KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

がんこフードサービス株式会社小嶋淳司

自覚的な人が集まり、初めて組織ができる

がんこフードサービス株式会社 小嶋淳司
この映像・情報は 2008年7月 当時のものです

内容

商売が好きだという気持ちだけが自分の支えになった。思いは形になり、多くの感動を生むことになった。本当に良いものを突き詰めた時、成功へのヒントを知った。それは素朴な疑問だった。

関連タグ
男性 1930年代生まれ 関西地方の会社 家族 創業

がんこフードサービス株式会社

わずか4坪半の寿司屋からスタートし、現在では、およそ100店舗にまで会社を拡大!成功した背景には「徹底した研究」という並々ならぬ努力があった。

氏名 小嶋 淳司
会社名 がんこフードサービス株式会社
出身地 和歌山県
出生年 1935年
趣味 ゴルフ・ラグビー観戦
座右の銘 活人
尊敬できる人 松下幸之助
日本を背負う若者へのメッセージ 今一番大切な事は自立するという事なんじゃないかなと思います。自らの力で全ての世の中の事に立ち向かっていく事。困難にあたった時に普通はそこで諦めてしまいます。普通の人が諦めた時にもう一つ何か方法は無いか、もう一歩前に進めないかという形で進められたら、その「もう一歩」が実は大きな壁を抜ける力になり、またこの壁を抜けたら何かがあります。そうすれば何か自分に大きな力がつくという事でそれがまた楽しみになってきます。それが実は人生を楽しむという事に繋がるのではないかと思います。
幼少期に覚えた商い 父親は私が9歳の時に亡くなりました。母親が女手一つで6人の子どもを戦中戦後育ててくれました。その苦労の原因で母は一時病気になり、雑貨店を続けられなくなりました。当時姉達は嫁いで兄達は大阪にでていたりして、家に残っていたのは私一人。閉店となってはいけないという想いで引き受けました。学生服を着て坊主頭でやっている商売、相手にされるはずありません。しかし、本当に自分が自信がもてるものを並べたら、それに対して大人の人達は掛け値なしに評価してくれました。こんな有り難い事はない、自分は一生商売人として生きていこうと思いました。
寿司屋を研究する 自分なりに調べたら、寿司屋が一番儲かっていた優位な条件だったので、寿司屋をやってみようと思い立ちました。そのためには寿司屋を知ったり技術を身に付けたりしなければいけない。まず開店から閉店までお客さんの数を調べました。そして自分で食べに行き単価や売り上げを調べました。それを平日と土曜日曜を作ったら1ヶ月の売り上げが分かりました。そういう資料を50店分こしらえました。寿司屋は当時は「時価」という売り出し方が多かった。私は全部に価格を書きました。物を売るときに価格の札無しに売れないと考えました。魚は高い時と安い時がありますが、それならば平均を取ればいい。平均が価格だから高い時損をしても安い時儲かるから平均価格で売ればいい。平均を取るという技術があれば変動価格をつける必要がありませんから。
基盤は人 最初は一人前の職人が欲しいと思い、その次に店舗数が増えてくると今度は優秀な店長が欲しいという風に人材の資産が随分変わってきます。ところが最初は育つ基盤がありません。職人ばかりいる環境で店長を選出しても、職人としては優秀でも優秀な管理者にはなれません。「年功序列」では育ちません。飛び越えなければいけない。新しい事をどんどん飛び越えさせました。要は人の自覚を持たざるを得ない。自覚ある人の動きが組織的になっていって初めて大きい組織が出来上がっていくと思います。
経営を持続させる品質と意欲 私が始めて商売を習った時のように、どこまでお客様に納得して満足してもらえるかという質的な問題をしっかり確認していく事、それからそれを今期どこまでやるという事の目標をしっかり持つ事が大事だと考えております。それは必ず数値が付いてこなければならない、それをしっかり実現していこうという意欲を持ち続けていきます。
企業名 がんこフードサービス株式会社
所在地 大阪府淀川区新北野1-2-13
業種 飲食店・宿泊 - 一般飲食店
サービス - 労働者派遣
設立 1969年
資本金 9,500万円
従業員 約3,500名(うち正社員約730名)
事業内容 「旨くて、安くて、楽しい」をコンセプトに「和」の伝統文化を大切にしながらも、若手のアイデアを中心に様々な新業態にも挑戦。 効率化やコスト削減が叫ばれる社会の流れをまるで無視して、バカ正直なまでに「本当に喜ばれるサービスや本当においしいものをリーズナブルな価格で提供すること」を追求しているフードサービス企業。 現在の業態としては、和食・寿司・炉端焼き・居酒屋・とんかつ専門店・手作り豆腐専門店・ニュー和食・韓国料理などの経営を幅広く行っています。 フードサービスにとどまらず、物販、中食、ケータリング、人材派遣などの事業にも進出しはじめています。
URL http://www.gankofood.co.jp/