KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

上海尚程芸術景観工程有限公司倪雍容

準備が大事

上海尚程芸術景観工程有限公司 倪雍容
この映像・情報は 2010年4月 当時のものです

内容

経営者を夢に彼女は自分の居場所を探していた社会人時代。祖母の死をきっかけに賢者は起業を決意。しかし思い通りに行かないのが現実。果たして賢者はどう抜け出していくのだろうか。若き女性賢者の下した決断とはいかに・・・。

関連タグ
女性 1970年代生まれ 海外の会社 海外 サクセス

上海尚程芸術景観工程有限公司

イベント会場などの空間のトータルプロデュースを行う上海尚程芸術景観工程有限公司。若くして起業し、現在も成長を続ける賢者のチャレンジ精神に隠された原体験とは?

氏名 倪 雍容
会社名 上海尚程芸術景観工程有限公司
出身地 中国
出生年 1979年
趣味 歌を歌うこと
休日の過ごし方 仕事
座右の銘 堅持就是勝利(頑張って続けることは勝利である)
尊敬できる人 両親
現在の仕事の魅力と苦労 生活環境を美しくできることが仕事の魅力です。
日本を背負う若者へのメッセージ 起業すると決めたら躊躇せず最初の一歩を踏み出しましょう。そして経営管理や人材などすべてのことを考えながら、しっかり準備をしてください。そうすれば会社を設立した後もきっとうまくいくはずです。
幼少~学生時代 私は普通の家庭に生まれました。ひとりっ子で特に苦労したこともなく、自由気ままで楽しい思い出ばかりです。小学校から高校までは活発で男っぽい性格で、強がりで正義感が強い子どもだったと思います。大学に入ったころからようやく女性らしさが出てきたと思います。大学では排水・照明・空調について勉強しました。その学部を卒業した後に就職するとなると建築業経理、建築施工管理技士と建築士などが選択肢としてありました。
社会人時代 大学卒業後は学校の推薦で、ある日系企業に就職をしました。そこでの仕事は日本から来た下書きを私たちがパソコンでCAD図面に仕上げるといった内容でした。専攻にかかわる仕事でしたが、自分にとっては満足いくものではなく、2日で辞めてしまいました。理由は「人の下で働くのではなく、自分が社長になりたい」と思っていたからです。そこで社長になるにはまず営業を経験するべきだと思いました。
起業のきっかけ その後3年間は頻繁に仕事を変えていました。さまざまな業種を経験しながら自分に合うものをみつけたかったのです。そして、その中で今の業種に出会い、自分に合っていると感じました。そこで初めて会社を設立することを決意しました。しかしながら、手続きや事務所探しなどその道のりは簡単なものではありませんでした。
起業当初 起業する前から付き合っているクライアントはいましたが、それだけでは会社の運営を維持できるわけではありませんでした。会社運営は自分が想像していたよりも費用がかかるということを痛感する日々でした。また、経営をする中で私が最も困難に感じるものは、従業員の解雇です。特に会社の設立時からいる従業員を解雇する時は会社全体に大きな影響を及ぼしかねないので、大変に頭を悩ませました。
今後の目標 この業界のトップになることが私の目標です。現在会社の規模はまだ小さいですが、デザインや工事・サービスなどに関しは良い評判をいただいています。これからトップになることを目指して頑張っていきます。
企業名 上海尚程芸術景観工程有限公司
所在地 中国上海市
業種 サービス - 専門サービス
設立 2007年
資本金 500万元
従業員 60名
事業内容 ショッピングモール、広場等の装飾関係