KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

シントン株式会社チンシンキン

永遠に残る会社を創る

シントン株式会社 チンシンキン
この映像・情報は 2009年11月 当時のものです

内容

勇敢に歩んでいけば世界への扉は必ず開く、と語る賢者。どんなに製品に自信があっても経営環境が悪ければ足下がぐらつく。そこで歩みを止めれば全てが終わりだ。そうした挑戦者が叶えてきたもの。飛行機でもなんでもいい。挑戦者の愚直な情熱だけがイノベーションを起こす。

関連タグ
男性 1960年代生まれ 海外の会社 熱血 海外

シントン株式会社

グリーンレーザー製品において、世界一を誇る企業。「勇敢に歩んでいけば世界へのは扉は必ず開く」と語る賢者のバイタリティーの源とは!?

氏名 チン シンキン
会社名 シントン株式会社
出身地 台湾
出生年 1960年
趣味 読書、散歩、世話焼き
休日の過ごし方 登山、家族で集まる
座右の銘 自分の事は自分でなんとかする 他人を助ける
尊敬できる人 松下幸之助
現在の仕事の魅力と苦労 魅力は新製品・新経営方式の開発 苦労は人材集め
日本を背負う若者へのメッセージ 夢を持て、努力し続けよ、常に自信を持ち、信じろ。
幼少~学生時代 父親は小規模の商売に従事していました。常に人の世話を焼いていたため、人間関係は良好で周りからの評判がよかった。私も父のような楽しく、幸福な家庭を築きたいと思っていました。学生時代は生徒会長として、ボランティアで授業をしたり、先生や企業側との交流が多かったと思います。
社会人時代 社会人になったばかりの頃は、会社ができるだけ大きな利益を得られるよう、自分の本分を尽くしたいという思いをもって働いておりました。仕事の中で、更に良い仕事環境を作り上げたいという理想像が自然に浮かびました。更に多くの人材が入れるような舞台を構築したいと思うようになりました。
起業のきっかけ 最初に勤めていた会社の企業文化は自分が構築したかった企業文化と離れていたため、独立を決意致しました。光学産業の迅速な発展が見えてきたのでその分野で起業する事にしました。
起業当初 主に市場、顧客、メインの技術を把握して、特許とOEM生産が中心のビジネスモデルでした。創業しはじめは、無経験の産業と製品に臨んだことで苦労致しました。一番小さい規模から始めたのですが、当時業界の世界上位3社を取引先として設定しました。生産ラインがまだ完璧ではない状態で取引先の発注を受け、会社の将来的発展に良好な基盤を作りました。また、特許問題で裁判になったことがあったり色々な困難と危機に直面しましたが、なんとか順調に解決でき、総体的にみて順調だったと思います。
今後の目標 なごやかで楽しい会社をつくることです。
日本人が台湾で成功する為のアドバイス 日本と台湾の技術とそれぞれの人材の優れた部分を合わせ、共に世界市場で努力することが大切だと思います。
企業名 シントン株式会社
所在地 台北市大安区信義路四段335巷3号4F
業種 サービス - コンサルタント
設立
資本金 8000万台湾ドル(約2.24億円)
従業員 500人
事業内容 レーザー研究・および関連応用製品の開発
URL http://www.laserss.com/