KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

ジィチイ株式会社ヨウリショウ

会社の社運を賭けた大改革

ジィチイ株式会社 ヨウリショウ
この映像・情報は 2009年11月 当時のものです

内容

小回りが利くはずのベンチャー企業に大改革が必要になった時、思う事は一つ。経営者の強い信念が問われる。なぜ、やるのか。賢者はその後「全員参加型」という選択をした。社員一人一人が責任を意識することが叶える会社の強さ。その選択さえも賢者の選択に間違いはないが。

関連タグ
男性 1950年代生まれ 海外の会社 ユーモア 熱血

ジィチイ株式会社

LEDの可能性に魅せられ、人生を賭けた賢者。会社の社運を賭けた大改革、それはLED事業の一本化。賢者はいかにして成功を勝ち取ったのか。

氏名 ヨウ リショウ
会社名 ジィチイ株式会社
出身地 台湾
出生年 1958年
趣味 問題の解決
休日の過ごし方 家族で集まる
座右の銘 焦点を結ぶ・常にアイデアを・行動に起こす
尊敬できる人 黄光弘 取締役
現在の仕事の魅力と苦労 仕事を楽しむためには、不定期的に世界中の顧客を訪ね、顧客の需要を理解したり、様々な展示会に参加して、市場の状況を把握したりすることが重要だと思います。
日本を背負う若者へのメッセージ 的をしっかりと見据えて、他と違うアイデアを出し、行動を起こせ。
幼少~学生時代 父親は家具工場を経営していました。弟と妹がいて、兄弟3人ともアメリカの研究所を卒業しています。
社会人時代 社会人になった当時は、『セブンイレブン』を開設しようと思っていました。なぜなら、当時加盟店が少なく、毎日現金の収入があったからです。聚積科技は1999年6月25日に設立しました。設立した動機は、当時既に飛躍的に発展していたLED産業に注目したということです。ブルーLEDは『日本日亜化学株式会社』が1993年に研究開発し、黄色蛍光剤が覆われたブルーLEDとホワイトLEDも1995年~1997年に研究開発されました。上記2つの成功は将来的にLEDがICをドライブさせる需要を必然的にするものだと考えられます。また、マイクロ電気技術によるインクジェットは長年政府の援助のもと、製品の研究開発および技術も日々熟成しつつあり、そのため弊社は創業当時LEDによるICおよびインクジェットドライブウエハを主とした製品を会社の主要発展を考えていました。また、起業に関しては学生時代に指導してもらった教授の影響を受け、意識し始めました。黄光弘取締役との出逢いは自分にとって大きな意味を持つものだったと思います。
起業のきっかけ 元勤務先(旺宏電子社)の体制立て直しと、LED産業の明るい前途を見込んで起業を決意しました。最初は、製品のデザイン・開発と販売を中心に、OEM(Original Equipment Manufacturer)製造でリスクを下げました(台湾の密封テスト産業構造は完璧でした)。
起業当初 会社設立時、最初に研究開発したプロジェクトはLEDによるICドライブとインクジェットドライブのウエハでした。当時の聚積科技は従業員20~30人で、製品技術および国際市場での売り上げ能力が欠落し、経営面でも困難に直面していました。また、インクジェットドライブウエハはなかなか利益を得る製品ラインになれず、経営危機は更にふくらむ一方でした。会社設立から4年目(2003年)、業績がないだけではなく、経営上でも最悪の挑戦でした。製品技術改良と開発に持続的に投資してきたため、資金不足にも直面しており、更に、多くの製品の研究開発に集中しすぎて、業績を上げられない状況でした。そのため、大きな経営転換を行わなければ、会社は瀕死確実だったのです。その会社が一番辛かった時、『智基』社が資金を投入し続けてくれました。また、『智基』社の張社長から「キャリアがあり経験が豊かなスーパーバイザーを採用するべきだ」という助言をいただき、2003年、取締会と会社の運営方式を大幅に変えました。過去の取締会は全てファミリーになっていたため、会社経営に厳しい批判ができませんでした。『富鑫』社の取締会への加入により、ファミリー取締会を退出させ、同時に、経営と管理に勘能な2人の業界関係者を独立取締役に任命し、取締会の監督機能が向上しました。企業経営の成功は、細かな作戦力と実行力と密接な関係にあると思います。4年間のシステム化、制度化の調整を経て、確実に「全員参加・経営満足」を実現させた。会社の経営は社長1人の責任ではない、従業員それぞれの共同責任であります。毎週事業内容の検討・トレーサ・改善、「話す・書く・一致する」というISO精神を定着させました。従業員1人1人に入社初日から企業文化を強く感じさせ、強い企画力、情熱、を持つよう要求しました。
今後の目標 会社の方向性としては、LED照明とLED背光製品を製造していきたいと思います。欧米、中国、日韓といった新たな照明市場も開拓したいですね。台湾の部品製造は成熟しているので、日本と台湾が協力すれば利益を得ることができるはずです。
企業名 ジィチイ株式会社
所在地 新竹市埔頂路18号
6F-4
業種 サービス - コンサルタント
設立 1999年
資本金 328,110,000元(約8.9億円)
従業員 127名
事業内容 集積回路のテストと研究開発・電子材料の卸売と販売・国際貿易・製品外観デザイン
URL http://www.mblock.com.tw/