株式会社藤本コーポレーション
藤本 壮一

時代に寄り添い
続いていく

賢者はその役割を、次の目的地に向かう電車に例えた。流れに棹さす、という言葉は時に流れに逆らうことと誤用されるが、本来の意味は流れを利用して勢いをつけるのが正しい。「電車をできるだけいい状態で」と言う賢者の嫋やかな視線は、歴史ある会社だけが持つ、巧みさを含んでいた。

SHARE

賢者プロフィール

氏名 藤本 壮一
会社名 株式会社藤本コーポレーション
出身地 福岡県
出生年 1971年
趣味 旅行・ゴルフ
特技 ここ一番の集中力
休日の過ごし方 家族と過ごす
座右の銘 人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり
好きな食べ物 スイーツ
尊敬できる人 両親

賢者ヒストリー

  • 幼少期~学生時代

    私は曽祖父、祖父、父と続く流れで言えば4代目です。しかし父は仕事と家庭は分ける人でしたので、物心がつくまでは家業が何を生業にしているのか知りませんでした。ですので後を継ぐという意識は希薄でした。また父が絵にかいたような「ザ・九州男児」だったため、幼いころから人の顔色を伺うタイプだったと思います。自分の感情や意見を抑えて、周りに合わせる方が得意でした。物心つく年頃になると自我が芽生えたのか、自分が納得できないことはやりませんでした。随分、親不孝したと思います。

  • 社会人時代

    高校卒業後、実家を出て専門学校に通いながら様々なアルバイトや遊びに興じていました。両親は私が本当にやりたい事が見つかり、それが適職であれば応援してくれていたと思います。しかし風来坊の”自分探し”もタイムアウト。見かねた父が強制的に当社に入社ということになりました。倉庫担当から製造部門、営業と約3年毎に勉強させてもらい、自分で企画した商品が認められ、会社に何とか貢献できるようになった時、少しですが「経営」を意識するようになりました。現状のままでは限界があると思い、仕事をしながら夜間、大学で経営学を学ぶ道を選びました。

  • 社長就任のきっかけ

    大学を卒業後、仕事もそこそこですが熟せるようになり、専務に就任するころには自信もついて怖いもの無しの状態でした。社長である父とは意見の対立もありましたが、今考えると随分許容してもらってたんだなと思います。父が70歳、私が39歳の時です。「俺は今期まで、後は自分の好きなようにしなさい」というと期が終わった2か月後にはスッパリ出社しなくなりました。やりたいことがやれるといった高揚感より、漠然とした不安の方が大きかった記憶があります。先ずやらなければならなかった事は、私より年配社員の方々の協力要請と業績の数字化とその理解です。また売上至上主義でしたので、売上に対する経費のウエイトが高かった傾向がありました。余計な経費の精査と売上よりも利益に目を向ける意識の改革を行いました。

  • 現在の事業

    現在の主力製品は靴下、サポーターなどです。ウチの商品はお客様にも「ファッション性が無いね」と言われます。なぜかと言うと、素材の特性を生かそうとするとファッション性はスポイルせざるを得ないからです。ファッション性を多少犠牲にしてでも、はき心地が良いと言ってもらえる、そういう商品を作っています。市場としてもニッチ市場をターゲットに、悩みに訴求できる商品の企画をするようにしています。

  • 今後の目標

    如何に潜在的なニーズに訴求できるかが生き残る決め手だと考えています。ですので薄利多売を目指すのではなく、100人のユーザーの中で1人でも「藤本コーポレーションの商品では無ければダメ」といっていただけるようなものづくりを目指していきたいと思っています。

  • 日本を背負う若者へのメッセージ

    待ち、受け、だけでは面白くないですよね。5年後、10年後の自分をイメージして日々精進してください。チャレンジしないと何も生まれません。頑張りましょう。

会社概要

企業名 株式会社藤本コーポレーション
所在地 福岡県北九州市八幡東区西本町4-13-9
業種 製造
卸売・小売
設立 1906年
資本金 3000万円
従業員 27人
事業内容 繊維製品(主にソックスや手袋及びサポーター)の企画・製造
URL http://www.fujimoto-sox.com

関連動画

株式会社サリトローサ ヘンドラ ジュウォノ

株式会社サリトローサ

ヘンドラ ジュウォノ

ランド リンク アジア ウィリアム オー オング ジュニア

ランド リンク アジア

ウィリアム オー オング ジュニア

アマリ・ホテルズ・アンド・リゾーツ ピーター ヘンリー

アマリ・ホテルズ・アンド・リゾーツ

ピーター ヘンリー

国立ファーム有限会社 高橋 がなり

国立ファーム有限会社

高橋 がなり

ラクスル株式会社  松本 恭攝

ラクスル株式会社

松本 恭攝