜は読めません)、料理、アルコール少々。
特技 事業スキームやビジョンなどを分かりやすく図解化すること。少ない材料で必要なものを工作し、必要なコトを成すこと。
休日の過ごし方 基本的には晴耕雨読を地で行っています。天気が良いとじっとしていられず、普段は映画を観に行ったり、花屋さんや雑貨屋さんめぐりのほか、遠くにある居酒屋や回転寿司に女房と二人で歩いて行き、一杯やって帰ってくるなどしています。どんな日も一日30分程度のストレッチや9㎏のダンベルを使った筋トレなどを続け、月に10kmを2日程度歩いています。
座右の銘 あんたの好きなようにしなさい。(母の遺言)無理はするなよ。(父の遺言)
好きな食べ物 ジャガイモ料理、焼き鳥、そば・うどん、ネクタリン、寿司、カレー、ピザ、炭火焼料理
尊敬できる人 両親、船井幸雄、中坊公平、アルフレッド・アドラー、マザー・テレサ、稲盛和夫、田坂広志、大鵬、千代の富士

賢者ヒストリー

  • 幼少期〜学生時代

    小学校時代は心細かった自分が勇気を出して学校にいくため、人から教わることなくダンケルクマーチという行進曲を何回も聴いてから学校に行っていました。中学生では剣道部、高校生では写真部に入り熱心に活動しましたね。私の母方の先祖に堀部安兵衛がいたことが、剣道部へ入ったことにつながっているのかも知れません、不思議です。私が10歳の時に父が脱サラをして始めた複写・印刷の仕事を、小学生のころから手伝っていました。中学・高校になると大事な戦力としてずいぶん充てにされました。父はお金や公私のけじめに厳しく、父からお金を借りたり、家の車を借りることは一切なかったです。大学も3年になると会社と大学を両立するために共同トイレの安アパートを借り、大学が休みの日は会社の人がアパートまで迎えに来て、寝込みを襲われ拉致されたものです。

  • 社会人時代

    大学の卒業試験の翌日に入社。その後5年間無遅刻無欠勤。今から思えば入社後も徹夜徹夜の日々が10年以上続きました。ある年、技術屋だった父が経理を他人に任せていて多額の税金を支払うことになり事業意欲失いました。それに追い打ちをかけるように日本を出て仕事をしようという兄の二人がいつも定時で帰るようになったのです。そんな1年が何年も続いたある日、あまりに仕事が辛く、明け方の3時に1度だけ自殺を考えたことがありました。しかし、いざ!崖っぷちまで行ったとき、自分を外側から見た気がして、ふぁーっと世界が広がり一瞬にして思いとどまった記憶が今でも鮮明に残っています。そんな日々でしたので、私の青春時代は読書も映画もほとんど触れることができませんでした。でも、おんぼろのライトバンを手に入れ、伊豆の海には500回以上通いました。スキーも土曜日の夜行ツアーをシーズン中ベタで予約し、一人でも行っていました。

  • 社長就任のきっかけとその当時

    現NTT出身の父の同期が皆58歳で定年退職し、父も合わせるかのように58歳で退職を宣言。その週の日曜日、私が29歳の時、実家に呼ばれ父から社長交代を告げられました。引継ぎは30分。これが印鑑で通帳はここに全部ある、自分の退職金は銀行から借りて受け取ったので、後はお前が返済しておくようにと。私はそれまでに会社の仕事はすべてこなせたし、営業もずいぶん経験していたのと、兄はすでに日本にいなかったので次男の宿命として快諾。しかし、部下は全員年上、社長交代に合わせて税務調査が入り、血の気の多い営業マンがそれを機にずいぶん辞めていきましたが、大学時代から一緒に入社してやってきた同僚や家族に支えられ、また、幸い健康にも恵まれていたため踏ん張って来れました。

  • 現在の事業において

    仕事を通じて人が育つ仕組みを創っています。これは、働き方改革にも通じるもので、印刷業界、かつ日本印刷技術協会会員企業として東京都では2社だけが「TOKYO働き方改革宣言」をしていますが、弊社もそのうちの1社です。毎日の8時間労働の中で必要な読書もでき、評価のための力量表活用ではなく、社員一人ひとりが日々の努力の結果として自ら力量アップを確認していく、そんな仕組みを毎年磨いて行こうとしています。また、平成5年から始めたCSV事業(本業と社会貢献の両立)を、人生最大の仕事目標として、命を懸けて取り組んでいます。その中でも大切にしていることは、私たちが企画するCSV事業は、事業スキームに登場する関係者のすべてが、本業と社会貢献の両立ができることです。つまり、私たちの会社が大きく成長することが、素晴らしい世の中になる証、それを目指しています。

  • 今後の目標

    今後3年間をかけて、既存顧客の深掘りと新規顧客の獲得、そして、新しい事業の確立を通じて売上を2倍にし、売上対経常利益率15%以上を達成します。ビジネスを通じて、日本中の多くの皆さんに”目に見えない大切なこと”を知ってもらい、将来を託す若い人たちのためにも、思いやりのある社会を取り戻したいと考えています。そのために、お客様である社会的影響力の大きな顧客の経営課題を解決し、売上増大に貢献し、地域社会への貢献も同時に進められるよう、今まで20年以上続けてきたCSVの達成を、これからも知恵を出し、汗をかいて推進してまいります。

  • 若者へのメッセージ

    好きなことを見つけましょう。しかし、好きなことが見つからない、やりたいことが定まらないという人は、できれば「ひとかどの人(ある面で秀でた)」の生き様、考え方などを本やインターネットで知りましょう。身近なところでは、両親や恩師、バイト先の社長様など、他人の目で見て、耳で聞き、心で感じたことを沢山知るようにしましょう。そうすれば、自分がどんなところにわくわくするかが分かるからです。つまり、広い意味での交友から自らの価値観が定まっていく糸口が見つかると思います。そして、将来の仕事について一言。昔の家では長男が家を継ぎ、次男、三男は家を出て婿さんに行き、その家を立派に継いだものです。ヘーゲルの弁証法を活用してみると、婿養子制度が螺旋的に発展し現代に進化して帰ってきたと考え、就職活動では地元の志高い企業を見つけ、その会社の社長になるつもりで働き、一所懸命精進せよとなります。そして、人間の基本として、どんな時も思いやりの心を表現できる人になってください。私たちは若い人たちを信じています。

会社概要

企業名 株式会社弘久社
所在地 東京都立川市上砂町5-1-1
業種 製造
設立 1963年
資本金 6,000万円(2017年10月 現在)
従業員 35名
事業内容 デジタル印刷、CSV事業開発、展示会出展総合支援
URL https://www.kokyusha.com/

関連動画

株式会社モンベル 辰野 勇

株式会社モンベル

辰野 勇

FPTグループ チョン・ジャ ビン

FPTグループ

チョン・ジャ ビン

日本航空株式会社 植木 義晴

日本航空株式会社

植木 義晴

シミック株式会社 中村 和男

シミック株式会社

中村 和男

セントジェームスホールディングス デニス フー

セントジェームスホールディングス

デニス フー