KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

株式会社アカセ木工藤井幸治

デザインが無いのが良いデザイン

株式会社アカセ木工 藤井幸治
この映像・情報は 2016年6月 当時のものです

内容

創業当初の主力製品が「時代の流れ」と共に需要が減少。しかし、賢者はそこに立ち向かい同社を飛躍へと導く。ライフスタイルの変化に怯む事なく突き進む、賢者の信念とは?

関連タグ
男性 1960年代生まれ 中国地方の会社 イノベーション モノづくり

株式会社アカセ木工

「100年後も愛される家具」を製造する株式会社アカセ木工。ウォールナット材を活かし、シンプルさを追求する熱い取り組みに迫る!

氏名 藤井 幸治
会社名 株式会社アカセ木工
出身地 岡山県
出生年 1967年
趣味 ランニング
座右の銘 朝令暮改
心に残る本 『社長の仕事』浜口隆則氏
尊敬できる人 両親
現在の仕事の魅力と苦労 当社のシェアは少なく、シェア拡大できること。苦労は特になし
日本を背負う若者へのメッセージ 何事も諦めなければ物事は達成できます。どうか、チャレンジしてください。
幼少期~学生時代について 子供の頃は家業が好調で裕福な生活をしていたと思います。婚礼家具のヒット商品もあり、安定していました。しかし、中学3年生の時に父がなくなり、また 徐々にタンスの販売が減少。高校は山口県の学校で寮生活を始め上下関係や身の回りのことは身についたと思います。春の選抜で甲子園に行けたのはいい思い出です。卒業後は、東京でアパレル系の専門学校にデザインの仕事のは向いていないことに気づきました。
社会人時代について 最初に勤務した会社は、アパレルでの百貨店への営業でした。ここでは、母親ほどの年齢の女性販売員を管理する仕事で本当にいい勉強になりました。約4年ほどで、実家に帰ってきました。最初は工場で生産を行いその後はルートセールスで家具屋を訪問して婚礼家具の販売を行っていました。ほどなく、婚礼家具の需要が低迷して厳しい状況が続きました。
社長就任のきっかけについて 突然、兄から社長を引き継ぐように伝えられた。私は、次男なので社長になるとは思っていなかったのでびっくりでした。
社長就任当初について 就任前から専務として、経営を行っていたが社長と専務では、仕事の内容が全く違うことに気づきました。周りの見方や対応がこんなに違うとは正直びっくりでした。業績は一進一退で就任してからは他店舗戦略と多角がうまくいかず倒産の危機でした。わからないことも多く、とにかく大変な毎日でした。
今後の目標 より多くのお客様がより豊かで楽しい生活が過ごせるためにマスターウォール(ウォールナット)の家具を使っていただき、日本一の家具メーカーになることが目標です。
企業名 株式会社アカセ木工
所在地 岡山県浅口郡里庄町新庄1550
業種 製造
卸売・小売
設立 1961年
資本金 4,000万円(2015年12月現在)
従業員 120名(2015年12月現在)
事業内容 家具製造・卸システム家具製造 特注家具製造 家具・家庭用電気製品・家庭用雑貨・服飾・装飾雑貨の販売、緑化用植物・観賞用植物の販売・飲食物の販売、店舗及び事務所等の企画・運営並びコンサルタント
URL https://www.akase.co.jp/