株式会社MPandC
森下 尚紀

スポーツには、
無限の可能性がある!

幼き頃に本物の“アスリート”と出会った賢者。一時は、同じステージに手が届く場所まで登り詰めていた…しかし待ち受けていたのは、突然の怪我。だがこの経験が、今の事業の礎となる大きな出来事となった。「スポーツには、無限の可能性がある。」真の意味で業界を発展させるため、賢者は今日も走り続ける!

SHARE

賢者プロフィール

氏名 森下 尚紀
会社名 株式会社MPandC
出身地 東京都
出生年 1972年
こだわり 時間の使い方
趣味 愛犬との早朝散歩、ホットヨガ、酵素浴
特技 未来を想像すること
休日の過ごし方 24時間365日が仕事であり、やすらぎの時間です。空いた時間はカラダのリカバリーに使います。
座右の銘 恩は石に刻み、恨みは水に流せ
好きな食べ物 カレーライス
尊敬できる人 全てのことに対し、感謝ができてポジティブなマインドをもった人

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    元議員の祖父が私に大きな影響を与えています。街で人にすれ違った時、その人は幸せか、何をやっている人か、今、どんなことを考えているのか、人の表情を見て物事を読み取れるようになりなさい。という祖父の教えが、現在の私のシミュレーション能力につながっていると思います。Jリーガーを目指していましたが、大怪我によりサッカー選手になる夢を断念しました。スポーツをする側から支える側に気持ちを切り替え、当時アディダスブランドを展開していた株式会社デサントに入社しました。

  • 社会人時代

    2002年の日韓ワールドカップの際にアディダスのシューズ開発責任者として、多くのKPIを背負って闘いました。サッカーを野球に次ぐ国民スポーツにしていこうと、日本ブルー化プロジェクトをリードしました。ベッカム、ジダン、デルピエロ、日本では中村俊輔、当時日本代表のキャプテンだった宮本恒靖のスパイクを担当しましたが、ワールドカップ開催4カ月前に製品不良発覚によりリコールが発生しました。多くの人に支えて頂き、この困難から逃げ出さずに乗り越えることができました。

  • 起業のきっかけ

    長年、アディダスに全身全霊を注いで貢献しましたが、日本のスポーツ市場を振り返った時に、この20年、欧米が大きく成長してきている中、日本は縮小しているという現実を目の当たりにし、日本のスポーツ界を本質的に盛り上げるために、今の株式会社MPandC(エムピーアンドシー)を立ち上げることを決意しました。

  • 現在の事業

    新たなスポーツの在り方を提案し、スポーツ界の発展(2025年までに日本のスポーツ市場規模を15.2兆円に)に貢献することに取り組んでいます。例えば、ファンとチームを繋ぐ新たなエンタテイメントツールのスポーツギフティングや、スポーツのチカラによる地方創生まちづくりなど、できることはたくさんあります。アスリートの価値を高めるのもその一つです。AI、IOT、4Gから5Gへ突入する時代で求められる人材こそスポーツマンシップを身につけたアスリートです。こういったアスリートがデュアルキャリアを手に入れるための環境づくりを行っています。

  • 今後の展望

    今年に入り新型コロナウイルスの影響を逆手にとったスポーツの在り方、楽しみ方(見る人、する人、支える人のつながり)が大きく変わっていくと思います。決してネガティブなものではなく、試合会場に行かなくても、チームや選手と繋がれるサービスや環境が発展、発達していくと考えられます。また、エンタテインメント事業が注目されると思います。教育においては、初等教育が変わらなくてはいけない時代になります。ロボットが何でもやってくれる時代に、教科書以外の学びのポーションが大きくなり、ここに存在意義があります。

  • 若者へのメッセージ

    皆さんは凄いポテンシャル、力を持っています。まずは憧れる人、尊敬する人、楽しそうな人をどんどん見つけて欲しいです。見つけるだけではなく、その人が実際どういう行動をしてどういう人なのかを見て下さい。自分がこうなりたいという姿を具体的にイメージして頑張って下さい。

会社概要

企業名 株式会社MPandC
所在地 東京都渋谷区広尾1-7-22
業種 サービス - コンサルタント
サービス - 労働者派遣
卸売・小売
設立 2013年
資本金 3,925万円
従業員 43名
事業内容 あらゆるスポーツのフィールドで、コンサルティング、イベント、施設運営、スクール、スポーツ振興活動を展開するスポーツビジネスの総合マネジメント会社。総合エンタテインメント企業セガサミーグループの連結子会社
URL https://www.mpandc.co.jp/

関連動画