KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

コーエーテクモホールディングス株式会社襟川恵子

今でこそ有名だが…

コーエーテクモホールディングス株式会社 襟川恵子
この映像・情報は 2011年11月 当時のものです

内容

先進的なものとは得てして正当な評価をされない事が多い。今でこそ有名なあのゲームも第一印象は「辛気くさい」。本当に面白いものだけが生き残る世界でロングセラーを記録したこの会社は本物だ。

関連タグ
女性 関東地方の会社 家族 運命の出会い

コーエーテクモホールディングス株式会社

時代のニーズに合わせた数々のゲームソフトを世に送り出すコーエーテクモホールディングス。ゲームを愛し続ける女性賢者の抱く、ある想いとは・・・?

氏名 襟川 恵子
会社名 コーエーテクモホールディングス株式会社
出身地 神奈川県
趣味 ゴルフ、音楽全般、フラワーアレンジメント
特技 生け花師範
休日の過ごし方 読書、料理、ねこの世話、ものづくり
座右の銘 「忙中閑あり、死中活あり」
心に残る本 『人間の運命』芹沢光治良
尊敬できる人 中村天風氏
現在の仕事の魅力と苦労 発売したソフトの反応がダイレクトに伝わることが魅力です。苦楽はメビウスの帯で、表裏一体だと考えています。
日本を背負う若者へのメッセージ 自分に対してチャレンジしてください。達成できたら自分をほめて、より向上していきましょう。ファビュラスに輝いて、太く、長い人生を。
幼少~学生時代 子どもがあまり多くない家庭環境だったので、幼い頃の私はとてもチヤホヤされていました。ただ、負けん気は強く、気の強い女の子でしたね。高校卒業後は美術大学に進学。学生運動の影響で、通学できない時期が続きました。その間行っていたアルバイトで、さまざまな貴重な経験を積むことができました。
起業のきっかけ 夫との出会いが、起業の原点です。家業を引き継いで事業を行っていた夫は、当時珍しかったマイコンピュータに凝っており、給与計算や見積もりのソフトをプログラミングで作ったりしていました。その合間に作っていたのがゲームソフトで、後に「シミュレーションゲーム」を生み出すことになりました。
起業当初 今やコーエーテクモの代名詞ともなっている「信長の野望」ですが、発売当初はまったくヒットしませんでした。問屋にも「こんな商品は売れるはずがない」と言われていました。爆発的なヒットのきっかけとなったのは、学生のネットワーク。1つのソフトから複製をコピーし、大学ごとの「信長の野望」が広まっていったのです。そして、ヒットにさらに拍車をかけたのは、1983年のファミリーコンピュータの誕生でした。
今後の目標 ゲームは人の心を豊かにする役割を持っていると考えています。ネットワークゲーム等においては、国境や人種を超えて、同じ目標を達成する想いを共有する環境を提供しているとも言えるでしょう。時空を超えた国際的平和に繋がるような、大きなコンテンツだと自負しています。「創造」と「貢献」が揺るぎないコーエーテクモの精神。世界一のエンターテイメントコンテンツプロバイダーになることが私たちの目標です。
企業名 コーエーテクモホールディングス株式会社
所在地 神奈川県横浜市港北区箕輪町1-18-12
業種 情報通信 - ソフトウェア
設立 2009年
資本金 150億円
従業員 1,397名(連結)
事業内容 パーソナルコンピュータ・家庭用ビデオゲーム機用ソフトウェアの企画・開発
URL http://www.koeitecmo.co.jp/