KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

株式会社アイスタイル吉松徹郎

夢を実現する場所

株式会社アイスタイル 吉松徹郎
この映像・情報は 2013年2月 当時のものです

内容

現在の職場に不満を抱いている人、将来に不安を抱えている人必見です。今の職場で夢を実現できないなら自分で作れば良い。どんな困難に立ったとしても絶対に何か解決方法は見つかるはず。賢者の生き様を見ていると、自分の未来を目を輝かせて語る賢者を見ていると、自分のやっている事を信じる重要性を感じるはずです。

関連タグ
男性 1970年代生まれ 東京23区内の会社 創業 ユーモア

株式会社アイスタイル

@cosme(アットコスメ)の企画・運営を手掛ける株式会社アイスタイル。転機を迎えた賢者の判断は・・・。

氏名 吉松 徹郎
会社名 株式会社アイスタイル
出身地 茨城県
出生年 1972年
こだわり 本質を見る事
趣味 漫画を読む事
休日の過ごし方 漫画を読む、映画を見る
座右の銘 「折れない心」
心に残る本 『精神と物質−分子生物学はどこまで生命の謎を解けるのか』(立花隆、利根川進)
尊敬できる人 ぶれない人
現在の仕事の魅力と苦労 仕事の魅力は業界の仕組みを変えていけることです。新しく仕組みを作るのは楽しくもありますが、サービスの無いものを説明する事に苦労しました。
日本を背負う若者へのメッセージ 僕が皆さんに伝えたい事は、世の中は本当に変わるという事です。僕がビジネスを始めた15年前、学生だった20年前、今とは全く違います。皆さんが持っている感性がこれからの時代を動かしていきます。自分の生きていく道やこれからの世の中の可能性を信じて、是非皆さんで新しい時代を作って頂きたいと思います。私も皆さんに負けないように頑張りたいと思います。
幼少~学生時代 学生時代はアメフトをやったり、アルバイトをしたりと、特に起業の準備もインターンシップもしない本当にどこにでも居る普通の学生でした。 学生時代から起業を考えていたり、社長になりたいという夢があった訳ではありませんでした。就職活動も目的を明確にしておらず、いろんな業界、いろんな会社を受けていました。当時就職氷河期と言われていた時代でしたが、運良く何社か内定を頂く事が出来ました。しかし、会社を選ぶ段階で自分が本当に何をしたいのか分からなくなってしまい、このままではどの会社を選んでも「あっちの会社の方が良かったのではないか」と後悔してしまうだろうと思いました。そこで全ての会社の内定を辞退しました。就職浪人をし、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社を決めました。
社会人時代 就職活動が上手くいったので、鼻高々で入社したのですが、入ってみるとこんなに頭が良い人がいるのか、こんなに先輩は仕事ができるのかと愕然としました。先輩や上司との差を少しでも埋められるように猛勉強し、プライベートや仕事関係なく、一人前になるためには何をしたら良いかという視点で二十四時間動いていました。「仕事をする」という事を学びました。「時間で仕事するのではない、アウトプットだ」という事を徹底的に教えられた事と仲間がたくさんいた事がアクセンチュア時代の僕にとっての財産です。
起業のきっかけ 当時、コンサルタントの仕事をやめるつもりはまったくありませんでした。しかし、化粧品会社に勤務して商品開発をしていたパートナーの山田(現在アイスタイル取締役、アイスポット代表取締役社長を務める山田メユミ氏)が、使った化粧品の感想を人に伝えようとメールマガジンの発行を決め「まぐまぐ」上で会員の募集を行いました。すると、発行前にもかかわらず550名を超える登録ユーザーが集まったのです。当時、最大のユーザー数を誇っていたまぐまぐで最も発行部数の多いメールマガジンが2700部程度だったことを考えると、驚異的とも言える数字でした。このことが、わたしが化粧品業界に注目することになった大きなきっかけです。1999年当時、インターネットを利用している女性はまだ少ない時代でした。ITを活用したマーケティングの話はたくさんありましたが、化粧品に特化すればビジネスチャンスがあるかもしれないと思い、化粧品業界に興味を持ち始めました。化粧品業界は1兆5000億円のマーケットと言われ、広告予算を占める割合が大きく、成熟産業であるため「ネットなど、新しいマーケティング手法が活かせるのではないか」と考えました。そこで、従来のマーケティング手法によらない新しい手法、自発的な声を蓄積してユーザーや化粧品メーカーにフィードバックする方法はないか、と考えたことが@cosmeの始まりです。事業のことを考え始めてから2ヵ月後の1999年7月、ボーナスと結婚準備資金を元手に、資本金300万円で有限会社アイスタイルを設立しました。
起業当初 最初から起業しようと決めてからの出発ではなかったので、準備しているものも何もなく、本当にお金もモノも、机とPCさえない状態でのスタートでした。気づくと、夜の7時を過ぎるころから小さな部屋に20~30人の人が立ち代り入り、さながら文化祭の準備をするような雰囲気の中アイスタイルはスタートしました。
今後の目標 まずは化粧品業界の中でユーザーと企業をつなげる仕組み作りを確立したいと考えています。そして、世界にも目を向けて日本と世界をつなげるように仕組みを作っていきたいと思います。
企業名 株式会社アイスタイル
所在地 東京都港区南青山1-26-1
業種 情報通信 - 情報処理・提供サービス
サービス - 広告
設立 1999年
資本金 15億3110万
従業員 283名(2012年6月末日現在)
事業内容 美容系総合ポータルサイト@cosme(アットコスメ)の企画・運営、関連広告サービス、マーケティング、リサーチサービスの提供
URL http://www.istyle.co.jp/