KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

タマホーム株式会社玉木康裕

常識なんて誰が決めたんだ!

タマホーム株式会社 玉木康裕
この映像・情報は 2007年3月 当時のものです

内容

良いものをより安く。消費者にとってものを買ううえで、非常に大切な事ではあるが、それを提供する事は簡単な事ではない。それを実現する為には常識を打ち破らなくては始まらない。

関連タグ
男性 1950年代生まれ 東京23区内の会社 ユーモア 名物社長

タマホーム株式会社

ヤンチャでお茶目!?1500年の歴史を誇る建設業界にメスを入れ「住」の頂点に上り詰めた入れた玉木社長の足跡に迫る!

氏名 玉木 康裕
会社名 タマホーム株式会社
出身地 福岡県
出生年 1950年
年 表
1950年 0歳 福岡県筑後市に生まれる
1966年 15歳 福岡県立八女高等学校 入学
1969年 18歳 福岡大学商学部 入学
1973年 22歳 筑後興産 入社
1980年 30歳 アメリカへ渡る
1992年 42歳 「ローコスト住宅システム」を開発
1998年 48歳 タマホーム株式会社設立
1999年 49歳 モデルハウス一号店(筑後市)オープン
2000年50歳 モデルハウス1号店を福岡県筑後市にオープン
2002年 52歳 本社を福岡市に移転(自社ビル取得)
2004年 54歳 関西本部を大阪に開設(自社ビル取得)
2005年 55歳 本社を東京に移転(自社ビル取得)
2006年 56歳 売上高783億円(5月期)
座右の名 為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり
幼少〜学生時代 まさに「ガキ大将」そのものでした。
起業のきっかけ 平成3年、日本が不況になり、建設業も減りどう生きていったらよいのか困惑しました。当時、「衣」の業界では山口県でユニクロが、どんどん新しい挑戦をされ、大分県では「ローコストレストラン」の伸び盛りのジョイフルがありました。我が社は代々大工から始まった建設会社。ならば、原点に戻って「衣・食・住」の「住」をやろう!! ユニクロのように安くて高品質な家を提供していこう!! と考え決断しました。
ターニングポイント 30代の頃、住宅の勉強にアメリカに行った際に、広々とした家が低価格で建つという現実にカルチャーショックを受けました。以来、「日本の住宅は高すぎる。庶民の夢、住まいこそアメリカのようにあるべきだ」と思い続け、お客様に喜ばれるローコスト=適正価格の家の提供を・・・と試行錯誤してきました。
究極の選択 48歳の時に、タマホーム株式会社を設立したことです。当時、戸建ての価格は一般に坪単価50万円位だったので、その半額の価格で住宅提供を行おうとした所、毎年、毎年、赤字が続き、結局その時勤めていた兄の経営する会社を辞めさせられました。そこで、タマホームを設立する事にしたのです。
今後の目標 もっともっと、商品のグレードアップを図り、お客様の為の家づくりを目指していきたいです。
企業名 タマホーム株式会社
所在地 東京都港区高輪3-22-9
業種 建設
不動産 - 不動産取引
不動産 - 不動産賃貸・管理
設立 1998年
資本金 8億7,600万円
従業員 3,024名(2011年5月現在)
事業内容 土木・建築・設計・不動産業・損害保険代理店業
URL http://www.tamahome.jp