KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

マイクロコート株式会社松尾真悟

一人より二人、二人よりみんな

マイクロコート株式会社 松尾真悟
この映像・情報は 2016年2月 当時のものです

内容

「一人より二人、二人よりみんな」一人の技術だけが長けていてもこなせる量は限られる。だからこそ、チームで仕事をこなす事がどれだけ重要か。仲間の大切さを実感させてくれる賢者の想いとは。

関連タグ
男性 1970年代生まれ 九州地方の会社 モノづくり 継承

マイクロコート株式会社

業務系のシステム開発・運用保守、IT技術者教育を提供する、マイクロコート。個々の技術力だけでなくチームでの底上げに尽力する賢者の経営力に迫る!

氏名 松尾 真悟
会社名 マイクロコート株式会社
出身地 福岡県
出生年 1977年
こだわり どれだけプラスアルファを付けることが出来るか
趣味 アクアリウム、アウトドア、スキューバダイビング
特技 卓球、水泳
休日の過ごし方 家族と共に外出
座右の銘 人事を尽くして天命を待つ
心に残る本 『六つの精進』稲盛和夫
尊敬できる人 稲盛和夫氏
現在の仕事の魅力と苦労 世の中の社会やビジネスをより良くしていくことへの参画、貢献が魅力であり、「ソフトウェア」という手に取ることができない、見えないものをどのように理解いただくかという苦労
日本を背負う若者へのメッセージ 「俺がやらねば誰がやる」という考えでいて欲しいと思います。
何事にも主体的に取り組むことは、受動的に取り組みことよりも多くの成果が得られます。謙虚な心を忘れずに、まずは意欲を持っていろいろなことに挑戦してみよう。
幼少期~学生時代について 小さい頃から町内の子供会の会長や、クラスの学級委員長を務めていたので、そのような役職に対するネガティブさは無く、「任せてくれるのならやってみよう」という気持ちが強かったです。また、みんなで休み時間に遊ぶゲームをオリジナルで考えたりと、振り返ると創造性豊かだったと感じます。高校から大学では「どれだけ社会にインパクトを与えられるか」が行動基準の一つとなり、私企業の活動よりも更に大きな影響を与える政治や行政の分野に興味を持つようになりました。
社会人時代について システムエンジニアとしての道を歩み出して、ゼロからモノを作り上げていく楽しさ、面白さに魅了されました。ただ、システム開発は個人の能力よりもチーム全体の能力が重要であることに気付くと、「チームメンバーのパフォーマンスを上げるにはどうするか」「いかにチームとして成果を出すか」「リーダーはどのようにあるべきか」といったマネジメントに興味が移り、経営や組織論、リーダーシップ論に掛かる書籍を数多く紐解いていました。「部分最適化」から「全体最適化」を意識する行動に変わってきたことで、参画するプロジェクトが綺麗に動き出してきました。これはモノ作りとは異なる喜びでした。
就任のきっかけ 父親が創業社長であるため、社会人になったときから「3年後ぐらいには・・・」という話しはあったのですが、仕事の区切りが悪く、仕事そのものは面白くやっていたため、東京から福岡に戻ってくるのに7年。戻ってきてからは、プログラミングもするし、顧客への提案営業もするし、経営課題にも取り組むと言ったことを8年やり、社長就任となりました。
就任当初について 就任する前後でやっていることが特に変わらなかったため、特別に大変だったという印象は無いです。
ただし、資金繰りなどお金に関わるところの最終責任は私になったわけで、経費に掛かる部分については渋くなったかもしれません。
今後の目標 IT社会といわれて久しいですが、個人レベルではその恩恵を受けつつも、ビジネス面では特に中小企業においてはまだまだそのITの凄さを体感できていない企業が多いように感じています。IT化無くしてはビジネスが回らなくなってきている世の中です。社会に貢献できる余地はまだまだ数多く残されており、より多くの貢献を果たすために更に我々自身も規模を拡大させていかなければならないと考えています。
企業名 マイクロコート株式会社
所在地 福岡県福岡市早良区百道浜2-1-22
業種 情報通信 - ソフトウェア
設立 1981年
資本金 3,000万円(2016年1月現在)
従業員 64名(2016年1月現在)
事業内容 業務系システムの開発・運用保守、IT技術者教育
URL http://www.mccweb.com