KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

株式会社リョーワ田中裕弓

キーワードは「存在価値」

株式会社リョーワ 田中裕弓
この映像・情報は 2012年5月 当時のものです

内容

本当に求める経営の理想像。賢者はそれを追い求めるため、数年間の歳月をかけた。人に認められるため、業界に認知されるため、賢者は一つのキーワードを掲げた。それは、誰もが生きていく為に必要とされるもの。賢者が思い描く理想の先には明るい未来が待っている。

関連タグ
男性 1960年代生まれ 九州地方の会社 イノベーション 熱血

株式会社リョーワ

油圧機器販売と修理、油圧メンテナンス、配管工事、外観検査装置の設計と製作を営む株式会社リョーワ。油圧のプロ集団を率い、油圧に人生を捧げた男の信念に迫る。

氏名 田中 裕弓
会社名 株式会社リョーワ
出身地 福岡県
出生年 1963年
こだわり やりたくないと思ったらやる
趣味 仕事、読書
特技 コーチング
休日の過ごし方 休みがほとんどありませんが、家族と過ごすこと
座右の銘 「和と向上心」
心に残る本 『修身教授録』(森信三)、『指導者の一念』(木野親之)
尊敬できる人 松下幸之助、吉田松陰
現在の仕事の魅力と苦労 仕事を通して、社員さん、仕入れた部品、お客様の機械の存在価値を高めることができることです。止まっている機械をお客様の想像以上のスピードで復旧させた時のお客様の笑顔と感謝の言葉は最高です。逆になかなか復旧できない時は大変です。ですから経験だけでなく、勉強することが大切です。
日本を背負う若者へのメッセージ 私たちがいま普通に生活できているのは、これまで先輩たちが頑張ってきてくれたからです。私たちは君たちが幸せに生活できるようにいま一生懸命頑張っています。君たちは君たちの次の世代が「日本って本当に良い国だ」と思ってくれるような国になるよう頑張ってください。長い人生色々あります。良いことも有れば悪いこともあります。朝の来ない夜はありません。一喜一憂せず、あなたという存在を生かし切って下さい。将来を創るのは誰でもありません。あなた自身です。
幼少~社会人時代 幼少の頃は決して裕福ではなく貧しい家庭に育ちました。小学生まで六畳一間の長屋に両親と妹の4人で生活をしていました。おとなしい性格で、人前に立つとすぐに顔が真っ赤になっていました。中学の時はバレーポール部、高校時代は剣道部に所属し、大学受験は一度失敗し、予備校生活も経験しました。大学時代はバイクとアルバイト三昧の日々にくれ、日の出前からカーブの多い峠道をよく走っていました。アルバイトは、喫茶店、レストラン、居酒屋、観光ホテル、観光バスの添乗員、交通量調査員、テキヤなど色々経験しました。掛け持ちでやっていましたから月の休みは2日程度でした。年を重ねて思い返してみると、高校時代の剣道と居酒屋のアルバイト、そして何より幼少の頃の貧しい生活が、いま経営に対する考え方に大きく影響を与えています。
社会人時代 大学を卒業してすぐに電子部品会社へ就職しました。若いうちから色々なことを経験させてくれる会社でした。その後、様々な企業で働いた全ての経験がいまに生きています。5年間でしたがビジネスのべースができた期間です。当時は良く働きました。その日のうちに帰れないことがほとんどでした。一番最初に就職した電子部品会社で働いたことは私の誇りでもあります。
就任のきっかけ 本社勤務時代に湘南海岸を歩いていたときのこと、汚れた小さな貝が私の目にとまりました。その時「ここにある目立たない砂の一粒で人生を終わらせたくない。せめてこの貝のようにこの世に存在していることが分かる人間になりたい」と思いました。それから次第に自分で会社を経営してみたいという気持ちが膨らんでいきました。そんな折に父から「地元に戻って会社を手伝ってくれ」と言われ、思い切って退職することにしました。そして11年後に社長に就任しました。しかしスムーズな継承ではなく、私が経営権を奪ったような形での社長就任でした。
就任当初 当時「今後は油圧駆動システムから電気駆動システムへの移行が進む」と言われていました。「このままでは会社の将来はない」との強い思いで経営権を父から奪ったようなものです。ですから本当に大変でした。父が社員さんに対して、裏で毎日のように私の批判を繰り返していました。小さな会社に代表が2人いる状態です。社長に就任して9年が経ちますが、実は未だ引き継ぎは何もありません。全て自分で経営について勉強してきました。これが結果的に良かったと思います。まさに第二創業です。最近は父との関係も随分良くなりました。
今後の目標 油圧メンテナンスでの当社の認知は少しずつですが、拡がっていきました。今後を考えて「油圧メンテナンス」という事業領域から「油圧にひときわ詳しい機械メンテナンス屋」と、事業の幅を拡げているところです。加えて新事業として部品の外観検査装置の設計、製作に取り組んでいます。2年後には中国、大連に進出予定です。いま日本の製造業は大きな岐路に立っています。しかし戦後日本がここまで成長できたのは製造業、加工貿易のおかげです。私たちはメンテナンスと外観検査装置で日本の製造業を陰から支えていきたいと思います。「日本だったらリョーワにまかせたら間違いない!」と言われるような少数精鋭の会社を目指していきます。
企業名 株式会社リョーワ
所在地 福岡県京都郡苅田町鳥越町10-5
業種 サービス - 専門サービス
設立 1973年
資本金 2,000万円(2012年5月現在)
従業員 25名(2012年5月現在)
事業内容 油圧機器販売と修理、油圧メンテナンス、配管工事、外観検査装置の設計と製作
URL http://www.e-ryowa.com/