中井銘鈑株式会社
中井 誠治

終わらない探究

シルクスクリーン印刷。空気と水以外であれば何にでも印刷可能と言われている特殊印刷技術だ。そんなシルクスクリーンの技術を、追求し続けて来た賢者。消える事のない探究心をもつ賢者に成功の哲学をみた。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 中井 誠治
会社名 中井銘鈑株式会社
出身地 大阪府
出生年 1971年
こだわり 何かにこだわらないのがこだわり
趣味 ゴルフ、競馬
特技 誰とでも仲良くなれる
休日の過ごし方 競馬、ショッピング
座右の銘 一期一会
好きな食べ物 スパゲティー
尊敬できる人 父親

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    幼少期は、野球選手の王貞治さんに憧れプロ野球選手になりたかったです。毎日のようにグローブを持って近所の兄ちゃんや親戚のおじさんのところへ押しかけてキャッチボールをしてもらいに行っていました。中学生になりバレーボール部に入りました。初めのうちはそれほど熱も入っていなかったのですが、試合に出られるようになり練習にも熱を入れ出し、中学3年生の大阪市の大会で優勝しました。

  • 社会人時代

    18歳の時に入社し印刷現場からスタートしました。当時の現場では日々仕事に追われる環境でしたので、こなす喜びと苦しみを同時に味わいながら過ごしていたように思います。22歳の時に6ヶ月間休職しオーストラリアへ留学しました。色々と経験をさせてもらい、帰国後正式に営業職に就きました。営業では世間の厳しさや人の優しさを実感し、今まで出会えることのなかった人との出会いに喜びを感じられるようになっていました。

  • 就任のきっかけとその当時

    就任のきっかけは父親が高齢になったためです。時期的にもそろそろ会社を継ぐ時期かとも思っていた時に、父親から声がかかりました。就任時は、専務時代から持っていた危機感の出ていた部分を改善しようと、営業と現場でのコミュニケーション・社員の育成・技術開発に注力しました。

  • 現在の事業

    現在の事業については、全く満足していません。この先は色々な新しいことに挑戦し、新しい商品開発や新規顧客を獲得していかないと現状満足ではだめだと思いました。印刷、加工だけではなく、違う分野への進出も考えていきたいと思っています。そのため現在は新しいことに挑戦し続けることや、いろいろな分野の事に目を向けるようにしています。注力していることは、自社商品開発や新技術の開発をし、新しい販路を獲得していくことです。人への配慮と思いやりを大切にしています。

  • 今後の展望

    自社商品や新技術の開発に注力し、BtoB、BtoCともに対応できる会社にしたいです。社員全員が達成感などを実感でき、安心して楽しく働ける会社を目指していきます。

  • 若者へのメッセージ

    若い自分の自由な発想を活かし、どんどん社会に意見を述べて社会貢献してほしいです。今時の若い子はと世間では言いますが、これからの社会を支えていくのは今時の若者たちです。残していってほしいものはありますが、今風に若者らしく活躍できる場所に出て行って活躍して下さい。人生は一度きりなのでいろんなことに挑戦し、自分の気持ちに素直に進んでほしいです。

会社概要

企業名 中井銘鈑株式会社
所在地 大阪府大阪市鶴見区放出東1-32-7
業種 製造
設立 1976年
資本金 1,000万円
従業員 85名
事業内容 シルクスクリーン印刷、プラスチック加工
URL http://www.nakaimeiban.co.jp/

関連動画