KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

株式会社ポアール辻井良樹

美味しさの秘密は挑戦から

株式会社ポアール 辻井良樹
この映像・情報は 2010年8月 当時のものです

内容

子供から大人まで愛されるお菓子。一口食べれば笑顔がこぼれる。そんな笑顔と夢を与え続けるのが若きパティシエ。彼の歩む道は甘くない。

関連タグ
男性 1970年代生まれ 関西地方の会社 継承 モノづくり

株式会社ポアール

大阪で40年以上人々に愛されるお菓子を作り続けてきた株式会社ポアール。新しいアイデアで驚きと感動を生みだし続ける賢者が秘めた熱き思いとは?

氏名 辻井 良樹
会社名 株式会社ポアール
出身地 大阪府
出生年 1970年
こだわり 情熱、前向き
趣味 食べ歩き、お笑い、CM鑑賞、車、家電、サザンオールスターズ
特技 すぐ寝、すぐ起きれる。
休日の過ごし方 美味しい物を食べ、子供と全力で遊ぶ!
座右の銘 「我以外皆師」
心に残る本 『自分を高め会社を動かす99の鉄則』新将命
尊敬できる人 両親、前向きな刺激を与えてくれる人
現在の仕事の魅力と苦労 人をプラスにしてくれるスイーツ。人に喜んでいただける職業ですので、これ以上の魅力はありません。ただ、提供する側がまず先に楽しみ、自己満足できるものを生み出す・・・これが難しいところです。
日本を背負う若者へのメッセージ 何事も思いきり楽しむ事ができる人になって欲しいです。今も昔も変わらないことは人と人との繋がりです。いろんな誤解や難しい事があるかもしれませんが、そんな状況やまわりの人たちこそが自分を高めてくれます。辛い時、弱い時こそ本当の自分に出会え、その時こそ自分を高めるチャンスです!大変な時は周囲のサポートに気付き、素直に感謝できる人になってほしいですね。固く考えなくてもいいです、とにかくどんな状況でも前向きに頑張っていれば何かが見つかり、生きる事が楽しくなってくるはずですから・・・。
幼少~学生時代 小さいころは甘えん坊の上にマイペースでした。小学校低学年あたりまではイキイキしていたのですが、どうも勉強が苦手でおちこぼれ、強制されるのが何より嫌いな私はさらに勉強しないタイプに・・・。進学もままならない私に父は、視野を広げる為にアメリカ行き(高校)を進めてくれました。日本人がほとんど居ないミネソタ州の田舎に行くと「自分が日本人である」事を再認識、他民族国家なのにそれぞれのアイデンティティがハッキリしている人たち、自分の意思はハッキリ表現するが相手も尊重するアメリカの人々に大きな刺激を受けました。机の上の勉強はここでも苦手でしたが、友人はたくさんできました。大切な人々との出会いの場になったミネソタが第2の故郷であり、そこにいるアメリカの家族は私の宝です。困難な中に、不自由さの中にこそ自分の力が生まれる大切さが、後半になってやっと理解し始めた学生時代ですね。
社会人時代 東京で1年、スイスを中心にヨーロッパで約2年店をまわりました。店に戻った時、縦社会が根強い職人の先輩方といち早く打ち解けノウハウをしっかり教えてもらうには・・・向こうから見て興味のあるヨーロッパの「食」事情や「菓子」事情をどれだけこちらが持ち帰れるかが勝負だと思い、ヨーロッパでの仕事のペースや現地の食文化に目を向けるようにしていました。ここでも当然自己アピールができないと良い仕事をまわしてくれないという事情はアメリカと同じだったと思います。ただ、日本でしっかりした基本があれば、几帳面な日本人の仕事は感心してもらえましたね。スイスでの下宿先は体を曲げないと寝られない狭いベッドの屋根裏部屋からホテルの一室まで経験しましたが、すべてが良い思い出です。なかでも130年続いている老舗の社長とその知人の弁護士さんとで夜通しモノポリーをして2人を負かしたことが楽しい自慢の一つです。
社長就任のきっかけ 帰国後、自社での仕事を覚えながら商品開発を担当。新店舗オープンを機に店舗責任者に就任、まったく経験や知識のない私を一から育ててくれたのはまだ何もわからないオープニングスタッフのアルバイトやパート達こそ大切な事をたくさん教えてくれたと思います。今の考え方の基盤はそのころの経験からが大きく影響しています。その後も余裕は常になかったですが異なるスタイルのショップ展開やインターネットでの販売などそのころしていなかったいろんな事にチャレンジしました。グランシェフに就任したのは社長が癌で倒れたことがきっかけです。幸い今では元気に回復しましたが、危機管理の大切さを痛感して社長としっかり相談した上で、先輩や上司がまだまだ活躍している中すべて飛び越してグランシェフに就任しました。
就任当初 職人の縦社会、しかも頼りになるワンマン社長について来た職人達、そこでいきなりトップだなんて言われても・・・。当然皆納得なんてしません。「信用していない!」と言われながら自分には皆を守る覚悟があると自分に言い聞かせながらの日々。「自分が納得しなければ、どんな重鎮の意見でも聞かず、良い意見であれば入社初日のアルバイトの意見でも必ず生かす!」と言い切りながら現在まできましたので、当時は当然反対派も多かったと思います。ただそんな人たちこそ今では私が頼りにできるありがたい存在であることが自慢であり、いろんな意味で育ててくれたその人たちには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。決定直前、社長にどちらをとるのかハッキリしてほしいと話をした時、当然ではありますが私にはまだまだ信頼がありませんでしたが、それでも即答せず悩んでいた社長の姿を見たときには大きなショックを覚えましたね(笑)
今後の目標 私が就任してから作った企業理念でもありますが、スタッフを通じて地域貢献できる企業を目指し、商品を通じて食文化の新しい発祥発展に貢献できる企業を目指します。生活必需品ではない「お菓子」だからこその必要性をスタッフ皆がどれだけ感じられるか?食にとって難しい時代だと感じていますが、自分たちの仕事や存在意義に自分たちが一番満足できる会社を作りたいですね。ポアールに対してあふれる情熱を持つスタッフ達の、しっかり活躍できる場所をどれだけ提供できるかが勝負だと思います。
企業名 株式会社ポアール
所在地 大阪府大阪市阿倍野区帝塚山1-6-16
業種 飲食店・宿泊 - 一般飲食店
設立 1976年
資本金 1000万円
従業員 147名
事業内容 洋菓子、パン 製造販売
URL http://www.poire.co.jp/