株式会社東京さくら印刷
萩尾 裕茂

この映像・情報は 2010年6月 当時のものです

衝動、性分、経験と自信

その人のキャリア、ルーツにどうして賢者.tvが迫るのかと言えば、キャリアやルーツは絶対に”今“を裏切らないし、努力無しに成功をした人をフォーカスしてもあまり面白そうじゃないからだ。現場のキャリアから得た豊富なキャリアがどうしてユニークな会社経営になるのか?それを感じる。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 萩尾 裕茂
会社名 株式会社東京さくら印刷
出身地 愛媛県
出生年 1966年
趣味 野球、映画
休日の過ごし方 野球関連・映画
座右の銘 「心をみがく」
尊敬できる人 両親・小学校時代の先生・妻
現在の仕事の魅力と苦労 場面によって異なるので苦労の大小は必ずしも比例するとは思いませんがお客様よりの受注であれ自らのオリジナルであれものを生み出すことは出来上がったときの感動や満足感を与えてくれると思います。そしてそれを見(観)たり手にしたりした人たちの影響をも受け止める、感じることができるのは素晴らしいことだと思っております。
日本を背負う若者へのメッセージ 自分がやりたいと思うことをいつも心にとめておけばそれが近づいてくるチャンスは大なり小なりあると思います。そのとき「やればできる」と信じて行動してみる事が大事です。「やったらできた」といえるよう日々いろいろなことにアンテナを向けていることが大事だと思います。

賢者ヒストリー

  • 幼少~学生時代

    特に小・中学生の時代は言葉の裏を読む事を楽しんでいたように思います。学級委員的な役回りから司会等を任され、まとめ役をよくしていました。運動系も野球少年でできる方だったと思いますが美術系も好んでいたため、絵を描いたり模型をせっせと制作したりもしていました。今でこそ立場上、当然のことながら経理処理をしておりますが当時から真性の文系人間だと自覚していた自分にとってそれは想像だにしない事だと思います。

  • 社会人時代

    まず、内装業(設計・施工管理)から建築士事務所(製図・イベント企画、デザイン)を経て知人たちと販促品等の企画・製作・生産を始めました。後にこの経験や知識が現在に至る何でも生産すること、できる事に対しての礎になっていると思います。

  • 起業のきっかけ

    基本はやはり自分の思うままにやりたいと言うことだと思います。芸術家肌なのかもしれませんが根底には自分でものを産み出したいと言う気持ちはずっとあったと思います。どの起業家の方もそうだと思いますが、結局はなによりも自分でやりたい事があったからだと感じます。

  • 起業当初

    昔も今も当然ですが人のつながりが大切だと思います。お客様はもちろんですが自分のような者が仕事を完成させていくにはなによりも製造・生産に協力していただける下請けさんあってこそといつも意識し、気持ちや実行のバランスを考えております。逆に自分のような微力な者でも立場が変わり協力できる機会があれば惜しまぬようにしていくようにも考えております。

  • 今後の目標

    よく言うことなのですが自分としては今後大切なアイテムは「出版」・「インターネット」・「映像」の3つだと考えています。そして各々の要素は単独でなく絡みながらいろいろな場面で成果を産むと考えております。この点を意識して作り上げていく事が目標です。

会社概要

企業名 株式会社東京さくら印刷
所在地 東京都千代田区神田和泉町1-7-3
業種 情報通信 - 映像・音声・文字情報制作
サービス - 広告
その他
設立 1994年
資本金 1000万円
事業内容 印刷業
URL http://sakuraprint.co.jp/

関連動画

RSVP オリベリオ ラペラル ジュニア

RSVP

オリベリオ ラペラル ジュニア

ウェーディー株式会社 シンチン シンロン

ウェーディー株式会社

シンチン シンロン

象印マホービン株式会社 市川 典男

象印マホービン株式会社

市川 典男

カノン・アンド・アルアンピトゥ デッディ アルアンピトゥ

カノン・アンド・アルアンピトゥ

デッディ アルアンピトゥ

浙江海港超市連鎖有限公司 朱 正耀

浙江海港超市連鎖有限公司

朱 正耀