株式会社阿部善商店
阿部 善久

考える姿勢を現場の
社員に託す

全社員が自由に意見を言い合い討議できる企業風土を育成するにはどうするべきか。賢者は、役職や就業年数に関係なく、誰の意見さえ否定できるように、うわべだけでなく本当に自由な体制を構築している。意見の衝突、言い争いの末に創造される物の価値を知っているからだ。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 阿部 善久
会社名 株式会社阿部善商店
出身地 宮城県
出生年 1958年
趣味 学生時代はラリー、現在は忙しく特に無し
休日の過ごし方 家で過ごすか会社に居る
座右の銘 継続は力なり
好きな食べ物 寿司、麺類、カレーライス、かつ丼

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    小学校時代は、毎日、学校の裏山にある池で、カエルを捕まえたりザリガニ捕りをして遊んでいました。日が暮れるまで校庭で遊び、ランドセルを校庭に忘れて帰ることも度々ありました。近くの運河に浮かんでいる丸太に乗って、丸太乗りをして遊んでいたら、丸太と丸太の間が開き海中へ落ち、上を見上げたら丸太が閉じてしまい、手探りで海中を泳ぎ何とか出口を見つけて水面に出ることができました。(小学校3年生の頃)何にでも興味を持ち活動的でした。中学時代は先生に対してイタズラを仕掛けては、怒られていました。高校時代は先輩の誘いで空手部に入りましたが、2年生の時先輩と意見の対立から喧嘩となり退部。大学時代は友達とラリーに興味を持ち、ライセンスを取りバイトをして車をラリー仕様に改造して競技に参加していました。

  • 社会人時代

    23歳で阿部善商店に入社し、28歳に地元の蒲鉾業界の青年部長に就任しました。37歳の時に全国蒲鉾青年協議会の会長に就任、この時期、全国に人的ネットワークを築けました。現在は全国蒲鉾水産加工業協同組合連合会 副会長、宮城県蒲鉾組合連合会 会長、塩釜蒲鉾連合商工業協同組合 理事長他の仕事をしています。

  • 就任のきっかけとその当時

    就任当初は社長業など未知の領域で、古参幹部と衝突しながら、本を読んだりセミナーを受けたり、勉強しながら夢中で毎日を過ごしていた気がします。

  • 現在の事業において

    常に幹部社員とはコミュニケーションを取ります。美味しい物造り、そのためには幹部や商品開発部を連れだって食べ歩きをします。

  • 今後の目標

    輸出の拡大や通販事業の拡大、体験型見せる工場+売店+飲食の複合型事業へのシフトを目標としています。

  • 若者へのメッセージ

    失敗は若者の特権、歳を重ねるとそれが許されなくなります。若い時の失敗は、後々自分仕事に活きてきます。また、会議で何も発言しない若者が多いが、意見の衝突を恐れず、自分の意見を述べることです。意見のぶつかり合いが有って、また新たな発想が生まれます。是非、頑張ってもらいたいです。

会社概要

企業名 株式会社阿部善商店
所在地 宮城県塩竈市中の島1−11
業種 製造
設立 1926年
資本金 2000万円 (2017年7月現在)
従業員 135名(2017年7月現在)
事業内容 魚肉煉り製品製造業。揚げ蒲鉾とおでんセットを製造し、東北から一部関西まで商圏としている。業態は製造卸型で、各地のスーパー・生協・業務筋に納めている。その他、通販とアメリカを中心に輸出も行なっている。
URL http://abezen.co.jp/

関連動画

ボニーインターナショナル バンディ ニンティラサクン

ボニーインターナショナル

バンディ ニンティラサクン

リーイン株式会社 オン ピンツォー

リーイン株式会社

オン ピンツォー

パパママサン株式会社 エリック ソー

パパママサン株式会社

エリック ソー

ホンコン・ポリテクニック・ユニバーシティー エリック ゼン

ホンコン・ポリテクニック・ユニバーシティー

エリック ゼン

アンリステッドコレクション ローリー ペン

アンリステッドコレクション

ローリー ペン