株式会社ナカキン
榎本 卓嗣

コミュニケーション

話す、聞く、伝える、見せる。日々、人間同士が何気なく行う、コミュニケーション。意思疎通を図るための行為のその意味と真剣に向き合い続けている人は、果たしてどれほどいるだろうか。社員の本音を引き出す。社員をやる気にさせる。顧客と気持ちを共有する。その根幹には、やはり膝を突き合わせたコミュニケーションが存在する。“コミュニケーションは大切である”その先にある本質を深く考え抜き、真の姿に触れた時、その言葉は、初めて意味を成すのだろう。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 榎本 卓嗣
会社名 株式会社ナカキン
出身地 大阪府
出生年 1953年
こだわり 巳年でしつこい/自身で納得できなければ気が済まない
趣味 時計収集
特技 登山(ナカキンワンダーホーゲル部で富士山登頂へ)
休日の過ごし方 まったりしている
座右の銘 履動応乾
好きな食べ物 さくらんぼ
尊敬できる人 父親

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代について

    誕生は大阪の十三で幼少期から小学生5年生まで豊中で過ごしました。幼少期は父親に連れられて会社に同伴出勤し叔母様たちの前で踊ったり歌ったりしているような子供でした。結構やんちゃでけんかもよくしていたようで体に傷が今でも右の眉に痕跡がくっきりと残っていて、麻酔なしで縫われた記憶があります。医師からは泣くな!男やろ!の一言。とんでもなく痛かった。東京オリンピックを控え名神高速道路が工事中であり、よくローラースケートを肩に担いでいっては友達と一緒にスケートを楽しんでいました。そのような武勇伝が多くあります。今でも鮮明に焼き付いているのが十三のビル群の前で片足がない傷痍軍人(白い衣装姿)さんが多くおられたのですが時間になるとビルの陰で包帯を外していくと、なかったはずの足が出てくる光景をみて子供心に生活するって大変なんだと思っていました。
小学5年生の夏に枚方に引っ越し、「うわぁすごいところに来た」北河内の言葉に慣れるのに時間がかかりました。学童の数も少ないし。ただプールがあり夏は楽しめました。そして一番の思い出は、地域で衆議議員の誕生と中学校周辺の道路の舗装、学校のプールの新設、修学旅行で国会議事堂の一般では入れない場所の見学等々、色々と思い起こします。
 そして高専生活15歳で入学しましたが、最上級生は20歳、5歳の年齢差は迫力が違っていたがいじめ等は一切なかったのでとても有意義な5年間でした。

  • 社会人時代について

    ほぼ20歳から働きだし46年を迎えようとしています。働き出した当時はいい同僚・先輩・上司に恵まれました。物事を覚える方法であったりコミュニケーションの方法であったり新鮮で面白い事柄の連続でした。その時に毎年一つだけ国家試験を取得すると目標を立てて、いくつか合格したが現在まで仕事で役に立ったことはあまりありませんが結婚は23歳でしました。しかし長女が誕生するのに10年の年月がかかり、それまで夫婦で違う趣味を謳歌していましたが、子供が奇跡的に誕生しましたが、人には言えない苦悩が妻にはあったのかなと思います。ただ子供が誕生するころには、会社も変わり、環境も変わり、夫婦の生活も一変しました。何事も子供中心となって自分自身もパパ子育てに奮闘し、よく同僚や取引先から丸くなったと言われることが多くなりました。
当時、中村金属工業所時代は機械が壊れるとささいなことでも、別会社の社員が来て修理をしていました。それまで社員は何をするでもなく時間をつぶしていたのですが、これにはさすがに驚いて自分の会社の事は出来るだけ自分たちで行うように変えていきました。もともと機械屋でしたので新たに機械設計をし、自分で作り上げていったことなども昨日のように思い出され、懐かしい限りです。


  • 社長就任のきっかけとその当時について

    就任のきっかけ、忘れもしませんが当時会長・社長がおられた部屋に呼ばれて開口一番'社長をやれ'でした。
当時副工場長の役職でしたが、経営に携わっている状態でもなかったので断ったのですが、大丈夫だできるの一言で断れなくなったことを思い出します。
創業者そして父そして兄の順番に社長に就任しておりましたが、兄が体を壊して父が再度社長に返り咲いたが父も年齢そして体力面に問題もあり、自身の最後を悟っていたのかとも思いますが、私が社長就任後1年半後に亡くなったこともあり、その前後の年は会社にとっても自身にとっても非常に厳しいものでした。たしか頭の後ろに500円玉より大きい円形脱毛症になり長い間、病院通いをした記憶があります。自分の思いとは違った感情が渦巻いていました。ただ兄は適切なアドバイスをくれることが多くあり、感謝しきれません。

  • 現在の事業において

    事業としては現在2本柱、一つはメーカー、一つは協力工場の違った立場の事業、当然メーカーの事業については今以上に力を注ぎ
事業として盤石なものに築きあげる必要があります。
会社は人で成り立っている。教育・コミュニケーションをもっと大切にしていきたいです。

  • 今後の目標

    10年以内にメーカーとしての事業の売り上げ現在の倍をめざします。
自社製品であるロータリーポンプの更なる展開を目指していきます。多くの業種で使用してもらえる様にPR展開及び新工場完成と同時にものづくりの動線の最適化を行います。グループ会社と合同で国内・海外を視野に入れたものづくりを展開し販売の強化を図ります。

  • 若者へのメッセージ

    若いうちでしかできないことが多くあります。一番は「聞くこと」。自分がわからないことは聞く、聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥、わからない事を先輩上司に素直に頭を垂れて聞く。そして書き留めることが非常に大事です。幼少のころプールで泳いでいる時にどうしても真っ直ぐに泳ぐことができなかった。友達は真っ直ぐに泳いでいるのに、だから友達に聞いた何故真っ直ぐ泳げるのかと、友達曰く目を開けてるからの返事、自身では水の中では必ず目を閉じるものだと思っていたので、目からウロコはこの事かと後に泳ぐことが大好きになりました。

会社概要

企業名 株式会社ナカキン
所在地 大阪府枚方市春日北町2丁目10番5号
業種 製造
不動産 - 不動産賃貸・管理
設立 1964年
資本金 8,400万円(2019年1月 現在)
従業員 380名(2019年1月 現在)
事業内容 ロータリーポンプ・充填機・ブレンダー製造販売
軽合金鋳造および加工
URL http://www.nakakin.co.jp/

関連動画