株式会社オンズホールディングス
新井 健太郎

この映像・情報は 2016年9月 当時のものです

大切なのは継続です。
100年企業を目指します。

CSRとは何か。簡単に言うと、企業における社会的責任を意味する。例えば、ドコモや富士フィルムにおける製造過程の環境保全などのように、大企業の多くが事業を通じてより良い社会への実践に取り組んでいる。そして同時に、その取り組みを企業のPRのひとつと捉える企業もまた多い。そんな中で、賢者の会社もまた、CSRに取り組む企業のひとつなのだが、その捉え方はひと味違っている。さらに中小企業で、というのも希有だ。「PR」という一時的なものではなく、大きな広い視野を持って捉えている。まさにそれが賢者が賢者たる所以だろうと思う。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 新井 健太郎
会社名 株式会社オンズホールディングス
出身地 神奈川県
出生年 1970年
こだわり ラッキーカラーを身に着ける
趣味 スパ、食べ歩き、パワースポット巡り
特技 営業
休日の過ごし方 スポーツ観戦、温泉、お風呂、マッサージ
座右の銘 一期一会、愚公移山
好きな食べ物
尊敬できる人 全ての経営者
現在の仕事の苦労と魅力 真面目に実直にコツコツと仕事をするのが1番です。私は1+1=2という経営をしている為、とてもストレートな経営スタイルだと思います。基本形なので、損をしたこともありました。しかし、真面目に実直にコツコツと仕事をするのが私の信念なので、そこは曲げません。後は「三方良し」の考えを持ち続けることです。「自分さえ良ければ」というような経営はナンセンスだと思います。オンズグループは全ての出会いを大切にし、社員・家族・顧客・株主・取引先と共に歩み、幸せを分配すると同時に社会へ貢献します。
日本を背負う若者へのメッセージ 若いうちから安定を求めてどうする。20代のうちに頑張らなければいつ頑張るのか。私は常に、そう思っています。会社に入っても長続きせず辞めてしまう。それではこの先、食べていくことはできません。またマスコミに影響されて、考え方がネガティブな人が多いです。だから、そこから変えていきましょう。「1人の力では何も変わらない」そんなことはありません。1人でも変えていけます。だから安定を求めにいく考えを一度やめてみてください。新しい価値観をもって生まれてきたのですから、それをもっと違う形で輝かせていきましょう。起業でも、新しいもの見つけていきましょう。日本の水準は高いです。若いのだから、もっと自信を持ってください。前に出て、もっと俺がやる。その気持ちを強く押し出してください。若いからこそ、失敗が出来るのですから。自分がどんな大人になりたいのか、「個」を出して頑張ってください。

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    一貫してわんぱくで元気なスポーツ少年でした。今の体型からは想像できないかもしれませんが、足がとても速く、『日本で一番速い』と自負していました。小学生の頃は、少年野球、バスケット、中学では陸上に打ち込みました。100m、200mリレーの選手で、県大会で決勝まで進んだこともありました。

  • 社会人時代

    大学の付属高校に通っていたので、周りは大学への進学を何の疑問も持たずに決めていました。そんな中、『どうして大学にいくのか。』『それは必要なのか。』と考えた結果、自分自身もやりたいことはなく、専門学校で専門的に学びたい気持ちもなく、21歳まで好きな事をすることに決めました。21歳に設定したのは、周りよりも1つ早く就職することで、1歩前に進めると考えたのが理由です。インテリアメーカーに就職し、営業担当として3年間勤務をした後に、24歳で不動産業界へ転職をしました。面接をしてくれたのは21歳の課長でした。『こんな21歳いるんだ。何を今まで自分は遠回りをしてきたんだ。この人と働きたい!』と思ってその企業へ就職を決めました。その人がいなかったら入社していなかったかもしれません。その後、その先輩とマンション販売会社を設立に至りました。

  • 起業のきっかけ

    その後、一層のやりがいを見出していく中で、住まいを提供するだけでなく、お客様のライフパートナーとして関わっていきたいという思いが芽生え、持っていた会社の株を現金化し、仲間11人で今の会社、オンズコンフィアンスを立ち上げました。オンズはフランス語で『11』。コンフィアンスは『信頼の』を意味します。11人が信頼し合い、社会に信頼される会社をつくろうと思い、起業に踏み切りました。最初は他社マンションの販売代理からスタートしました。幸い会社勤めをしていた頃のつてがあり、マンションの仕入れなどに便宜を図ってくれました。お客様にも恵まれ、会社は軌道に乗り2010年にホールディングス化に至りました。

  • 今後の目標

    ここまで私が来れたのも「人との出会いを大切にしてきたから。」だと感じております。色々な人との出会いの中で、刺激をもらったり、助けてもらったりして来ました。だからこそ、社員との出会いも一期一会と捉えて、出会いをないがしろにしたくないと考えております。せっかく数ある会社の中で私のところに来てくれたのですから・・・。また、社内だけでなく、社外とも一緒に成長していきたいという思いがあるので、自立センターの設立やカンボジアへの寄付、スポーツ団体への支援も行っております。この支援があれば周りも成長してくれる・・・。仕事の先にそう言ったやりがいを見出したい・・・。実際にCSRに興味を持ったのは、起業して1年たってみて、食べていけたからです。この社会があって利益を上げさせてもらっているから、その利益を社会に還元しようと思ったのです。今後も、ただマンションを販売したり、リーフォームやリノベーションをするだけではなく、お客様のライフパートナーとして、例えばシニアが求めていること、障がい者が求めていること等、お客様の求められることをやっていきたいと考えております。『一瞬一瞬の行動が幸せでなくてもいい。その行動そのものが最終的に幸せになればいい。』と日々私は考えております。自分だけが幸せになっても意味がないと思います。皆で勝ち取ってこそだと思いますので、このCSRは今後も継続していくつもりです。弊社ではその幸せを「笑顔」という所でテーマにして、それを求めて活動していこうと思っております。

会社概要

企業名 株式会社オンズホールディングス
所在地 東京都千代田区霞が関1-4-2
大同生命霞が関ビル3F
業種 不動産 - 不動産取引
不動産 - 不動産賃貸・管理
その他
設立 2010年
資本金 2億9,600万円
従業員 38名(2016年10月現在)
事業内容 オンズグループ各社に対する経営指導及び経営管理
URL https://www.onze-holdings.co.jp/

関連動画

ネットイヤーグループ株式会社 石黒 不二代

ネットイヤーグループ株式会社

石黒 不二代

COMEBUY チン コンチ

COMEBUY

チン コンチ

株式会社イーランサー パク ウジン

株式会社イーランサー

パク ウジン

ダイレクトコンセプト有限会社 ダニエル K.O.ツァン

ダイレクトコンセプト有限会社

ダニエル K.O.ツァン

ダイズンティエン・コーポレーション チンティエン ズン

ダイズンティエン・コーポレーション

チンティエン ズン