KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

株式会社三幸設計松本浩一

自分の強味を知る、という強さ

株式会社三幸設計 松本浩一
この映像・情報は 2010年7月 当時のものです

内容

賢者は実にユニークで、話には言葉一つ一つに熱がある。まるで図面に引く線に力を込めるように。反面、夢や情熱という情緒的な言葉は多くない。どこまでもクールに慢心とは無縁の賢者は、ひたすらに自分のやりたいことを突き詰める。

関連タグ
男性 1960年代生まれ 東京23区内の会社 熱血 ユーモア

株式会社三幸設計

ビルマンション改修工事に伴う調査・診断・工事計画の策定などを強力にサポートする株式会社三幸設計。人々の住環境を守るため、賢者が抱き続ける情熱に迫る!

氏名 松本 浩一
会社名 株式会社三幸設計
出身地 宮崎県
出生年 1962年
こだわり 仕事(喜ばれる・美しい・誠実な・スマートな)、美しいもの(芸術)
趣味 仕事、バイク、音楽
特技 どこでも寝れる、相手の心をつかむ
休日の過ごし方 ボーっします。ときどきホラー映画のDVD鑑賞をします。
座右の銘 「日々是勉強」
心に残る本 『塩狩峠』三浦綾子、『死神の精度』伊坂幸太郎
尊敬できる人 私のまわりのみなさんすべて
現在の仕事の魅力と苦労 物を作る喜び、お客様に夢を持っていただける喜び、これらのための生みの苦しみはありますが満足感・達成感のほうが大きいです。
日本を背負う若者へのメッセージ 希望と野望を持って欲しいです。夢を持ちそれを夢ではなく現実にするために努力を惜しまないこと、自分を育ててくれた両親や支えてくれた周りのみなさんに感謝する気持ちを忘れないこと、これが大切な事です。
幼少~学生時代 子どものころは野山や田んぼを駆け回って、常にすり傷が絶えないわんぱく小僧でした。母が看護師だったので頻繁に手当てをしてもらっていた記憶があります。小中学校時代はそれなりに成長して、児童会や生徒会の役員もしていました。吹奏楽に興味を持ち、小学校では鼓笛隊、中学校では吹奏楽部に在籍して音楽漬けの毎日でした。地元の少年野球チームにも参加していましたが、ベンチを温めることが多いくらいの腕前でした。高校時代は悪友とバンド活動に興じて、学校の出席もそこそこに練習やコンサートに励み、先生方からいろんな意味で一目置かれていました。なんとか高校を卒業し建築関係の専門学校に入りそこではこれまでの「怠惰な」生活を一変して勉学に励みました。
社会人時代 業界では有名な大先生の事務所に入り、毎日が修行の連続でした。最初はスケッチや文字を書く練習、続いて簡単な図面のお手伝い、ようやく一人前になってある程度のプロジェクトも任せてもらえるようになりました。それからはクライアントや関係官庁との折衝に明け暮れ、図面を書くのは日も暮れてから深夜作業になるという状態の連続でした。でも好きで入った道ですから文句も言わずに黙々とやっていました。大きなプロジェクトも経験し(警察署、博物館等複合施設、斎場など)、そこでのいろいろな経験(ゼネコンさんとの付き合い方、現場全体進捗管理のやり方考え方などなど)が今に生きていると思います。
起業のきっかけ 「バブル崩壊」は建設関連産業を直撃し、所属していた事務所も大幅に要員縮小を迫られていました。生活の安定も考えて一念発起し、大手マンション管理会社に転職しました。そこでマンション管理のいろはを学び、法律などの規定規則を学び、必要な資格も取得しました。毎日戦場のような仕事をしていましたが、ふと足元を見ると・・・ルーティンワークに流されている自分がいました。「自分はなに屋だ?なんのために仕事をしてるんだ?」という疑問がふつふつと湧き上がり、自分の満足する仕事をするには自分でやるしかないという感覚で、妻にも事後報告で退職・独立開業しました。
起業当初 決して裕福なサラリーマンではなかったので、妻に借金して起業しました(きちんと完済しました)。手探りで開業したので同業の先輩やサラリーマン時代にお世話になった方々にあいさつ回りを兼ねて営業をしていました。開業当初、当然仕事はなく、毎日いろんな書類フォーマット作りやホームページ作りをしていましたので収入は0でした。妻には相当な無理を強いていたと反省しています。初めての仕事はマンションの劣化調査の仕事でした。小さな仕事でしたが飛び上がるほどの喜びでした。そのうち少しずつ仕事が入り始めて同時進行でスタッフも増え、小さいながらも笑いと活気にあふれる会社になったと感じています。
今後の目標 私は会社を大きくすることを目標としていません。それよりも「あなたの会社に任せてよかった」と言っていただけるプロの仕事ができる専門家集団を作り上げていきたいと思っています。国交省のデータでも経年のマンションは当然のことながらどんどん増えていきます。当然住んでいる人たちも高齢化が進み、今後は入れ物だけではなく住んでいる方々へのいろいろなサービスを提供することが大きな課題と考えています。私の夢はみんなが笑顔で生活できる環境を整えること、同じ意見を持った同志がともに集い、ともに戦い、ともに成長することです。そして「日本独特の生活形態」であるマンションを次の世代へ、またその次の世代へと受け継がれていくよう精進することです。
企業名 株式会社三幸設計
所在地 東京都港区芝3-14-6
シントクビル2F
業種 サービス - コンサルタント
その他
設立
資本金 1000万円
従業員 8名
事業内容 建築設計業
URL http://www.sankousekkei.jp/