株式会社ゼロナビ
衛藤 城太

この映像・情報は 2015年8月 当時のものです

常識に囚われない

賢者の言葉の中に「ドキドキする」というフレーズが2度出てくる。1度めの「ドキドキ」は不安がはらんだもの。2度めの「ドキドキ」は興奮がはらんだものだ。この言葉こそ、何かをゼロから創る時に浮遊する概念なのだと思う。リスク、そして革新。まさしく賢者がゼロからモノを生み出す人なのだと、この言葉を聞いて確信した。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 衛藤 城太
会社名 株式会社ゼロナビ
出身地 埼玉県
出生年 1976年
こだわり 有言即実行
趣味 仕事
特技 掃除
休日の過ごし方 家族とトコトン遊ぶ
座右の銘 やらなきゃできない
心に残る本 『孫正義の焦燥』大西孝弘
尊敬できる人 ゼロナビ社のスタッフ
現在の仕事の魅力と苦労 弊社の事業は、いずれも「人」が深く関わりあい成立しています。システムやロボットにはできない、「人間力」で結果が全然変わってくるから、スタッフみんながドンドンと成長していく。あっという間に、私をみんなが追い越していくから、そんな過程がとにかく面白い。仕事だから大変なこともあるけど、苦労なんて感じたこともありません。
日本を背負う若者へのメッセージ 私たちは、閉塞した時代に生まれた運の悪い子供たちではありません。今の世の中は、1人の人間が、1日にして、古い価値観を壊し、変えることができます。学生や20代で起業し、世の中に革新を与える時代を、誰が想像しましたか?だから時代のせいにして、初めからダメだと考えるのではなく、5年後、10年後を見据えて、世の中に何が必要とされているのか、何をやるべきなのかを見極め、常に新しいビジネスフィールドを探していくスタンスが重要だと思います。私のような人間でも、起業し社長になることができるのですから、今の時代は意外と面白い。 まずは、できるできないで考えるのではなく、やるやらないで考え、今すぐ行動を起こしてみてください。やればできるし、やらなきゃできません。

賢者ヒストリー

  • 幼少~学生時代

    勉強もダメ、スポーツもダメ、本当に平凡以下の幼少期を過ごしていました。高校・大学もつまらなかったのでほとんど行かず、とにかく沢山のアルバイト(ドカタ・引越し・警備員・居酒屋・塾講師等)に奮闘していましたね。しかしその中で、学習教材の訪問販売営業をした経験が今につながっているように思います。東証二部上場の会社で、営業マンは500人程度いましたが、大学生でアルバイトながら2年連続1位になることができました。色々とアルバイトを経験した中で、自分に合っている職種を発見できたことは価値があったと認識しています。またその頃に、たまたま取得した宅建免許があったことで、たまたま住宅メーカーに就職し、結果、たまたま不動産業で起業に至ったワケですが、人生なんて、どんなキッカケでどう変わるかなんて全く分かりませんね。ホント、リアルは何が起こるかわかりません。

  • 社会人時代

    住宅メーカー勤務でしたが、今思えば、社会性がなくてやたら攻撃的で、こんな風に人前で話せるような人間じゃありませんでした。極めて生意気なスタッフだったと思います。とにかくデカイことを言ってしまう性格で、新入社員なのに「会社を辞めて独立します!」とか、「5年で社長を追い抜きます!」とか、無茶苦茶なことを発言していました。(恥) ただ、自分としては、言ったからには有言実行しないと格好悪いので、自分を奮起させる為の発言でもあったりしたのが本当のところなのかな。だから誰よりも働きましたね、休んだ記憶はほとんどないくらい。でもそれなりに努力をしていると、結果もついてきて、営業マンは1500人くらいの会社でしたが、新人ながら2年連続1位になることができました。その結果、不思議と社長や役員陣には目をかけて頂き、沢山の学びを頂戴することができました。(目立っていた分、同期や先輩には嫌われていましたが・・・)

  • 起業のきっかけ

    住宅メーカー出身ということもあり、不動産屋なら独立できるだろうと、28歳の時に後先考えずに独立しちゃいました。しかし世の中そんなに甘くない。1年間無収入、キャッシュは底を突き、倒産寸前になるほど。でもその1年で感じたこともあったんです。どこの不動産屋も怪しい人ばかりで、業界のイメージってヒドイもの。だから「不動産業界のダーティーなイメージを吹き飛ばす!」という想いを胸に「仲介手数料の無料化」を打ち出しインターネット不動産をスタート。もうこれしか生きる道はないと背水の陣で望んだ記憶がありますよ。当時は2005年なので、ネット自体があまり普及していない時代でしたが、お客様がネットで物件検索できて、写真も見れて、場所も分かったら便利だし、しかも仲介手数料が無料になれば、負担も楽になるはず。これはビジネスになると確信しましたね。大したことではありませんが、結果、これが弊社の原点になりました。

  • 起業当初

    ネット普及の波に乗り、インターネット不動産としては、全国1000社中で売上1位になるなど、一定の結果が出せたので、2008年に新規事業で「保険ショップ」をスタートさせました。「保険=勧誘」のイメージが強く、お客さまから敬遠されていた保険業界。不動産業界同様に「保険業界のダーティーなイメージを吹き飛ばす!」と考えたのがキッカケです。 お客さまが、一度に複数の保険会社を比較し、納得して加入できる「保険ショップ」は当時画期的で、ご利用者さまからはとても喜んで頂き、あっという間に口コミで広がっていきました。そんな時にテレビ東京のワールドビジネスサテライトで「生命保険業界大変革-保険は自ら選ぶ時代へ」と取り上げて頂き、一気に認知度がUP。予約が取れないくらい沢山のお客さまにご利用頂いた光景は今でもハッキリと覚えています。鳥肌が立つような感覚でした。

  • 今後の目標

    当社は、「世の中に常識として定着するサービスを開発する」という意志で、 「世の中の古い価値観を壊し、新しい常識を創る」というビジョンを掲げ、新しい物の見方・行動の仕方で、すべての事業活動に取り組んでおります。不動産業界や保険業界・医療介護業界への挑戦は、わたしたちの生み出すアクションの一部にすぎません。 世の中にはまだまだ、「新しい常識」が発明されるべき分野があり、 そのすべてがゼロナビのビジネスフィールドと考えています。「新しい常識」を発明しつづけ、より多くのお客様に、 そして広く社会に必要として頂ける企業となるために、これからも努力を重ねていきます。「今ここにない未来は自分で創る!」ゼロナビから生まれる、「新しい常識」に、ご期待ください。この先はもっと面白くなっていくと思っているし、この先どうなるか分からないから、未来が楽しみです。

会社概要

企業名 株式会社ゼロナビ
所在地 埼玉県上尾市原新町19-1
業種 金融・保険
不動産 - 不動産取引
医療・福祉 - 福祉・介護
設立 2004年
事業内容 保険事業・不動産事業・訪問医療事業
URL http://zero-navi.co.jp/

関連動画

株式会社シーオン アン ビョンイク

株式会社シーオン

アン ビョンイク

株式会社イーランサー パク ウジン

株式会社イーランサー

パク ウジン

富士ゼロックス株式会社 山本 忠人

富士ゼロックス株式会社

山本 忠人

セーラー万年筆株式会社 中島 義雄

セーラー万年筆株式会社

中島 義雄

ストア・フレンドリーセルフ・ストレージグループ ケヴィン ツァン

ストア・フレンドリーセルフ・ストレージグループ

ケヴィン ツァン