KENJA GLOBAL(賢者グローバル)

株式会社森久エンジニアリング
森 一生

現状にこだわらず、より良いものを求めていく。

そんな賢者の信念は、会社を下請けからメーカーへと発展させた。 その原点は祖父のものづくりにあった。

SHARE

PROFILE

賢者プロフィール

氏名 森 一生
会社名 株式会社森久エンジニアリング
出身地 兵庫県
出生年 1958年
こだわり こだわらないことにこだわる
趣味 凧揚げ、空手、読書
特技 高高度凧あげ(1000m以上)
休日の過ごし方 空手指導、ジョギング、ウォーキング、読書
座右の銘 倜儻不羈(てきとうふき)
好きな食べ物 とんかつ
尊敬できる人 故伊藤利朗博士(元三菱電機専務弊社顧問)、中村公隆(真言宗大阿闍梨)

HISTORY

賢者ヒストリー

  • 幼少期〜学生時代

    技術屋であり、経営者であった祖父の影響を強く受けました。私が子供のころ、おもちゃ遊びをしていてお気に入りのおもちゃを壊してしまうと、祖父は、すぐに分解し故障個所を修理してくれるのですが、分解したときにそのおもちゃの設計者がどのような意図でおもちゃを設計したのかを読み取り、故障が治ったときにはオリジナルをはるかに超える素晴らしいものに作り変えてしまう特技を持っていました。子供心に、頼もしく、また手品でも見るような気がしていました。いつのころからか、自分も祖父のような能力を持ちたいものだと思うようになりました。

  • 社会人時代

    社会人になってから現在まで、三菱電機株式会社伊藤元専務の影響を強く受けています。故伊藤博士は、三菱電機時代からバイオカイト開発、植物工場開発などの弊社の顧問時代を通じて、絶えず新たな開発考案を行う際には、「世界一」を意識していました。口癖のように「世界一の凧、バイオカイト」「性能、品質世界一の植物工場」「世界に冠たる植物工場事業を創り上げる」と言い続けて開発のアドバイスをいただきその口癖は、私の会社経営や技術開発に取り組む意識の中に大きく浸透して現在に至っていると思います。

  • 起業のきっかけ

    前身の父が経営していた森久製作所から開発部門が独立して、森久エンジニアリングを創立しました。前身の森久製作所は、下請けの会社でしたので親会社の意向に大きく左右されるという特徴がありました。森久エンジニアリングでは、下請けではなく、メーカーとして、独自の製品と独自の市場を創り上げ、自立できる企業体にしたいという思いが強く、独創的なバイオカイト、植物工場の開発と販売に至りました。

  • 現在の事業

    先入観や固定観念にとらわれない、柔軟でしなやかな発想ができる経営、技術開発、社員教育を行いたいと思っています。バイオカイト、植物工場事業は、ともに歴史も浅く、同業で経験のある社員を募集することは不可能に近いため、弊社独自の教育システムや人材育成、評価システムの確立が急務となっています。独創性のある製品開発を行うための独創力に富む人材育成は車の両輪と考えています。成熟していない、歴史が浅い事業であるということは、すぐに「世界一」になるチャンスでもあります。世界一という夢を追いかける仲間を増やしたいと思います。

  • 今後の展望

    SDG’sや脱炭素などの環境問題に対して、植物工場事業は大きな解決手段であると思っています。時代の流れが、植物工場事業に向いてきていると強く感じます。これからの事業である植物工場事業は、高齢化を迎えた農業問題の解決手段としてだけではなく、同時にエネルギー問題、環境問題などを解決する有望な手段です。植物工場事業をつうじて、現在の社会が抱える諸課題を解決できる提案を行っていきたいと思います。

  • 若者へのメッセージ

    これからの世の中は、大会社や大きな事業が全てではありません。一番大事な事は好きな事を続けていくこと、それが全ての原点になっていきます。これからの人生、苦しいことがでてきても自分の好きな事だからこそ乗り越えることができます。好きな事を続ける体力を学生時代に養ってください。

COMPANY

会社概要

企業名 株式会社森久エンジニアリング
所在地 兵庫県神戸市北区大沢町上大沢2150
業種 農林水産
製造
卸売・小売
設立 2001年
資本金 9,900万円
従業員 75名
事業内容 植物工場プラント開発及び建設  植物工場栽培受託、野菜販売、バイオカイト
URL https://morihisa-eng.co.jp/
{

RELATED MOVIES

関連動画