KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

ロート製薬株式会社吉野俊昭

働くはカッコイイ!!

ロート製薬株式会社 吉野俊昭
この映像・情報は 2012年3月 当時のものです

内容

目薬や胃薬でおなじみロート製薬。賢者が入社した当初は社員数13人。そこから1000人を超える企業にまで築き上げた。バリバリの営業マンだった賢者のバリバリ働く姿は経営者として、賢者として実にカッコイイ!

関連タグ
男性 1950年代生まれ 関西地方の会社 名物社長 サクセス

ロート製薬株式会社

創業以来「こだわり」と「挑戦」の企業努力でヘルスケアにかかわる広範な商品の開発と新市場の開拓に力をそそぐロート製薬株式会社。さらなる高みを目指す賢者の思惑とは・・・?

氏名 吉野 俊昭
会社名 ロート製薬株式会社
出身地 静岡県
出生年 1950年
こだわり 音楽と食べるもの
趣味 音楽(オーディオ)と家電収集
特技 ドラム、ギター
休日の過ごし方 だらだらショッピング
座右の銘 「感謝の気持ちと奉仕の心」
尊敬できる人 会社の先輩たち
現在の仕事の魅力と苦労 広く見識を身に付けることができることが魅力です。また、全部を頭の中に入れ込むのが不可能な点で苦労をしています。
日本を背負う若者へのメッセージ 自分が活かせるものが何かを自分自身に常に問い続けて下さい。
幼少~社会人時代 小学校時代は背が高く、その時代の友達との上半身の写真を見た人は「階段の所で撮ったの?」と必ず聞いてきます。当時、体が大きかったので、体力勝負でハンデをもらいスポーツは結構よく出来たと思います。また、その頃の食欲は旺盛でかなりの量を食べていました。中学以降は身長は同級生にドンドン抜かれて普通の人になってしまいました。
社会人時代 結婚して早々の頃は家にまっすぐ帰らないという度に、先輩に「早く帰れ!」とよく怒られました。その時は、「新婚でそそくさと家に帰るのは男じゃない」というわけの分からない理由を勝手に自分で思い込んでいました。社会人になってから出会った人に恵まれているなと思います。本当に良い先輩・後輩にめぐり合っていると思います。お酒は社会人になってから、その才能をメキメキと発揮するようになったと思います。
社長就任のきっかけ 当初、お断りし続けていましたが、現会長から、「この会社の中で一番近い価値観を持っているのが吉野だ。」と言われたのがきっかけです。そう言われたら逃げるのは卑怯になるのかもと思いお引き受けする事になりました。
就任当初 前任の社長がスーパーマンだったので、当初はその域に達しなければとかなり焦ってストレスがありました。しかし、前社長から「私は私流、吉野は吉野流で良いのだ。」という言葉を掛けられ落ち着いたように思います。見聞きする範囲が全方位になったので、すべてを理解しなければと当初は必死だったように覚えています。
今後の目標 人にはそれぞれその人にあった役割があるはずです。私自身の役割は社内の潤滑油的な存在なのではないかと思っています。まず、耳を広げて多くの意見を聞き、それぞれの長所短所を整理しながら判断をしていこうと思います。
企業名 ロート製薬株式会社
所在地 大阪府大阪市生野区巽西1-8-1
業種 サービス - コンサルタント
医療・福祉 - 医療
設立 1899年
資本金 63億9,800万円(2011年3月現在)
従業員 5,201名(2011年3月現在)
事業内容 医薬品、医薬部外品、化粧品、食品等の製造販売
URL http://www.rohto.co.jp/