共信冷熱株式会社
岸本 務

この映像・情報は 2010年10月 当時のものです

社員と一丸

どんなに苦しくても、どんなに辛くても賢者は社員と一丸となる事を決心した。当時景気は良いとは言えない時代。取引先が次々に倒産していく中、賢者が下した決断とは・・・。私利私欲を捨てた賢者の思い。それこそがこの映像の見所である。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 岸本 務
会社名 共信冷熱株式会社
出身地 山梨県
出生年 1951年
こだわり 筋の通ること
趣味 読書、ゴルフ
特技 地道に努力する
休日の過ごし方 読書、ゴルフ、旅行
座右の銘 「心を高める経営をのばす」
心に残る本 『稲盛和夫の実学―経営と会計』稲盛和夫
尊敬できる人 稲盛和夫氏
現在の仕事の魅力と苦労 24時間365日の冷凍・設備のメンテナンスは厳しいものですが、お客様が必要としている業種でもあるので、地域社会に貢献しているという思いとやりがいを感じます。
日本を背負う若者へのメッセージ 今の日本人はお金儲けだけとか、自分勝手な人が多くなっているような気がします。これは戦後の日本教育で、道徳を学ばず、歴史を学ばず、天を敬うことを学ばなかった結果でもあると思います。仲間のため、組織のため、人のため、世のため、「利他の心」を持ってほしいです。車外にごみ、煙草の吸殻を捨てるような人にはなってほしくありません。

賢者ヒストリー

  • 幼少~学生時代

    私は日蓮宗総本山の身延山のある山梨県南巨摩郡身延町に、5人兄弟の4番目として生まれました。幼い時から父や母の働く姿を見ながら育ちました。父は宮大工職人で、静岡県富士宮市へ働きに行くのに毎朝4:30に起き、暗い内に家を出て、夜遅くなって帰ってきました。当時、父は日曜日など関係なく仕事に出て家を留守にしていましたので、姉弟は小学校から家の農業を手伝っていました。私は母との関わりが深く、日常の生活の中で、「人間としての正しい考え方や生き方」を教えてもらったような気がします。一方、父からは「鶏口となるも牛後となるなかれ」と言われ、たとえ暴力団でも親分になれと言われたことをいまだに鮮明に覚えています。

  • 社会人時代

    私は子どものころから、仕事をおぼえて一人前になり、自分で事業を興そうと思っていました。初めて就職をする時も、技術的な仕事の方が将来の役に立つかと思い、東京の冷凍ショーケースメーカーに就職しました。先輩たちの活躍を見て、私もいつかは独立をして事業を興そうという気持ちが強くなっていきました。そんな気持ちを持っていた私に突然、独立するチャンスが訪れました。妻と結婚したときに、山梨に戻らなければならなくなり、会社の上司に相談をすると、「山梨に帰るのであれば、後継者がいなくて困っている特約店があるので、そちらに行って社長の後継者として会社をやってくれるといいのだが」と言われました。それをきっかけに営業部で2年間経験を積ませてもらいました。今まで技術部に所属していたため、営業のことは知らず、顧客との話し方・接し方も分からず、ずいぶん苦しんだことを覚えています。

  • 起業のきっかけ

    28歳で山梨に帰り紹介された特約店に入ってみると、そこにはずぶの素人が1人、臨時手伝いの職人が1人で、あとは72歳の社長というたった3人しかおらず、会社とは名ばかりの個人事業そのものでした。私を含めても4人しかおりませんので、まず営業で仕事を取らなければなりません。このときに前職での営業経験が大変役に立ちましたが、仕事をとれば、現場で夜遅くまで工事をし、また修理があれば工事現場から修理に行く・・・。終わればまた営業するというような想像を絶する生活を送っていました。特に、スーパーマーケットのオープン日は決まっていますので、スーパーマーケットの工事をとれば毎日夜遅くまで働かなくてはならず、家に帰った時は翌日の1時など当たり前でした。大変厳しい毎日でしたが、技術的なことは分かっていましたので、現場の仕事に一生懸命に打ち込み、体で工事や修理を覚えることができました。

  • 起業当初

    創業の資金はなけなしの350万で、中古の車1台と道具を少々買ってのスタートとなりました。お金もなく、物もなく、人もいない、さらには、スーパーのメンテ先4店のお客様だけでスタートしたため、仕事がありませんでした。知り合いがエアコンの下請けで独立をしていましたので、エアコンの取り付けを手伝いながらなんとか生計を立てていました。独立をして4年たったころ、メーカー会社が「あまり商品が売れないのであれば、特約店を解約する」と言ってきました。そこで私だけエアコンの下請現場から外れ、そのメーカー会社の営業担当に同行してもらい、冷凍ショーケースの営業を始めました。

  • 今後の目標

    企業は永久的に繁栄しなくてはなりません。これからの私の使命は、フィロソフィを共有化し、部門経営を徹底して行い、経営のできる部門経営者を作って次の世代に残すことだと思っています。わが社は「きつい」「夜が遅い」「終わる時間がわからない」ともいえる厳しい会社です。しかし働く社員一人ひとりが生き生きとしながら、自分たちの技術を向上させ、自分たちの心を高め、地域やお客様に貢献できる会社を目指しています。今後は山梨県内・東京地区に100台のサービス車を走らせ、「冷凍・空調・厨房・設備のメンテナンスのことなら共信冷熱」といわれるようなオンリーワンの企業を目指します。将来は海外にも進出するという夢も描いています。

会社概要

企業名 共信冷熱株式会社
所在地 山梨県甲府市大里町1094
業種 サービス - コンサルタント
設立 1984年
資本金 2000万円
従業員 40名
事業内容 冷凍・冷蔵、空調、厨房、設備全般の設計・施工及び24時間メンテナンスサービス
URL http://kyoshin-corp.jp/

関連動画

株式会社リブセンス 村上 太一

株式会社リブセンス

村上 太一

プルムウォン食品株式会社 イ ヒョユル

プルムウォン食品株式会社

イ ヒョユル

株式会社XL GAMES ソン ジェギョン

株式会社XL GAMES

ソン ジェギョン

カムパイサナグループ カムパイ ソムサナ

カムパイサナグループ

カムパイ ソムサナ

株式会社銀座テーラー 鰐渕 美恵子

株式会社銀座テーラー

鰐渕 美恵子