株式会社ファミリー
嶋崎­ 典昭

顧客のために
チャレンジ

世界各国で多くの自動車メーカーがしのぎを削っている中、 独自の製造方法で顧客の願いに応えるファミリー。 しかしそこには、常識を覆した賢者の挑戦が隠されていた。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 嶋崎­ 典昭
会社名 株式会社ファミリー
出身地 福井県
出生年 1952年
こだわり バブル世代の車に対するこだわり(バブル時代の高グレードの車を求める)
趣味 車いじり
特技 バブル世代やそれ以前の車やバイクの整備
休日の過ごし方 車いじり、オークション場
座右の銘 挑戦
好きな食べ物 フルーツ
尊敬できる人 本田宗一郎

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    勉強は苦手で機械いじりが大好きでした。家にある機械や乗り物は何でも分解して遊んでました。
    高校時代は、授業が終わると悪友と一緒に解体屋巡りをして、大好きなバイクの部品をあさる毎日を過ごしました。休日は悪友と一緒にバイクでツーリングを楽しんでいました。

  • 社会人時代

    農機具屋に就職したものの倒産。自動車屋に技術職として就職し、そこで、働きながら腕を上げ整備士資格を取得しました。中古車を直してボロボロの車を乗れるようにして、お客様に乗っていただく、というのが楽しい仕事だと感じてきました。時代もあって、中古車が売れる時代だったので、社長が中古車専門の会社を作りました。それが、現在の車屋ファミリーとなります。そこの社長に見初められ、分社した会社の役員に就任。高級サルーンが飛ぶように売れるバブルを経験しました。

  • 社長就任のきっかけとその当時

    以前の勤務先の社長に見初められ分社し、その後社長就任しました。当時はバブルでサルーンやRVが飛ぶように売れた時代でしたが、それが、崩壊し、若者が車を買わなくなりました。地元で生き残るために、新たな販売方法を常に模索していくなかで、とあるタクシー会社から、「燃費のいいジャンボタクシーを製造してくれないか。」という依頼を受けました。そこでディーゼル車を作る決意をしました。

  • 現在の事業

    ハイエースをはじめ同業他社にはないサービスを展開し、お客様に新たな価値を提案することや、ネオクラシックカーの販売に注力し、お客様に欲しかった時(とき)や想い出を提供し、バブリーな時代を思い越す、サービスを展開しています。

  • 今後の目標

    車の販売においては、新たなオンリーワンの商品展開や価値創造をすることです。また、車検整備のおいては、全国チェーンを武器に地域特性を活かし、外国人の方でも気軽に立ち寄れる店を目指していきます。

  • 日本を背負う若者へのメッセージ

    「なんとかしてやろう」「直らないものを直してやろう」「人ができないものを、なんとかやってやろう」というのを考えてやったり、やっぱりそういう挑戦するというような事をもう少し進めて行ってくれたらいいかなと思ってますね。みなさん一緒に挑戦していきましょう。

会社概要

企業名 株式会社ファミリー
所在地 福井県越前市家久町54-1-1
業種 卸売・小売
設立 1980年
資本金 5,000万円
従業員 15人
事業内容 自動車の販売整備
URL http://www.car-family.com/

関連動画