創健舎工房株式会社
山本 浩之

誰よりも、速く。

一部上場企業から、中小企業、そして独立。様々な規模の企業を渡り歩いてきたからこそ見えてきたビジネスの武器。それは「スピード感」。唯一無為の武器を手に、目指すはジャイアントキリング。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 山本 浩之
会社名 創健舎工房株式会社
出身地 福岡県
出生年 1966年
こだわり 「神は細部に宿る」という言葉を常に意識して業務に臨む
趣味 読書、一人旅
特技 タンバリン
休日の過ごし方 休日は無し
座右の銘 No retreat No surrender
好きな食べ物 鮨、水炊き、ちゃんぽん
尊敬できる人 日本の伝統と発展に寄与されてきた先輩諸氏

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    父親が転勤族であったため、私は小学校だけで6回の転校を経験しました。自然と新しい環境に慣れ親しみ、溶け込む術を学習していたように思います。中学、高校は部活動一筋(バレーボール部)でした。特に高校時代は顧問の先生が有名な方で、強豪校ではなかったのですが練習は非常に厳しく、相当鍛えられました。今ですといろんな意味で完全にアウトな環境でした。しかしながら肉体面だけでなく、精神面も鍛えられたおかげで、これまでの会社経営の中でも、幾多の修羅場を乗り越えてこられたのだと思いますし、顧問の先生には大変感謝しております。大学時代は、とにかく独りで海外に行くのが目標でしたので、その資金作りでバイト三昧でした。そして、3年生修了時から1年間休学し、北米、ヨーロッパ、中国、アジアの国々25ヵ国をバックパッカーとして歴訪いたしました。この二つの経験が私の血肉となっております。

  • 社会人時代

    わずか5年間のサラリーマン時代ではありましたが、本当に楽しかった思い出しかありません。関東圏の新築分譲マンションの営業部隊だったのですが、若い部署で、仕事はもちろん精一杯頑張ったつもりですが、ほぼ毎晩、営業部のみんなと飲み歩いて、大騒ぎしておりました。今、振り返りますと、非常に良い環境で私を育てていただいたのだと感謝しております。当時の営業部隊としては珍しく、歩合給ではなく固定給で、微々たるインセンティブしかなかったのですが、社員のモチベーションは高く、個人ではなくチームで物件を売るというシステムが徹底されておりました。もちろん会社において給与体系は非常に大事ですが、やはり会社の社風、文化を創造していくことがもっと大事なのだと肌で感じることができました。

  • 起業のきっかけとその当時

    サラリーマンを5年経験した後、父親が創業オーナーである地元の不動産会社に入社いたしました。新築マンションデベロッパーとマンション管理会社を中核とするグループ会社です。私は元々、父親と同じように自らの手で会社を興すのが目標だったのですが、父の会社が債務超過で大変な状況でしたので、意に反し入社したのでした。年商100億、社員も200名の会社でしたので、絶対に倒産させるわけにはいかないと、全精力を振り絞りました。2002年にはメイン銀行からの指導もあり、実力不足は自覚しておりましたが、グループ全体の代表取締役に就任いたしました。しかしながら、時は小泉政権下において銀行の不良債権潰しが絶頂の時代で、私の会社も破綻懸念先に落され、最終的には倒産は免れましたが、債権放棄を受けたため、私は責任を取り代表を辞任し、退職いたしました。生きていくため、已む無くの起業でしたが、ようやく自分の夢が叶った時でもありました。

  • 現在の事業において

    現在、私は自分の地元であり、そのマーケットを熟知したエリアである福岡都市圏におきまして、不動産投資に特化した売買専門コンサルタントとして、主に個人投資家の方々の物件取得、売却のお手伝いをさせていただいております。不動産投資はひとつの事業です。投資家の方はその事業の最高経営責任者となります。そしてその物件運用のためには様々な職種のプロから成るチーム創りが必要となります。私は、自身の人脈とネットワークを利用し、お客様にとって最高のチーム創りをお手伝いします。アセットマネジメントの観点から、私はお客様のチームの参謀として、賃貸管理会社、建物管理会社、設備保全会社、清掃業者、内装業者、税理士、司法書士、行政書士、弁護士、これらのプロの方々を集め、チームとして物件運用を支援してまいります。不動産投資は取得後からが本番です。私は、そこからがお客様との本当のお付き合いだと考えております。

  • 今後の目標

    私は起業後、常に海外進出を意識しておりました。父の跡を継いだ会社では果たせなかった目標です。ここ10年、これからの発展が大いに期待されている東南アジアの国々への視察を続けてまいりまて、4年前からタイとフィリピンへの不動産投資を始めました。タイでは土地の転売、フィリピンではプレビルドのコンドミニアムへの投資です。今後は、既存物件に投資するだけでなく、これまでの経験値とノウハウを以て、住宅を供給するのが目標です。これまでの視察により選んだ進出国はタイです。具体的にはバンコク郊外部でのタウンハウス開発を目指しております。あくまでも今流行りの外国人投資家向けのタワーマンションではなく、地元の方が実際に購入し住んでいただける物件開発を行います。ジャパンプレミアムを活かし、ジャパンクォリティを体現した住宅を創造するのが目標です。

  • 若者へのメッセージ

    若い方で起業を考えている方には、是非頑張って欲しいと伝えたいです。周囲にはたくさんのドリームキラー(起業に反対する人)がいますが、雑音に惑わされず、志を貫いて欲しいと思います。私は、自営業者、起業家が多くなるのが、日本を良くするための処方箋だと考えております。今の日本の政治離れの原因は、源泉徴収制度にあると私は考えます。いつの間にか税金を引かれているので、税制や税金の使い道まで意識しませんが、自分で確定申告を行い税金を払うようになると、政治に対する関心が必然的に高まります。それこそ涙目で支払う税金が無駄遣いされているとなると、本当に怒りを覚えます。税金の分配がすなわち政治ですので、起業すると否応でも政治に関心が高まります。それによって政治が良くなるのです。共に日本のために頑張りましょう。

会社概要

企業名 創健舎工房株式会社
所在地 福岡県福岡市中央区荒戸1-6-1
1F
業種 不動産 - 不動産取引
設立 2005年
資本金 1,000万円
事業内容 不動産投資物件の売買専門コンサルティング
URL http://www.so-ken-sha.net/

関連動画

株式会社あさひ 下田 進

株式会社あさひ

下田 進

上海裕生企業発展有限公司 倪 思礼

上海裕生企業発展有限公司

倪 思礼

エーエー・コーポレーション グエンコック カン

エーエー・コーポレーション

グエンコック カン

株式会社ノジマ 野島 廣司

株式会社ノジマ

野島 廣司

神兵影視広告有限公司 袁 東

神兵影視広告有限公司

袁 東