KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

東京新建装株式会社黒崎史朗

運命がそうさせた

東京新建装株式会社 黒崎史朗
この映像・情報は 2013年10月 当時のものです

内容

彼は高校1年生の時に既に人生が決まっていた。それは父の想いを守り抜くという人生を懸けた戦い。彼の覚悟に導かれるように人生の道を切り開かせた。運命というものを感じられずにはいられない映像となっている。

関連タグ
男性 1970年代生まれ 関東地方の会社 クール 継承

東京新建装株式会社

外壁リフォームや内装リフォームを中心に建築業を営む東京新建装。新たなチャレンジを続ける会社に迫る。

氏名 黒崎 史朗
会社名 東京新建装株式会社
出身地 東京都
出生年 1970年
こだわり 出来るまでやる!
趣味 ゴルフ
特技 誰とでも仲良くなれる
休日の過ごし方 ゴルフ・仕事
座右の銘 『不言実行』
心に残る本 「人を動かすひとになれ!」(永守重信)
尊敬できる人 母、亡き父、亡き育ての祖母、経営を教えてくれた亡き叔父
現在の仕事の魅力と苦労 苦労はありません。お客様にオリジナルの提案をし、スタッフ皆で力を合わせ、高品質、安全で満足してもらい笑顔を見ることが幸せであるからです。
日本を背負う若者へのメッセージ どうでもよいことを妥協せず、思い悩み試行錯誤し実践の中で鍛え、継続することが大切です。そして何より、両親や家族、人への感謝の気持ちを忘れないで欲しいと思います。
幼少~学生時代 私の祖父は外国人なので日本人的な環境では育ちませんでした。父は今私が継いでいる会社を設立したばかりであまり自宅にはいませんでした。幼少のころからスポーツが好きで野球チームに所属してました。足が速かったので、ショートと1番バッターを任され小学校4年生で副キャプテンを任されてました。その後ゴルフを始め熱中していました。学校の勉強はいまいちでしたが、沢山の友達に恵まれ楽しい学生時代でした。中学生のころから土木作業のバイトを夏冬休みにフルにして貯金をしてました。高校卒業後Hawaiiに行き勉強をしていましたが、黒人のダンスに憧れ弟子入り。当時はあまり流行ではありませんでしたが、Hip Hop系のDanceに熱中し色々なclubで踊ってました。その時は派手な衣装で踊りまくりまたまた熱中してました。幼少のころからすべてのことに対し熱中するとそればかり。今現在も食べ物でもひとつ気に入るとそればかりです。
社会人時代 当社は、私の父が設立した会社です。父は私が15歳の時他界しているので一緒に仕事をしたことはありません。23歳の入社時は私が二代目と言う為か、冷たい視線がありました。当然自分も通常の入社と違うので覚悟はしていました。ただ、日々がむしゃらに皆に食いつき、お客様から問合わせがあってもすぐに答えられるようになると決め、1年間は睡眠もろくにせずカタログを読んだり建築本や専門用語本を読みあさり、先輩社員の作成した書類をひたすら読み返しました。1年後いつの間にか専門用語もスラスラ話せ、見積も一人で作成できるまでになっていました。あとは、自分の感覚を磨くだけと思い、色々な人と会い、話しました。会社経営は叔父が見てくれていて、とにかく営業と技術を磨くのに没頭する毎日でした。仕事が終わり叔父の所に毎夜報告しに行くと、夜中まで時には朝方まで経営術を学びました。その叔父も私が30歳の時に他界してしまいました。
就任のきっかけ 30歳のときに、大手ゼネコン様の協力会社役員理事に抜擢され、それを機に代表取締役に就任しました。その前は、仕事の内容は営業、経理、経営をしたり、ときには現場に出て皆と一緒に、現場の仕事を一晩中したこともあります。23歳で入社し30歳で専務取締役の肩書でした。当時まだ、建設業界は古い体質があり、若くして代表に就任すると「小僧が・・・」との目で見られます。当然、自分自身も先代の息子など言われたくなかったので、皆に認めてもらえるまでは代表になる気はありませんでした。当然悔しい思いも沢山しました。そんなとき、お客様や協力会社役員理事の方々からの推薦で理事になり、就任の決意をしました。
就任当初 協力会社役員理事に抜擢されたのはとても嬉しかったです。普段お話のできない方々と突然話す機会が増えたり、社長就任前と変わらない仕事をしているのですが、代表の肩書が付くだけで周りの目や態度が良くも悪くも急変しました。正直戸惑いばかりでしたが、何より「責任」と言う重い重圧がありました。「もし・・・」「もし・・・」ばかり考え、当然夜も眠れませんでした。相談したくても父、叔父、祖母、誰もいません。当然母や社員には言えず、苦しかったです。でも、お客様に恵まれ「ありがとう」と言う言葉、メーカーさんや協力会社の皆からの暖かい気持ち、スタッフの力があるから大丈夫と決心し「必ずできる、やる、達成する、成功する、絶対に!」と心に決めました。すると何故か、仕事や良い人材、お客様に恵まれ自分のやりたいことが少しずつですが前に進み出しました。毎日「感謝の気持ちを忘れずに」行動しています。
今後の目標 現状のお客様にもっと満足して頂き、新規のお客様にも安全、高品質、オリジナルの提案力で喜んで頂き、お客様からお客様へを伝えたいです。そして、もっと世の中に貢献できる商材、商品開発にも手がけ日本中の人が幸せになり、「あの会社だよ!」と1人でも多くの人から言われる会社になりたいです。先代が作った会社の社訓「誠意で築く明日の繁栄」を忘れずにこれからも常に前向きで社員、協力会社一同で、躍進します。絶対に後戻りはしません。「必ずできる。達成する。やる。成功する。絶対に!!」と言う気持ちを忘れないでください。
企業名 東京新建装株式会社
所在地 神奈川県横浜市青葉区新石川2-13-18
グレイスビーノ303
業種 建設
設立 1972年
資本金 1000万円(2013年10月現在)
従業員 15名(2013年10月現在)
事業内容 内装・外装リフォーム全般、床滑り止め施工、光冷暖設置工事、外断熱工事
URL http://www.tokyoshinkenso.com/