KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

株式会社富士ネット工業和田守

変えるしかない

株式会社富士ネット工業 和田守
この映像・情報は 2016年5月 当時のものです

内容

一度や二度、道を外れそうになった事など誰しもがあるだろう。自分と向き合い、懸命に何かに取り組む事で、新しい道は切り開かれていくという事を賢者は教えてくれた。

関連タグ
男性 1960年代生まれ 関西地方の会社 熱血 イノベーション

株式会社富士ネット工業

防球ネット工事の施工のみならず、防災・減災関連のネット工事を多く手掛け実績を積んでいる株式会社富士ネット工業。安全で快適な生活環境を生み出す取り組みに迫る!

氏名 和田 守
会社名 株式会社富士ネット工業
出身地 兵庫県
出生年 1967年
こだわり 常に青いものを身につける(持つ)
趣味 トレッキング、ゴルフ、お酒、仕事
特技 仕事
休日の過ごし方 ぼんやり、ゴルフ、ドライブ
座右の銘 ピンチは最大のチャンス
心に残る本 『下町ロケット』池井戸潤氏
尊敬できる人 辛坊治郎氏
現在の仕事の魅力と苦労 繊維ネットの使途多様化に伴う発想と開発が魅力です。また、苦労としましては若手人材の育成ですかね。
日本を背負う若者へのメッセージ 「ゆとり、ゆとり」と言われている若者へ、そのゆとりを逆境にし、または武器にして自分たちで出来ることを考え、実行に移してください。
幼少期~学生時代について 子供の頃は親が建築業を営みながら農業をやっていたので休みの日は殆ど家の手伝いに追われていました。そのため友達が休日に家族で出かけた話を学校で聞かされると羨ましかったです。また実家は余り裕福ではなかったので「大きくなったらお金持ちになりたい!」とただ漠然と思っていました。高校時代はテレビの影響でそこそこやんちゃで学校へ行かず、喫茶店や映画館へ行き、少し学校で過ごすみたいな感じでした。そんな生活をしていたものですから言うまでもなく進級出来ませんでした。同い年は卒業年、一緒に登校しても楽しさ半分辛さ半分でした。今思えば留年を経験したことが人生のターニングポイントだったのかも知れません。
社会人時代について 兵庫県北部の田舎暮らしで都会に憧れを抱き、神戸の県内有数の建設会社に就職を決めました。そこでは土木技術者として働き、多くの協力業者の社長と出会い色んな人生論を教えてもらい、いつしか自分も社長になりたい、その為には一つでも多く資格をとってスキルアップしたいと思いました。結果5年でその会社を退職し今の会社にスカウトされ働くこととなりました。 
社長就任のきっかけ 単刀直入に言うと、「この会社で働く社員を守りたい!」ではどうするべきかを役員と話し合い、M&Aをしようと考えたのがきっかけでした。
社長就任当初について 社長就任をしてからは財務体制の改善に非常に苦労をしました。取引銀行は数行あれどメーンバンクがどこなのかもはっきりせず、特に資金計画に関しては早急に改善が必要である状態だったのです。そこでまずは取引銀行の再編に着手し、解除した銀行の預金、借入金をすべて移行し、新他行に口座を開設し資金調達をはかりました。あと社内の経費削減、人員削減、赤字部門廃止など一通りの無駄を省きました。結果的に丸1年半費やしました。
今後の目標 資金調達もほぼ体制が整い、少し早いかも知れませんが事業継承者の育成に努めようと思います。その為には今よりも資金力、営業力、技術力を鍛える為にあらゆる方面でのM&Aを進めていきたいと考えています。数字的な目標は特にありませんが毎年決算賞与が出せる会社、社員一人一人が少しでも豊かに暮らせる会社作りをしたいと考えます。
企業名 株式会社富士ネット工業
所在地 大阪府大阪府大阪市此花区西九条2-7-18
業種 建設
サービス - 専門サービス
設立 1959年
資本金 2,500万円(2016年4月現在)
従業員 13名(2016年4月現在)
事業内容 ゴルフ場・ゴルフ練習場ネット設計施工販売、グランド・学校防球ネット設計施工販売、高架橋コンクリート片・壁面タイル落下防止ネット設計施工販売、鳥害・獣害進入防止ネット設計施工販売
URL http://www.fujinet-ind.com